サーモメーター付きダッチオーブン「COMBECKK(コンベック)」日本初上陸!

 


オランダを起源に持つ“ダッチオーブン”
「COMBECKK | コンベック」として蘇り、日本初上陸!
サーモメーター付きダッチオーブン
アスプルンドにて販売開始

アウトドアでも家庭でも便利な調理器具

 

 

2016年オランダ人デザイナーMark Suurbier(マーク・スビエール)によって蘇らせたサーモメーター付きダッチオーブン「COMBECKK | コンベック(以下Combekk)」の国内における取り扱いを9月よりアスプルンドにて開始します。

 

ダッチオーブンは、300年以上前のオランダにその製造技術の起源があるにもかかわらず、長い間オランダでの生産が途絶えていました。その生産を2016年、オランダ人デザイナー Mark Suurbier(マーク・スビエール)が「Combekk(Come back)」として蘇らせました。
 



 

 

| 素材は廃線となった鉄道の線路をリサイクル

「Combekk(Come back)」というブランド名は「オランダでもう一度ダッチオーブンの生産を再開させる」、「不要となった廃材にもう一度息を吹き込む」という2つの想いが込められており、その名の通り、100%高品質なリサイクル材で作られています。
 



なかでもRailway シリーズは、約70%の材料を廃線となった鉄道の線路を使用。オランダの鋳造技術によってリサイクル過程で徹底的に不純物を取り除き、非常に高品質な材料として廃材を復活させているのです。リサイクル素材を使う精神が徹底しており、箱や緩衝材にもリサイクル素材が使用されたオランダ生まれの堅牢でシンプルなデザインのダッチオーブン「Combekk」での調理をお楽しみください。

 

 

 

| COMBECKK (コンベック)の特徴

○ 食材全体に均一に火が通り、焦げ付きなどの失敗が少ない
○ 鍋の内側は琺瑯加工がされ、錆びない。油馴染みが良く、欠けたりヒビが入らない
○ 蓋の形状により、旨味を全体に行き渡らせることと同時に“重し”としても使用できる
○ 調理温度が確認出来るので数値を元に調理管理が可能

                     


一般的な鋳物鍋に比べ、蓋も含め厚手に作られているので重たいですが、これによりとても優れた蓄熱性と均一で調理に理想的な熱回りを実現しています。蓋の内側にサーキュラーラインと円状に配置された突起により、鍋内で蒸発した水分を循環させ、旨味を食材全体に行き渡らせます。また、フラットな形状の蓋はベーコンプレス(肉を焼くときの重し)としても使えます。



低温での肉のロースト、シチューや煮物、パン焼き、炊飯など全ての調理に優れています。錆びないのはもちろんの事、油馴染みが良く、薄い一層のみのマット仕上げの琺瑯加工。

 


サーモメーター(温度計)は、蓋を開けて中身を確認することなくこと温度管理が重要な調理が出来ます。しかも、鍋本体(琺瑯加工を除く)は40年使用可能な高い品質です。

 

 

 

 


|  ダッチオーブン サーモメーター 24cm   < 商品概要 >

 

 

 

【商品概要】
ダッチオーブン サーモメーター 24cm
カラー:ブラック、グレー、グリーン
サイズ :W24 x D24cm
価格 :32,000円(税別)
素材 :本体(アイアン)、蓋つまみ(アルミニウム)

MADE IN HOLLAND(オランダ製)

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=Nu_wwkkrnts

 

 

 

http://www.asplund.co.jp/

(文:PR-C_PR制作部-4  /  更新日:2018.06.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ