イデー自由が丘店「4 Seasons dish 'Autumn -Winter'」 新作器展 開催

写真:江原隆司


 

4 Seasons dish 'Autumn -Winter'
陶芸家・竹村良訓と料理家・冷水希三子がつくる「四季」の器
イデーショップ 自由が丘店 展示販売会 開催

 

 

陶芸家 竹村良訓+料理家 冷水希三子 4 Seasons dish 'Autumn -Winter'を、2018年9月7日(金)~24日(月)まで、イデーショップ 自由が丘店にて展示会を開催します。


イデーは、陶芸家・竹村良訓さんと料理家・冷水希三子さんと共同で器を作りました。「テーマは「四季」。自然の中で育まれ、季節ごとに色づく食材が持つ豊かな彩りを、すっと包み込んでくる器が完成しました。「4 Seasons dish」の第一弾"Autumn-Winter" の発表を記念し展示販売を開催します。
 




イデーとお二人との器づくりのきっかけは、一年半程前。料理家が考える器はどんなものだろうという小さな想いから、冷水希三子さんにお声がけし、冷水さんと打ち合わせを重ね、陶芸家の竹村良訓さんに器づくりをお願いしました。竹村さんの器づくりは、ろくろで形づくり素焼きした生地に、色を想起できたものから服を着せてあげるようなイメージで、直感的に釉薬をかけていきます。そんな竹村さんが今回、冷水さんとの器づくりで、はじめて料理を意識したものづくりに取り組みました。旬な食材を旬な時期に味わう日常使いの器をイメージし、丁寧にお二人で形と色を決めていきました。

 

 

| 器のテーマは「四季」
季節ごとに色づく食材や自然の彩りが釉薬のインスピレーション。第一弾となる「Autumn-Winter」は、3色の表情豊かな色合いに決まりました。フォルムは和食洋食問わず使いやすく、佇まいも雰囲気のある有機的な鉢に限定し、3サイズ用意します。

最初の打ち合わせで、冷水さんから出た『お互いに焦って作る理由がないからね。』という言葉のまま、本当に贅沢な時間と、多くの手間ひまを掛けた制作ができました。先ずは今年の「秋と冬」から始まる四季のお皿をお楽しみ下さい。 ― 竹村良訓
 

季節の空気に寄り添い、テーブルの上では眺めて楽しく、すんなりと馴染む。そんなお皿です。 ― 冷水希三子


 

 

| ラインナップ

 
Harvest(ハーベスト)・・・実り多い秋の食材から生まれた豊かな色合い。
 

 


Breath(ブレス)・・・白息のように、寒い冬の中にも人の暖かみを感じるウォームグレイ。


 

 


4 Seasons(フォーシーズンズ)・・・日本の生活にしっくりと馴染む温もりのあるホワイト。


写真:江原隆司
 

シチュエーションによって様々に使い分けることができる「4 Seasons dish」。カラーは実り多い秋の食材から生まれた豊かな色合いのHarvest(ハーベスト)、白息のように、寒い冬の中にも人の暖かみを感じるウォームグレイのBreath(ブレス)、日本の生活にしっくりと馴染む温もりのあるホワイトの4 Seasons(フォーシーズンズ)。サイズは取り皿としてはもちろん、ちょっとした前菜を盛り付けるのにもちょうど良いサイズのS、メインの器として使っても、汁料理の取り分け皿としても活躍するM、大人数の料理をより引き立ててくれる、いわば主役級の器で竹村さんが自由に作り上げたアートピースのLの3サイズ。

2019年春には4 Seasons dish 第二弾として「Spring - Summer」春夏の器の発表を予定しています。

 

【商品概要】
「4 Seasons dish」
カラー:Harvest(ハーベスト), Breath(ブレス), 4 Seasons(フォーシーズンズ)
サイズ:S M L
価格:Sサイズ 3,780円(税込)
        Mサイズ 8,640円(税込)
        Lサイズ 43,200円(税込)

 

 

| 関連イベント

Opening Reception
日時:2018年9月7日(金)18:00~19:30
場所:イデーショップ 自由が丘店
*どなたでもご参加いただけますので、ぜひ足をお運びください。
 


竹村良訓
文化財修復を修め、古陶芸の研究・復元制作も努めながら、漆芸技法の応用による陶磁器・漆器修復にも携わる。現在は、陶芸家・修復家の活動を中心に、自身の陶房「橙」で指導も行う。
作家在店日:9月7日(金)、8日(土)

冷水希三子
季節の食材をシンプルにまた食べたいと思える料理を心に、レシピ開発やコーディネート、スタイリングを手がける。近著:「さっと煮サラダ」。

 

 

 

【開催概要】
陶芸家 竹村良訓+料理家 冷水希三子 4 Seasons dish 'Autumn -Winter'
期間:2018年9月7日(金)~24日(月)
作家在店日:9月7日(金)、8日(土)
場所:イデーショップ 自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘2-16-29 → map
URL:https://www.idee.co.jp/shop/jiyugaoka/

 

 

 

 

■イデー(IDÉE)
1975年にイギリスからのアンティーク文具等を扱う骨董商として創業、82年から本格的に家具の製作をスタートした東京発のインテリアブランド。「イデー(IDÉE)」とはフランス語で「理念」を意味する。伝説の照明作家セルジュ・ムーユをはじめ、駆け出し時代のマーク・ニューソンなど、有名無名を問わず国内外の気鋭のデザイナーらと協働しオリジナル家具や照明を発表。その活動は高く評価され、各国のミュージアムコレクションとなっているアイテムも数多く、世界のデザイン史にその名を刻む。それと同時に「生活の探求」を長年のテーマに掲げ、直営のイデーショップを舞台に、オリジナルの家具を起点としたインテリア雑貨、グリーン、アート、音楽、イベントなどを通じて「自分なりのこだわりを持って毎日を丁寧に過ごすこと」をさまざまな形で提案し続けている。

logo_idee.png
www.idee.co.jp

 

(文:IDÉE  /  更新日:2018.08.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ