「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」東京・千駄ヶ谷にオープン

 

 

 

コクヨ株式会社 生活と仕事に刺激や発見をもたらすショップ&カフェ
「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」 
東京・千駄ヶ谷にオープン

 

コクヨ株式会社は、東京・千駄ヶ谷にライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」を、5月26日(金)にオープンします。コクヨ株式会社は1905年の創業以来、文房具とオフィスファニチャーを中心に、人々の「働く」「学ぶ」をサポートしてきました。「キャンパスノート」や「カドケシ」など数々の大ヒット商品を世に送り出し、常にその時代のスタンダードを作ってきました。
 

「THINK OF THINGS」は「ライフとワークの境界を越える」をテーマに「働く」「学ぶ」に留まらず、「暮らす」という視点を加え新しい価値を提供します。生活と仕事の双方に“刺激や発見をもたらす道具”という視点でオリジナル商品とセレクト商品を展開し、自分らしいスタンダード(”好き”、”心地よい”)を追求するきっかけの場でありたいと考えています。また施設内には、1階のライフスタイルショップ&カフェ以外に、2階にレンタルも可能な多目的スペース「STUDIO」、3階にコクヨオフィスを併設し、さまざまなかたちでお客様や地域の皆さんと交流を持ちながら、顧客接点の場を活用したスピード感のある商品・サービス開発も実践していきます。

 

ロケーションは、千駄ヶ谷地区という原宿や表参道の近隣でありながら落ち着いた雰囲気を保ち、個性的で本物志向のショップやお洒落なカフェ、クリエイターのアトリエが立ち並ぶエリアとして注目度を集めています。そうした刺激的な環境で、ショップ名である「THINK OF THINGS」が表す通り、道具を手に取りながら”モノ/コト”について考えられる場所を目指します。

 

 

 

| ライフスタイルショップ&カフェ(1階)

ライフスタイルショップでは、独自の視点で、文具、家具、ファッション、プレイ&アート、雑貨、ストック類のオリジナル商品やセレクト商品を展開していきます。

ショップのテーマである“ワークとライフの境界を超えた”スタンダードになるような、こだわりのセレクト商品や、時代を超えて長く愛されてきたコクヨ商品を、布貼りファイル・収納、筆箱や小物入れになる丸筒など生活シーンで使えるようにアップサイクルしました。異分野をまたいだ、紙と鉄で構成されたストックファニチャーも充実します。ショップ内でノートや測量野帳への名入れサービス(有料)も提供予定。

 


カフェでは、OBSCURA COFFEE ROASTERS*プロデュースの、自分好みを選べる4種のコーヒーを基本としたドリンクメニューと、お店で揚げる出来立てコロッケを挟むなど、フード系とスイーツ系を揃えたワンハンドスタイルのコッペパンサンドを提供します。


*東京・三軒茶屋で焙煎を行っているコーヒーロースター。世界中のコーヒー農園を訪れて買い付けたものを中心に、自店舗での販売及び卸売りを行う。普段の生活や特別な日に、家庭やお店で「コーヒーのある生活」を楽しむきっかけを提供している。

 

 

| STUDIO(2階)-多目的スペース

2階の多目的スペースでは、自主企画のイベントを開催しながら、レンタルスペースとしての開放を予定しています。

 

 

 


【施設概要】
店名:THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62番1号(JR原宿駅竹下口より徒歩3分)
業態:ライフスタイルショップ、カフェ、レンタルスペース(スタジオ)
店舗面積:1階約55坪(カフェを含む)2階約28坪(スタジオ)
営業時間:10:00~20:00(定休日:毎月第3水曜日)
企画・運営/建築企画・店舗デザイン:コクヨ株式会社
WEBサイト:www.think-of-things.com

 

 

 


 

 

 





(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.05.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ