アクタス新宿店 ユーロブランドを強化してリニューアルオープン

 


ユーロブランドを強化
ACTUS新宿店「EURO STUDIO TOKYO」

リニューアルオープン
 

 

株式会社アクタスは、2018年3月3日(土)、マザーショップであるアクタス新宿店の2Fを格式とエレガンスを湛えた「EURO STUDIO TOKYO」としてリニューアルオープンします。

 

アクタス新宿店は1985年、コントラクト専門のショールームとしてオープン。当時、まだ珍しかったヨーロッパの輸入家具を、2,000㎡という広大なスペースにギャラリーのように展示していたショップは大きな評判を呼びました。現在では生活雑貨から家具・システムキッチンまでアクタスが持つリソースをすべて集めた直営店27店舗の本店として、年間50万人以上が来店しています。

 

 

ヨーロッパのモダンインテリアデザインを集めた2F「EURO STUDIO TOKYO」

大きく変わる2Fフロアは、モダンファニチャーのトップブランドイタリアPoliform(ポリフォーム)の日本国内での旗艦店として、また、システムキッチンの最高峰ドイツPoggenpohl(ポーゲンポール)のショールームとしての機能を充実させ、格式とエレガンスを備えたフロアへと生まれ変わります。

 

 

店舗設計を手掛けたのは、ホテルカンラ京都やCLASKAなどの大規模リノベーションで知られるUDS株式会社が担当しました。2Fのフロア中央にコートヤードを設け、Poliform、Poggenpohlをはじめ、アクタスがセレクトした個性の異なるヨーロッパ家具のトップブランドをゆったりと展示します。一般のお客様はもちろんのこと、建築家などプロユーザーにも活用できる高級品の品揃えに力を入れ、アクタスのマザーショップとして新しくスタートします。

 

 


ポーゲンポール(ドイツ)イメージ
 


ポリフォーム(イタリア)イメージ

 

2F以外にも、本リニューアルにあわせ、フランスの注目ステーショナリーブランド「PAPIER TIGRE」、パリのデザインストアMerciとベルギーのセラミックブランドSERAXによる「Merci×SERAX |La Nouvelle Table Collection」の期間限定ポップアップショップ(いずれも3月3日(土)-4月15日(土)まで)など、新宿本店だけの限定アイテム、先行販売アイテムが登場します。

 

また本店であるアクタス・新宿店のリニューアルオープンを皮切りに、アクタス大阪空港店(2018年4月末リニューアルオープン)、アクタス湘南店(2018年4月末リプレイスオープン)、アクタス川崎店(2018年4月中新規オープン)を予定。夏以降もマーケットポテンシャルの高いエリアへの新規出店を計画しております。2018年は、リニューアルと新規出店が目白押し。今後のアクタスの展開にご注目ください。

 

 

 

 


店舗の顔であるファサードも装い新たに生まれ変わります。

 

【店舗概要】
アクタス・新宿店
*2018年3月3日(土)リニューアルオープン
住所:東京都新宿区新宿2-19-1 BYGSビル1F/2F
TEL:03-3350-6011
営業時間:11:00-20:00
店舗面積:664坪(1F/273坪・2F/391坪)

 

 

 

 

株式会社アクタス
1960年代後半からいち早く北欧を中心としたヨーロッパ家具の輸入販売を始め、以降ライフスタイルストアの先駆けとして、日本の生活デザインの質的向上に貢献。現在は、「アクタス」の屋号で新宿、青山、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などに24店舗、「スローハウス」の屋号で天王洲などに3店舗、合計27店舗の直営店の他、レストラン「SOHOLM」など飲食事業4店舗を既存店に併設。また、全国主要都市に41店舗のパートナーショップを展開している。

 

 

アクタス
http://www.actus-interior.com/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.02.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ