ハーマンミラージャパン サイバチェア ラウンジコレクション 登場

 

ハーマンミラージャパン株式会社
深澤直人氏デザインによるサイバチェアにラウンジコレクションが登場

 

米国に本社を置く家具メーカー、ハーマンミラージャパン株式会社は、深澤直人氏がデザインを手がけた「サイバチェア(Saiba Chair)」のグループに新しく加わったラウンジチェアとサイドチェア、テーブルの受注を7月より開始します。

 

サイバチェアは、考え抜かれたシルエットと洗練されたフォルムによって、空間にさりげない高級感を演出し、座る人にくつろぎをもたらします。デザイナーは、国際的に名だたる企業の製品開発に携わり、その業績に対して高い評価を得ている深澤直人氏で、ハーマンミラーと日本に拠点をおくデザイナーとの初めてのコラボレーションとなり、昨年発売されたサイバチェアは、深澤直人氏が提唱する「スーパーノーマル」 - すぐになじむ(ノーマル)上に、従来のものを超える(スーパー) - という哲学を体現しています。

ハーマンミラージャパン 深澤直人氏デザイン「サイバチェア」を発表  → → ☆☆☆

 

 

 

 

サイバラウンジチェア&オットマン (Saiba Lounge Chair and Ottoman)

快適な座り心地で座る人はすぐに心地よさを実感します。張地はさまざまなファブリックから、ベースはブラックまたはポリッシュドアルミニウムから選択可能です。

価格はラウンジチェアが378,000円(税抜)~
         オットマンが151,000円(税抜)~

 

 

 

 

サイバサイドチェア (Saiba Side Chair)

サイバチェアの洗練されたフォルムをもちながら、場所をとらない小ぶりなデザインです。張地はさまざまなファブリックから、ベースは4種類のウッドフィニッシュ選択可能です。

価格は282,000円(税抜)~

 

 

サイバテーブル (Saiba Table)

テーブルトップの厚みは洗練された薄さで、ベースはすらっとしたデザインです。ミニマルでありながら機能性を実現しています。テーブルトップのフィニッシュは4種類のウッドと2種類のラミネートから、ベースはブラックとクロームから選択可能で、テーブルトップのサイズと高さがそれぞれ3種類から選択可能です。

価格は182,000円(税抜)~

 

 

 

深澤直人(Naoto Fukasawa) プロダクトデザイナー

2003年NAOTO FUKASAWA DESIGN設立。卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、アメリカ、フランス、ドイツ、スイス、北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、国内の大手メーカーのデザインとコンサルティングを多数手がける。デザインの領域は、腕時計や携帯電話などの小型情報機器からコンピュータとその関連機器、家電、生活雑貨用品、家具、インテリアなど幅広い。人間とものとを五感によって結びつける彼の仕事は、より大きな喜びを使い手に届けるものとして高く評価されている。2010~2014年グッドデザイン賞審査委員長。多摩美術大学教授。日本民藝館館長。

 

2017年7月8日(土)~10月1日(日)パナソニック 汐留ミュージアム「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」 開催  → → ☆☆☆

 

 

 

 

ハーマンミラー

【ハーマンミラー社について】
1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、優れたデザイナーたちとパートナーシップを築き、人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。まわりの環境をより良くすることに努め、感動をもたらすデザイン、革新的な技術や戦略的なサービスを提供します。
2015年度の収益は21億米ドルを超えています。革新的なビジネス手法と社会的責任への深い関与によって、世界的企業としての地位を確立しています。スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館より全米デザイン賞を受賞したハーマンミラー社は、米国の人権擁護団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)財団が毎年発表する企業内での公平な扱いへの取り組み評価指数でも最高点を獲得し、「Industry Week」誌の全米トップ製造業50企業にも選ばれています。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに連続して選定され、シンボル名MLHRでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場しています。

http://www.hermanmiller.co.jp/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2017.07.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ