イトーキとインターオフィスコラボレーションブランド 「 i+」新作発表会 開催

 

 

イトーキとインターオフィスのコラボレーションブランド「 i +(アイプラス)」
グッドデザイン丸の内にて、新作発表会 開催 

 

 

株式会社イトーキと株式会社インターオフィスのコラボレーションブランド「 i+ (アイプラス)」は、2018年1月24日(水)- 2月4日(日)の期間、GOOD DESIGN Marunouchiにて新作発表会を開催します。

 

i+は、独創的で先進性の高い製品開発力によってオフィスファニチャーの分野に新しい価値を提供し続けてきたイトーキと、ヨーロッパの優れたオフィスファニチャーを紹介することによって、日本のオフィス空間の快適性に貢献しているインターオフィスの2社が、より豊かに空間を使いこなし、充実した環境を実感しつつ働く場を希求するコンセプトに同意し、 2016年1月に設立したブランドです。

 

ブランドローンチのコレクションでは、寺田尚樹(建築家、インターオフィス 取締役社長)のプロデュースおよびデザインにより、オフィス空間を理想的に洗練されたものへと成す際に大切な要素となる“インテリア・アクセサリー”に注力して、ホワイトボード、テレフォンスタンド、コートスタンドの3アイテムを発表しました。2017年1月の第2回新作コレクションでは、寺田に加えて、コラボレーティブ・デザイナーとして安東陽子氏(テキスタイルデザイナー)と岡安泉氏(照明デザイナー)が参加し、テーブル、パーティション、タスクライトが発表され、快適なオフィス空間に敵うプロダクトを展開しました。

 

2018年1月24日(水)に発表する第3回の新作は、これまでのコレクションに加え、さらに汎用性の高いテーブルやコートハンガー、オフィス空間に閃きや遊び心をもたらすテーブルパネルとピンポンネット、パーソナルデスクなど6アイテムです。コレクション発表期間中は、オープニングレセプション、トークイベント、ピンポントーナメントなどを開催し、 i+が提供するオフィスファニチャーデザインの新しい視座や、いまのオフィス空間情報などを提供する機会を設け、さまざまなかたちでi+を体感できるコンテンツを紹介します。

 

■ 第3 回新作コレクション(予定)
・コートハンガー
・カフェテーブル(コンセント付き)
・ハイテーブル
・パーティション(新色)
・テーブルパネルオプション&ピンポンネット
・パーソナルデスク

 

■ 関連プログラム(予定)
◇ オープニング・レセプション
◇ トーク・イベント 登壇者:i+ デザイナー・プロデューサーの寺田尚樹と開発チーム
◇ ピンポントーナメント

*関連プログラムの案内はオフィシャルサイトで2018年1月上旬より掲載されます。
*上記内容は予告なしに変更する場合があります。
www.iplus-furniture.jp
 

 


■ 「2017年度 グッドデザイン賞」ベスト100に選出


 


2015 年と2017 年グットデザイン賞・ベスト100 を受賞したi+ のオフィスファニチャー

 

 2017年グッドデザイン賞を受賞、ベスト100に選定されました。グッドデザイン・ベスト100は、2017年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、審査委員会により特に高い評価を得た100件です。選出されたのは、オフィスの会議室やミーティングスペースで使われる機能性とデザイン性を両立したミーティング家具シリーズです。海外のデザイン性の高いチェア、キャビネットにも合わせることができる外観品質、金管楽器から着想を得たデザインは、機能をパイプ内に収め、究極のミニマリズムを具現化しています。今回の受賞は、 2015年グッドデザイン賞ベスト100の選出に続き、2度目の選出となりました。

 

【開催概要】
タイトル:i+ 2018 EXHIBITION 新作発表会
会  期:2018 年1月24 日(水)- 2月4 日(日)  会期中無休
開場時間:11:00 ‒ 20:00
会場:GOOD DESIGN Marunouchi
住所:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F  → map
Tel:03-6273-4414
アクセス:JR 線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩2分
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」直結
東京メトロ日比谷線、千代田線「日比谷駅」より徒歩5 分
入 場 料:無料
会場URL:  https://www.g-mark.org/gdm/index.html

 

 


         www.iplus-furniture.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.06)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ