アクリル樹脂 家具ブランド「TRANSPARENCY」 京橋ショールームオープン


Photo_Nacása & Partners Inc. FUTA Moriishi
 

“透明”なアクリル樹脂素材の家具ブランド
「TRANSPARENCY」が京橋にショールームをオープン

 

新興プラスチックス株式会社は、透明アクリル樹脂素材をベースにした家具ブランド「TRANSPARENCY /トランスペアレンシー」のショールーム「TRANSPARENCY and more」を、2017年5月26日(金)京橋にオープンしました。
 

TRANSPARENCYは、プラスチック素材業界を代表する老舗企業の新興プラスチックス株式会社が、アクリル樹脂業界全体のイメージ向上とアクリル樹脂素材の可能性を世の中に発信すべくスタートさせる新規事業です。ファーストコレクションは、欧米の建築家やインテリアデザイナーからの信頼も厚いアクリル樹脂加工工場を中心に、アクリルならではの透明感や素材感を生かしたシンプルかつオブジェのようなデザインで構成されています。

販売は日本からスタートするものの、2017年以降アジアを皮切りに世界市場での展開を視野に入れており、世界の家具市場におけるオンリーワンなブランドを目指します。また、今回オープンするショールームでは、ブランドコンセプトである ”BLENDS INEVERYWHERE”を表現したユニークなディスプレイとショールーム名にもなっている”and more” すなわちこの事業の協賛企業でもあるアクリル及びプラスチックメーカーの最新の商品や技術を同時展示します。

 


Photo_Nacasa & Partners Inc. FUTA Moriishi

 


Photo_Nacasa & Partners Inc. FUTA Moriishi

 


Photo_Nacasa & Partners Inc. FUTA Moriishi

 

コンセプト
プラスチックの女王と言われるアクリル素材ならではの透明感と贅沢な素材感、優れた加工性を生かした日本発のマテリアルファニチャーブランド、それが「TRANSPARENCY(トランスペアレンシー)」です。

“BLENDS IN EVERYWHERE”つまり、存在感がありながらも空気のようにどこにでも溶け込むこと。
「TRANSPARENCY(トランスペアレンシー)」は、ただ透明であることだけでなく、水族館の水槽への採用実績が示すアクリルの水や熱への強さに基づいた、 デザインと機能を兼ね備えた、全天候型の家具です。

 

 



 



 



 

【ショップ概要】

TRANSPARENCY and more
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3-14-6 斎藤ビルヂング 1F → map
OPEN:11:00~19:00
定休日:土・日・祝
TEL:03-6263-0533
https://trans-parency.jp/

 

 

 

<協賛企業>旭化成テクノプラス株式会社、笠井産業株式会社、カナセ工業株式会社、株式会社クラレ、三協化成株式会社、JFE 商事マテック株式会社、JPC 株式会社、住化アクリル販売株式会社、積水成型工業株式会社、タキロンシーアイ株式会社、日東樹脂工業株式会社、福田金属箔粉工業株式会社、三菱ケミカル株式会社、株式会社菱晃、リンテックサインシステム株式会社、株式会社ワーロン(五十音順)

 

新興プラスチックス株式会社
昭和25年(1950年)に、アクリル樹脂で世界トップ企業の三菱レイヨン株式会社の第1号代理店として発足し、以降あらゆる樹脂のシート材、フィルム、原材料、樹脂加工品などを取扱商品に加えながら事業を拡大しております。用途としては、スマホ、PCや車などのデジタル分野から屋内外の店舗装飾関連やアートの世界に至るまで様々なフィールドで活躍しているほか、国内のみならず中国、東南アジアをはじめとした海外でも活発な展開を図っております。
http://www.shinkopla.co.jp/

 

 


https://trans-parency.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-10  /  更新日:2017.05.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ