トーヨーキッチンスタイル 「i kitchen「キューブ|CUBE」新登場


 

トーヨーキッチンスタイル
i kitchen「キューブ|CUBE」 新登場

GET SMART ~スマートに住む~ 新しい時代の、新しい生き方。

 

 

トーヨーキッチンスタイルでは、“スマートに住む”をコンセプトにしたキッチン「i kitchen「キューブ|CUBE」が新登場しました。新しい時代の、新しい生き方に合わせたキッチンです。

 

これからの日本の住宅事情を考えると、限られた住空間の中でいかに「スマートに住む」かが重要になってきます。都市部では、100㎡を超えるような広い土地は誰もが持てる夢のマイホームの対象ではなくなり、少子高齢化も相まってコンパクトに暮らせる、スモールライフを求める傾向が強くなりました。

 

 

 

トーヨーキッチンスタイルでは、あたらしい時代の住まいにふさわしいキッチンとは何かを考え、夫婦2人だけの暮らしや、平均的な間取りで豊かに暮らせるキッチンを開発しました。CUBEは、スマートなライフスタイルを手に入れるためのキッチンです。暮らしや住環境の変化に最も柔軟にフィットします。

 

 

 


|  日本の住宅・間取りすら変えるキッチン。- CUBE

現在の日本の住宅事情は、土地や住宅が余っている地方と、住宅や商業施設が密集して宅地面積の狭い都心部との二極化、対極化にあると言われています。CUBE[キューブ]は、都市部での住まいのスモール化と、土地に余裕がある地方でのセカンドハウスなど、日本の住宅に合わせた暮らし方を提案します。
 

 

1.ライフスタイルの変化に伴うコンパクトキッチン。
 夫婦ふたりだけの暮らしでも、料理を楽しめ、会話も自然とはずむキッチン。広い家と大きなキッチンはこどもたちに譲って、ふたりで十分広く使えるキッチンに住みかえる。

 

2.住まいにぴったりと収まる。住空間をアレンジできるキッチン。
都心のマンションや町家のような細長い住宅にもぴったりと収まるスモールキッチン。リフォームにも最適で、余計な仕切り壁をなくしてLDKをひとつに繋げたり、憧れていたアイランドキッチンで都会的な生活を楽しめます。

 

3.手が届く範囲ですべてができるゼロ動線キッチン。
シンク内で調理ができ、シンクを立体的に活用することで並行調理も可能にする3Dシンク。キッチンでの動線を限りなくゼロにできるので、コンパクトなキッチンでも広く使うことができます。また、ひとまわり小さい3DSシンクなら、キッチンカウンターがより広くとれるので、ワークスペースとしても広々使うことだってできます。

 

 

■ Handle by Kartell
 

 

世界初!キッチンハンドルとして、イタリアのインテリアブランド〈Kartell(カルテル)〉のアイテムを採用しました。キューブ形状のキッチンとミニマルなハンドルデザインが見事に一体化して、キッチンのインテリア性がさらに高まりました。CUBEだけの特別なハンドル仕様です。

 


クリスタイル
 


ホワイト

 

レイル|Rail Kartell by LAUFEN 12,600円〜(税抜)
レイルはタオルハンガーとして世界中でヒット中のアイテム。無駄のないミニマルで十分な機能性をもち、どこへでもどんなスタイルの空間にも見事に溶け込みます。TOYO KITCHEN STYLEが世界ではじめてキッチンハンドルとして採用しました。

 

 

 

■ 扉の付け替えが可能な「パネル交換システム」を採用

 

CUBEがほかのキッチンと違うのは、そのコンパクトなキッチン形状だけではありません。インテリアに合わせてキッチンも模様替えできるように、扉パネル類が交換できる構造になっています。キッチンもシーンに合わせて着替える、新しい時代の到来です。

 

 

【商品概要】
商品名:i kitchen「キューブ|CUBE」
サイズ:W1240/1390/1540/1690/1840/1990 × D1200/1350 × H850/900mm
価格:445,500円〜 (税抜/水栓、加熱機器、レンジフード別途/施工費別途)
TOP+SINK:アイスTOP+new鏡面 3D/3DSシンク / チタンTOP+チタン研磨 3D/2D/3DS/2DSシンク

http://www.toyokitchen.co.jp/tksn/2018/70.html

 

 

 

 


トーヨーキッチンスタイル

1934年岐阜県関市にて創業。「住むをエンターテインメント」を理念とし、キッチンを中心とした家全体のインテリアをコーディネート、販売している。ステンレスの洋食器メーカーとしての創業時からクラフツマンシップを大切にし、現在も自社職人による手作業でステンレスの高い加工技術を活かしたキッチンを製作する。キッチンを料理する道具ではなく人生を楽しくするための場所として考え、日本で初めてアイランドキッチンを発表し、世界で初めてキッチンにシャンデリアを合わせ、オブジェの様な V字型キッチンを合わせるなど、デザイン性、機能性共に日本のキッチン業界を牽引。インテリアはオリジナル家具の生産だけでなく、世界中から家具、照明、モザイク、プロダクトアート、ファッションを独自の目線でセレクトして取り扱う。取り扱いブランドは、日本総代理店を務めるオランダの「mooo i(モーイ)」、イタリアの「Karte ll(カルテル)」、「SIC IS(シチス)」を含め、40ブランドを超える。ショールームは全国22カ所。

 

TOYO KITCHEN STYLE

http://www.toyokitchen.co.jp

 

 

(文:PR-K_PR制作部-1  /  更新日:2018.05.23)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ