Kartell 「コンポニビリスマイル|Componibili Smile」登場

 

 

 


50周年を記念したオマージュ
Kartell「コンポニビリスマイル|Componibili Smile」登場

 


株式会社トーヨーキッチンスタイルは、日本総代理店を務めるイタリアのインテリアブランド「Kartell(カルテル)」より、50周年を記念したオマージュのひとつとして、イタリア人デザイナーのファビオ・ノヴェンブレがデザインした収納「コンポニビリスマイル|Componibili Smile」の発売を開始します。

 

コンポニビリ(Componibili )は当初は「モビリ 4970/84」という名前で発売され、デザインとプラスチック素材を融合させるユニークな取り組みによりデザイン界に大きな変革をもたらした名作です。カルテルの革新的なブランド精神を完全に解釈したデザイナーアンナ・カステッリ・フェリエーリによるデザインであり、デザイン方法・技術の進化・新素材の研究に長い歳月を費やし、直感を徐々に成熟させて並外れた進化への道を開きました。
 

多くの賛辞と称賛を浴びたコンポニビリは、ニューヨーク近代美術館とポンピドゥー・センターの常設コレクションに収蔵されています。当時前衛的な新素材であった ABS樹脂を使用した「コンポニビリ」は、世界初となる ABS樹脂製モジュール組立式の家具ユニットであり、それまでの家具の概念を一新しました。適応性があり、用途が広く実用的で、新たな美意識・美的価値観や新しいライフスタイルをもたらし続け50年にわたり製造されている「コンポニビリ」は、プラスチックが未来の素材としての真価を発揮した歴史上きわめて想像力に富んだ時代に君臨する、時を超えた創造性のシンボルです。
 

 

アンナ・カステッリ・フェリエーリ|Anna Castelli Ferrieri (1920年8月6日-2006年6月22日)
ミラノ出身の建築家、都市設計家、デザイナーであり、カルテルの創業者であるジュリオ・カステッリの妻。ミラノ工芸学校建築学科を卒業した女性1期生のひとりで、イタリア工業デザイン協会会長や大学講師なども務め、デザイン界に大きな影響を与えた偉大な女性デザイナーです。1976-1987年には Kartellのアートディレクターも務めました。現在、彼女がデザインした多彩な製品は世界有数の博物館や美術館に収蔵・展示され、最も重要な製品および彼女の資料や写真等は、自身が設計した Kartellの工場の敷地内にある「Kartell Museum」に展示・保存されています。

遊び心の効いた新しい「コンポニビリ」
時間を超えて愛される「Kartell(カルテル)」のベストセラーアイテム「コンポニビリ」。その象徴でもある丸い穴に、絵文字のようなウインクを加えることで、遊び心のあるまったく新しいコンポニビリが生まれました。アンナ・カステッリ・フェリエーリの名作「コンポニビリ」50周年を記念したオマージュのひとつとして、イタリア人デザイナーのファビオ・ノヴェンブレがデザイン。
 

可愛らしい見た目ながらも高い実用性はそのまま
ユーモラスなデザインであっても、コンポニビリの魅力のひとつである実用性はそのまま。キッズルームだけでなく、ベッドサイドやリビング、エントランスやキッチン、オフィス、洗面バスルームなど、さまざまな場所で収納、サイドテーブルとして活躍します。可愛らしいスマイルのコンポニビリは、すでにコンポニビリを愛用中の方にもおすすめです。
 

選べる豊かな表情
カラーは「コンポニビリ」でも人気の高い、カルテルを象徴するレッド。表情のパターンは口元の違いやウィンクをするコンポニビリなど3種類。

 

 

【商品概要】
コンポニビリスマイル|Componibili Smile
サイズ:φ32/H40 cm重量:2.3kg
価格:16,600円(税抜)
素材:ABS樹脂

 

 

 

 

 

カルテルは1949年、イタリアのロンバルディア州に化学エンジニアのジュリオ・カステッリによって創立。車のパーツ、家庭用品、照明パーツなどの製造からスタートしました。その後プラスチック加工技術を活かし、革新的な家具の製造を開始。エンツォ・マリ、マルコ・ザヌーソ、ヴィコ・マジストレッティ、フィリップ・スタルクなど、世界的に著名なデザイナーとのコラボレーションを行い、デザイン性や品質の高さ、独創的かつ革新的な製品は数多くの賞の獲得や美術館のパーマネントコレクションになるなど常に高い評価を受けています。
http://kartell.co.jp

 

 

 

 

TOYO KITCHEN STYLE

http://www.toyokitchen.co.jp

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ