『 FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH x そら植物園~』オープン!

 

上質な時間と空間、食と植物を豊かに感じる、
神戸発ライフスタイル発信型のカフェレストラン
『 FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH x そら植物園~ 』オープン!

 

飲食店運営を手掛ける株式会社ポトマックは、神戸に根付く人気ブランド”TOOTH TOOTH”の30周年プロジェクトの一環として、神戸開港150年で再整備されるメリケンパークに、食と自然とカルチャーを発信するカフェレストラン 『FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH x そら植物園~』を2017年2月にオープンしました。
 

「山と海と西洋文化」、「自然とアート」。神戸の歴史とともに、“食”と“自然”と“カルチャー”は街の人々に愛され育まれて時代を創ってきました。そして、30周年を迎えた「TOOTH TOOTH」ブランドのカフェ・レストラン・パティスリーもまた、神戸の街の人々に愛され育まれて、大切なお客様と現在まで歴史を紡いできました。

「TOOTH TOOTH」が、30周年の節目として新たに提案するライフスタイル発信型カフェレストラン『FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH x そら植物園~』は、神戸開港150年で再整備されるメリケンパークの新たなランドマークプレイスとして、カフェ「cafe Fish!」を、「TOOTH TOOTH」ブランドの新店舗として新たにスタートしました。

 

 

(画 寺門 孝之)

店舗イメージイラストやロゴを手掛けるのは神戸を代表する画家である寺門孝之氏。『FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH x そら植物園~ 』の幻想的な世界観を表現しています。

 

 

 

食と自然とカルチャーの発信をコンセプトに、店内は世界を旅する話題のプラントハンター「そら植物園」代表の西畠清順氏が手掛けるボタニカルガーデンの空間。

 

 

 

まるで森のなかを魚が泳ぐように。神戸で育ったローカルフードと壮大な植物、生み出されるカルチャー。食と自然と文化が調和した、心とカラダを豊かにする、神戸のランドマークプレイス。それは山と海にかこまれた神戸を愛する人たちが創りあげる新しい神戸のものがたり。

 

 

 

| FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH × そら植物園 ~ お料理

「TOOTH TOOTH」が提案する“食”は、私たちが大切に伝えてきた「神戸キュイジーヌ」。神戸で育った地元野菜のサラダやピッツア、四季折々の食材・こだわりを詰め込んだメイン料理など。

 

 


◎ピッツァ イル・ソーレ エ ヴェルドーラ 【太陽と緑菜】

生ハムと卵とトマトの神戸西区野菜の菜園サラダ仕立て

 

 


◎トラウトサーモンのグリル、オリーブソース

オニオンとベーコンのベイクドポテトと神戸近郊野菜のロースト添え

 

 


◎自家製スコーンプレート

さくら・レモン&ヘーゼルナッツ・抹茶(ホイップクリーム・季節のコンフィチュール・バター)

 

「食と自然」をテーマに、華やかで心もカラダも豊かになるフードとドリンクをお届けします。新たに提案する華やかなウエディングパーティーやイベント、ローカルマーケットなど、神戸から生まれる新しいコミュニティを発信していきます。

 

 

 

 

 

【店舗概要】
店舗名:FISH IN THE FOREST ~TOOTH TOOTH x そら植物園~
住所:〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-8
電話:078-334-1820
営業時間:11:00~23:00(季節により変動いたします)
定休日:不定休
席数:約120席
http://www.toothtooth.com/teaser/fish-in-the-forest/

 

 

西畠 清順氏
そら植物園 代表。幕末より150 年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目。日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。2012 年、ひとの心に植物を植える活動「そら植物園」をスタートさせ、国内外含め、多数の企業、団体、 行政機関、プロの植物業者等からの依頼に答え、さまざまなプロジェクトを各地で展開、反響を呼んでいる。著書に「教えてくれたのは、植物でした 人生を花やかにするヒント」(徳間書店)、 「そらみみ植物園」(東京書籍)、「はつみみ植物園」(東京書籍)など。

Seijun Nishihata
Seijun is the fifth generation owner of a plant wholesale company "Hanau” that has now been continuing for 150 years since end of Edo period. He travels globally collecting plants, and the number of species in his plant collection amounts to several thousands. In 2012, Seijun established "SORA BOTANICAL GARDEN project” and have been answering various demands from wide range of clients, from private companies, governments to professional plant vendors, both domestically and internationally.

 

 

寺門 孝之氏
1961年生れ。画家・神戸芸術工科大学教授。大阪大学文学部美学科卒業後、セツ・モードセミナーにて長沢節氏に絵を学ぶ。1985年、第6回日本グラフィック展大賞受賞。東京・神戸を2拠点に、光り輝く「天使」や「夢」の世界を描き、個展での作品発表をはじめ、書籍の装画、広告ポスター、ライヴペインティングなど幅広く活躍。角川映画『人間失格』の劇中画、朝日文芸時評挿画、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団公演パンフレット表紙画など、他分野とのコラボレーションも多数。著書『Holy Basil』(青土社)『てらぴか映画日誌』『ANGEL ROSE JEWEL BOAT』(風濤社)など多数。絵本『ぼくらのオペラ』(イースト・プレス)など多数。最新の絵本に、12月『ながれ星のリリリ』(文:堤江実  PHP)、2017年1月『夢金』(文:立川談春  あかね書房)。

 

 

 

 

 


http://www.potomak.co.jp/

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.03.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ