nendo カップの「持ち手」から花のオブジェをデザイン セーヴルから発表

 

【デザイナーからのニュースレター】
nendo カップの「持ち手」から花のオブジェをデザイン
セーヴル 磁器の花「handle-flower」 発表

 

 

デザインオフィスnendoの新プロジェクトのご紹介です。フランスの高級陶磁器ブランド、セーヴルにて磁器の花「handle-flower」をデザインしました。


セーヴルの工房には、これまでに手がけた作品の図面や石膏型はもとより、その作品の制作に使用するための道具までもが保管されています。その膨大なアーカイブの中で特に注目したのが、カップやポットなどに使用された、大量の「持ち手」。様々なサイズや形状が存在するこの持ち手を使い、磁器製の花のオブジェをデザインしました。

 


|  カップの「持ち手」から花のオブジェをデザイン



持ち手一つひとつを一枚の花びらに見立て、複数束ねるように接着することで、花を表現。持ち手それぞれの特徴がそのまま花の個性になるように、花弁の数や間隔、角度などに調整を加えました。
 

一から形状を生み出すのではなく、セーヴルの歴史に存在する形を活用することで、新たな「セーヴルらしさ」を表現しています。


handle-flower 写真:吉田明広

http://www.nendo.jp/jp/works/handle-flower/

 

【関連記事】
#nendo

 


http://www.nendo.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2018.09.18)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ