Found MUJI 企画展 「印度の布2」開催

 

Found MUJI企画展 「印度の布2」開催

 

 

無印良品を企画・開発する株式会社良品計画は、Found MUJIにて、2017年4月28日(金)~2017年7月6日(木)まで、企画展「Found MUJI印度の布2」を開催します。

 


「人の手によるもの」
私たちの手は、感情を瞬時に形にできる、素晴らしい道具かもしれません。自分の心、過去からの生命、培ってきたもの、そして閃き、たくさんの生きる要素を繋ぎ合わせながら、脈々と形をうんできた“手”。そして、その手の役割をくらしの糧として大切にしながら営みが続いていくインド。今回は、そんな道具“手”を訪ねて北から南まで多様な手仕事文化を持つインドをまわりました。どの街の手の仕事をとっても、くらしの中に当たり前にある、つくるという活動が生きることに直結しています。できあがった物には、いろいろな生命と同じように少しずつ違いがうまれます。人の手がうんだものだから、それはとても当たり前のこと。つくり手の眼差しが、ものから見えてくるようです。

「Found MUJI 印度の布2」では「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」のデザイナー皆川明さんと旅をしてつくったインドの布をご紹介します。カットワーク、ブロックプリント、カディ、手織のマットなど伝統的な手仕事と、皆川さんの目で見たインドが出会ったとき、どのような布がうまれるのでしょう。布に込められた手のメッセージを感じてください。
 

【代表的な商品】
シェニール手織マット、アップリケクッションカバー、手紡ぎ手織カディスロー、ブロックプリント多用布、ブロックプリント手提げ  ※商品は予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

【開催概要】
「Found MUJI印度の布2」
開催期間 : 2017年4月28日(金)~2017年6月22日(木) ※有楽町、Found MUJI 青山
                 2017年5月12日(金)~7月6日(木) ※その他店舗
開催店舗 : Found MUJI 青山/有楽町/シエスタハコダテ/池袋西武/丸井吉祥寺/テラスモール湘南/
               名古屋名鉄百貨店/イオンモールKYOTO/京都BAL/グランフロント大阪/神戸BAL/
               広島パルコ/MUJIキャナルシティ博多
            ※開催店舗は変更になる場合があります。

 

 

 

無印良品はもともと、ものをつくるというよりは、「探す、見つけ出す」という姿勢で生活を見つめてきました。永く、すたれることなく活かされてきた日用品を、世界中から探し出し、それを生活や文化、習慣の変化に合わせて少しだけ改良し、適正な価格で再生してきました。2003年からは、この活動を「Found MUJI(見出されたMUJI)」と名付け、さらに世界の細部にまで入り込みながらよいものを探す旅をはじめました。見出されたモノたちの中には、そのままの品質ではわたしたちの生活に入りにくいものもあります。それらを今の生活の品質基準に合わせて、作者と対話しながら改良し、無印良品のものとして仕立て直します。

よいものを探す目を磨き、そのもののエッセンスを残しつつ、それらを現代の生活に合わせてさらによくしていく。Found MUJIは、無印良品と皆様が一緒になって行う活動です。
http://www.muji.net/foundmuji/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.03.01)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ