「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」 丸の内にオープン

 

国内初のグッドデザイン賞の公式ショップ&ギャラリー
「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」
東京駅隣・KITTE 丸の内(JPタワー)にオープン

 

野原産業株式会社を運営主体とした、グッドデザイン賞の国内初となる常設型の販売拠点「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」(グッドデザインストアトーキョーバイノハラ)が東京・丸の内のJPタワー商業施設KITTE 丸の内3階に2017年4月28日(金)にオープンします。また、同店内に2016年度グッドデザイン大賞の世界地図図法[オーサグラフ世界地図]の期間限定ショップもオープンします。

「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」は、グッドデザイン賞および受賞商品のPR拠点として、日本国内で販売・展示を行う初めての公式ショップです。コンセプトは、グッドデザイン賞が考える「よいデザイン」、すなわち生活や社会をゆたかにするデザインに囲まれた暮らしの提案です。60年間に渡るグッドデザイン賞の過去受賞商品から、文具、雑貨、インテリア、食品など、それぞれの時代を代表する商品が並びます。 使う人のことを考え抜いた上で作られた選りすぐりの「よいデザイン」の数々を、気軽に手に取ることができるお店です。


建築資材の総合商社である野原産業株式会社は、400年以上の商いの歴史を誇り、時代が変わるごとに人々や社会に求められる商品を新たに見出して提供し、暮らしの景色を作り続けてきました。そして、展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、暮らしを、より豊かなものへと導くことを目的としたデザインの推奨制度、グッドデザイン賞。野原産業株式会社とグッドデザイン賞がタッグを組み、また、ショッププロデュースをmethodが担当し、今回の店舗が誕生します。
 

本店が立地するKITTE 丸の内は、東京駅に隣接し、国内外の観光客も多い商業施設です。2015年より運営するグッドデザイン賞の PR拠点「GOOD DESIGN Marunouchi」とも至近距離で、相互の展示と販売を連動させることにより、グッドデザイン賞と受賞商品のいっそうのアピールを推進します。

 


店舗デザイン JASPER MORRISON
 


店舗デザイン JASPER MORRISON

 


店舗デザイン JASPER MORRISON

 


店舗デザイン JASPER MORRISON

 


店舗デザイン JASPER MORRISON

 


店舗デザイン JASPER MORRISON

グラフィックデザイン:廣村正彰



ショップデザインコンセプト

様々な部屋として空間を区切る“壁”は、ここではカテゴリーの異なる物をディスプレイする棚であり、前面の庭は、新しい商品、テーマのディスプレイや小さな展示スペースとなります。

アルミの棚、それを支えるメープル材の構造、それらを繋げる真鍮のビス、そしてコンクリートの床は暖かさと冷たさを併せ持ち、ディスプレイされたグッドデザインアワードの商品を引き立て、そして日々の生活を豊かにします。

 


<取り扱い商品一例>

2016年ロングライフデザイン賞
バタフライスツール
㈱天童木工

 


2014年金賞
ダイニングチェア
[KISARAGI]

 


2014年金賞
ANDO‘S GLASS
㈱アンドーギャラリー

 



2015年金賞
LED‐embedded jump rope
[Smart Rope]

 

 

 

<期間限定ショップ>


同店内では、オープンから1ヶ月間の期間限定で2016年にグッドデザイン大賞を受賞したオーサグラフ世界地図にちなんだ商品を販売します。

グッドデザイン大賞世界地図図法
[オーサグラフ世界地図]:

 

【開催概要】
開催期間:2017年4月28日(金)~5月29日(月)
取り扱い商品:
オーサグラフ・ワールドマップ/オーサグラフ・グローブ/オーサグラフ・プラチナ/マルチポーラー・ワールドマップ/オーサグラフ・スタンプ/8つの立方体/正十二面体と立方体/オーサグラフ・パズル(復刻限定100個発売)
http://www.g-mark.org/award/describe/44527

 

 


【施設概要】
施設名:「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」(グッドデザインストアトーキョーバイノハラ)
所在地:KITTE 丸の内(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 丸の内 3階)
電話番号:03‐5220‐1007
営業時間: 11:00‐21:00(日曜・祝日に限り11:00‐20:00)
*休業日:1月1日及び、法定点検日


店舗総面積:約180㎡
取扱商品:60年の間にグッドデザイン賞を受賞した商品の中からそれぞれの時代を代表する受賞商品商品点数約400アイテム(1,000SKU)
*開店時予定・定期的に入替を予定

http://gds.g-mark.org/index.html

 

 

 

【デザイン担当者プロフィール】


JASPER MORRISON|インテリアデザイン

1959年、ロンドン生まれのプロダクトデザイナー。ロンドン王立芸術学院を卒業後、ベルリンにてデザインを学び、1986年にデザイン事務所Office for Designを設立。ロンドン・パリ・東京に拠点を置き、世界中の企業とプロジェクトを手がける。「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」では、同氏日本国内初の店舗デザインを担当。

 

 

 

 


廣村正彰|グラフィックデザイン

1954年愛知県生まれ。東京工芸大学教授、一般社団法人ジャパンクリエイティブ代表理事。グラフィックデザインの他、商業施設や美術館などのサインデザイン、CI、VI計画を多く手がける。主な仕事:日本科学未来館、横須賀美術館、9h ナインアワーズ、すみだ水族館、あべのハルカス、そごう・西武、ロフトなど。主な受賞歴:毎日デザイン賞、KU/KAN賞、SDA大賞、グッドデザイン金賞他。著作『デザインのできることデザインのすべきこと』他。

 

 

 

 


山田遊|ショッププロデュース、 MD 、VMD

東京都出身。南青山のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。2013年「別冊Discover Japan 暮らしの専門店」/エイ出版社、2014年「デザインとセンスで売れるショップ成功のメソッド」/誠文堂新光社が発売される。

 

 

 


畑中正人|サウンドデザイナー

作曲家・サウンドデザイナー。音のオートクチュールをコンセンプトに広告、舞台、建築空間、プロダクトなど様々な分野を「音楽」と「音」で横断している。1995年にプロとしてのキャリアを札幌でスタート。2002年よりハンブルクに拠点を移し主にバレエ音楽を数多く手がける。2004年に帰国後は東京と札幌を拠点に活動。2008年レクサスインターナショナルギャラリー青山、2011年ミラノサローネ「CANONNEOREAL WONDER」、ISSEY MIYAKE パリコレクション、2012年東京スカイツリー天望回廊、2016年春日大社・国宝殿など。

 

 

<参考資料>

【GOOD DESIGN STOREについて】
日本を代表するデザインの評価と推奨の運動として広く知られるグッドデザイン賞は、日本のデザインの国際的なプレゼンス向上のため、近年では特にアジア圏内でのプロモーションに務めています。その一環として、受賞商品の販売と PRを通じたグッドデザイン賞の認知および受賞企業の販路の拡大を目的に、2014年からGOOD DESIGN STORE事業を開始しました。香港、タイ、台湾における公式ショップとギャラリーの機能を持った拠点を、現地企業のフランチャイズにより展開しています。

【日本における PR拠点について】
グッドデザイン賞の趣旨や受賞結果、デザインの領域の広がりを伝えるため、国内初のギャラリー・イベントスペース「GOOD DESIGN Marunouchi」を、2015年10月に東京・丸の内に開設しました。グッドデザイン賞のプロモーション拠点として、デザインと社会をつなぐ最前線として、企業や各種団体などとともに、デザインをテーマとする展示、セミナー、トークイベント、ワークショップなどを開催しています。

【グッドデザイン賞 (Gマーク)について】
グッドデザイン賞は1957年に創設された日本を代表するデザイン賞で、商品をはじめ建築、各種のアプリケーションやソフトウェア、デザインを活用したプロジェクトや取組みに至るまで、私たちの社会を築き、暮らしの豊かさを導くさまざまな「よいデザイン」を見出しています。さらに、受賞したデザインを各種のプロモーションを通じて社会へ広く伝え、多くの人々がデザインに接し、その意義を実感することができる環境づくりを担っています。受賞のシンボルである「Gマーク」は85%もの認知率※を誇り、「よいデザイン」の象徴として広く親しまれています。

※日本デザイン振興会の 2017年度インターネット調査による。
 

 

 

 

 

 

運営主体:野原産業株式会社


http://www.nohara-inc.co.jp/

 

 

 



 


(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.04.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ