中川政七商店「日本全国まめ郷土玩具標本」数量限定で発売

 

各都道府県を代表する郷土玩具フィギュア47体が勢ぞろい!
漆仕立てのひな壇付き「日本全国まめ郷土玩具標本」
数量限定発売のご案内

 

1716年創業の奈良の老舗、株式会社中川政七商店は、日本全国の郷土玩具をモチーフにしたフィギュアシリーズ「日本全国まめ郷土玩具蒐集(にっぽんぜんこくまめきょうどがんぐしゅうしゅう)」のコンプリートセット「日本全国まめ郷土玩具標本」を数量限定 100セットで発売します。
 
各都道府県から選び抜いた郷土玩具をかわいらしく、郷土色豊かに仕上げた全47体のフィギュアと、漆のひな壇をセットにしました。モチーフになった実際の郷土玩具には、子どもの健全な成長や、良縁、厄除け祈願など種々の祈りが込められた縁起物として扱われているものも多数。そんな縁起のいいものが集まったお飾りは、年末年始の贈りものにもおすすめです。

 

 


日本全国まめ郷土玩具標本[新商品]

・海洋堂制作によるフィギュア
フィギュアの制作は、造形物の精巧さ・センスにおいて世界屈指の水準を誇る海洋堂によるもの。実際の郷土玩具の紙のシワや木の質感などの素材感までをも細やかに再現されています。

 

 

・職人の手塗りによる漆のひな壇
拭き漆によって美しく仕上げられた7 色の色鮮やかなひな壇。塗りは福井県鯖江市で越前漆器を200 年に渡りつくり続けている漆琳堂の手作業。天然木に色漆と拭き漆を塗り重ねることで、透明感のある色鮮やかなひな壇が完成しました。

 

【商品概要】
全47体のフィギュアと漆のひな壇コンプリートセット
フィギュア:郷土玩具フィギュア47体
ひな壇:檜(325×450×145cm)
価格:55,000円
※限定 100セット


海洋堂 特設ページ http://kaiyodo.co.jp/nakagawa/
漆琳堂 公式サイト http://www.shitsurindo.com/

 

 


「日本全国まめ郷土玩具蒐集」のフィギュアを地域ごとに一箱に集めました。標本でまとまったフィギュアを手に入れるも良しガチャガチャでフィギュアひとつずつの出会いを味わうも良し。どの郷土玩具にも地方独特の文化や産業から生まれた手わざが詰め込まれているので、フィギュアをきっかけに、日本各地に生息する本物の郷土玩具探しに出掛ければ、新たな旅の愉しみに。

 

【商品概要】
<北海道・東北の巻>
・木彫り熊(北海道)
・イタヤ細工(秋田県)
・笹野彫り にわとり(山形県)
・鳴子こけし(宮城県)
 3,000円

 

 

 

 

【商品概要】
<関東の巻>
・きびがら細工 未(栃木県)
・那珂湊張子(茨城県)
・高崎だるま(群馬県)
・船渡張子(埼玉県)
・犬張子(東京都)
・横浜開港人形(神奈川県)
3,400円

 

 

 

 

【商品概要】
<中部の巻>
・三角だるま(新潟県)
・鳩車(長野県)
・静岡張子 祝鯛(静岡県)
・米喰い鼠(石川県)
・雪人形(福井県)
 3,000円

 

 

 

【商品概要】
<近畿の巻>
・草津張子(滋賀県)
・伊勢の練り物 タコ(三重県)
・伏見人形(京都府)
・相撲人形(大阪府)
・張子鹿(奈良県)
・那智の火祭り人形(和歌山県)
 3,400円

 

 

 

 

 

 

【商品概要】
<中国・四国の巻>
・倉吉張子(鳥取県)
・吉備津土人形 猿(岡山県)
・張子虎(島根県)
・金魚提灯(山口県)
・嫁入り人形(香川県)
・姫だるま(愛媛県)
 3,400円

 

 

 

【商品概要】
<九州・沖縄の巻>
・うそ(福岡県)
・赤兵子天神(大分県)
・うずら車(宮崎県)
・木の葉猿(熊本県)
・尾崎人形 赤毛の子守(佐賀県)
・チンチン馬(沖縄県)
 3,400円

 

 

 

■日本全国まめ郷土玩具蒐集とは?
ガチャガチャを純粋に楽しんでいただくことで、日本から失われゆく郷土玩具を少しでも多くの方が知るきっかけとなり、その存続の一助となることを願い生まれました。商品名の「蒐集」は、「趣味や研究などのために、ある種の物や資料をたくさん集める」ということ。未来へ残していく標本をイメージし、命名いたしました。2014年 10月に第一弾が登場して以来、地域ごとの個性あふれるフィギュアを展開し、日本のものづくりの魅力をお伝えしてきた同シリーズ。当社が創業三百周年を迎えた 2016年の11月に発売された第 7弾を以って、47都道府県を代表する郷土玩具 47種が勢ぞろいいたしました。

 

 


 

中川政七商店
http://www.yu-nakagawa.co.jp/top/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2016.12.01)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ