イタリアラグジュアリーブランド「Poltrona Frau」 青山にオープン

 

イタリアラグジュアリーブランド Poltrona Frau
公式認定フラッグシップショップ
「Poltrona Frau Tokyo Aoyama」 オープン


 

総合インテリア販売の株式会社大塚家具は、フラッグシップショップ「Poltrona Frau Tokyo Aoyama(ポルトローナ・フラウ東京青山)」を、2018年3月17日(土)にオープンします。


ポルトローナ・フラウは1912年にイタリアのトリノで創業し、高い認知度とブランドバリューを誇り、家具業界における世界的リーディングカンパニーです。大塚家具は「ポルトローナ・フラウ」の日本総代理店として2006年より販売をしています。
 


新店舗では、イタリアのマエストロ(家具職人)の手によりつくられる彫刻のように優美なデザイン家具を展示。最高級の革「ペレ・フラウ」に鮮烈なイタリアンカラーを纏った伝統的な代表作「バニティフェア」やアームチェア「1919」など、イタリアの“家具芸術”といえるアイコニックなコレクションが揃います。さらに、ジャン・マリー・マソーやネリ&フーといった著名なデザイナーたちによる最新のモダンコレクションも展開します。伝統と革新を追求するポルトローナ・フラウのコレクションは、世界中の幅広い人々の支持を集めています。

 

本店舗は、ミラノの直営店のコンセプトを取り入れた、ポルトローナ・フラウ社の完全デザイン監修による公式認定された日本ではじめてのフラッグシップショップで、ポルトローナ・フラウの世界観を存分に感じられるラグジュアリーブランド のファニチャーショップです。

 


ポルトローナ・フラウのクリエイティビティはフェラーリやマセラティなどの高級車や、旅客機、高速鉄道などのラグジュアリーシートをはじめ、フランク・O・ゲーリー氏が手掛けたディズニーコンサートホール、レンゾ・ピアノ氏が手掛けたボストンのイザベラ・スチュアート・ガードナー・ミュージアムをはじめ、ホテルや店舗の内装など、著名な建築家とともに、ハイエンドな法人コントラクトビジネスも数多く手掛けています。本店舗は、こうしたハイエンドの法人コントラクトビジネスも対応できる店舗となっています。

 

 

 

 



http://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/

「Poltrona Frau Tokyo Aoyama(ポルトローナ・フラウ東京青山)」は、2017年3月発表の経営ビジョンに基づき、大塚家具の次世代店舗網の構築の一環として出店する初めてのブランド特化型専門店です。
 

※ポルトローナ・フラウは日本国内で(株)大塚家具が独占販売権を有しています。

 

 


【店舗概要】
名称:Poltrona Frau Tokyo Aoyama (ポルトローナ・フラウ東京青山)
所在地:東京都港区南青山5丁目2番地13号 → map
TE L:03-3400-4321
オープン日:2018年3月17日(土)
店舗面積:約320㎡
展示商品: ソファ、テーブル、チェア、ベッド、インテリアアクセサリーなど約100点
営業時間:11:00~19:00
定休日: 水曜日
最寄駅:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅からA5出口より徒歩約3分。
            B3出口より徒歩約5分
http://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/

 


 

 

株式会社大塚家具
年創業。「上質な暮らしを提供する」ことを目指し、家具販売にとどまらず、修理、中古家具の買い取り・販売事業も手がける日本で唯一の総合インテリア企業。2017年3月10日経営ビジョン発表後、「暮らしのソリューション提案企業」として法人向け営業、資格保持者によるお住まいのインテリアのコーディネートサービス、家具レンタル、WEB・EC事業の強化を進めています。
公式サイト:http://www.idc-otsuka.jp/
 

(文:PR-K_PR制作部-1  /  更新日:2018.03.07)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ