ガイアックス 「永田町にシェアオフィス 「Nagatacho GRID」来春オープン

 

 


ガイアックス 日本で一番シェアを体験できるビル「Nagatacho GRID」来春オープン
それに先駆けて11月24日「MIDORI.so Nagatacho」共同運営オープン

 

株式会社ガイアックスは、蔦で覆われた外観で有名なクリエイティビティに富んだ「みどり荘」など、数々のシェアオフィスを運営するMirai Institute株式会社へ出資を実施いたしました。


ガイアックスは今後、様々なシェアリングサービスが体験でき、入居者同士の共助を実現する”日本で一番シェアを体験できるビル“「Nagatacho GRID」(東京都千代田区)を来年2月に正式オープンします。Nagatacho GRIDにはガイアックスの本社が入居するほか、様々なシェア事業者やスタートアップ企業が集まるシェアオフィスとして展開していきます。

 


それに先駆けて11月24日にNagatacho GRIDの5Fに、Mirai Instituteとガイアックスで共同運営するMIDORI.so Nagatachoがオープンしました。

Mirai Instituteは、特色あるシェアオフィスとその経営哲学に定評のある黒崎輝男氏が代表を務めます。「IDEE」創業者であり、国連大学のFarmer’s Marketや表参道のCOMMUNE246を手がけるなど国内外のデザインシーンで活躍する黒崎輝男氏がデザインやクリエイティブの力で、世の中の働き方改革に取り組んでいます。

そのMirai Instituteの第一号モデルケースとして、みどり荘プロジェクトが開始されました。みどり荘には様々な仕事・国籍・趣味・考えを持つメンバーが集まり、その混沌を通して新しい発想が生まれる場を提供し、入居する新鋭クリエイターをはじめとしたそれぞれのプロフェッショナルたちが成功し、次々と巣立つことができるよう設計されています。Mirai Instituteは、みどり荘での成功を皮切りにCOMMUNE246のMIDORI.so2など、数々の特色あるシェアオフィスを展開し、その独特な経営ノウハウを確立しました。

 

 

 

 

 

シェアリングエコノミーおよびインキュベーション事業強化のため協業を加速する現在、ガイアックスはシェアリングエコノミーおよび、それに関連したインキュベーション事業に注力をしております。そして、よりシェアリングエコノミー市場を活性化させ、インキュベーション事業を加速させるため、様々な分野の人材の協働が促進される環境が強く求められていました。

これはガイアックスが掲げるミッション「人と人をつなげる」ことの具体化にほかならず、Nagatacho GRIDが、企業、フリーランス、政治家、学生、NPOなどの多様な価値観を持つ人が幅広く交わり、ビジョンを共有し、社会変革が達成される場になると考えています。GRIDのスローガンは「ON THE GRID, OFF THE GRID. つながろう、自由になろう」。多様な価値観が集まり、考えや行動をシェアし、フラットにつながって、社会に何かを仕掛けていくことを狙いとしています。

一方、Mirai Instituteも新しく大きなプロジェクトに取り掛かるべく協業先を探しており、今回の出資および新オフィス移転プロジェクトの協業にいたりました。

 

 

 

 

 

 



| フリーランス、クリエイター、スタートアップ、企業の新規事業担当、NPO、自治体が集結

入居予定者・予定法人は、MIDORI.so Nagatachoに入居する多種多様なメンバーのほか、一般社団法人シェアリングエコノミー協会、空きスペース・駐車場シェアの軒先株式会社、不動産クラウドファンディングの株式会社クラウドリアリティ、ミールシェアの株式会社Tadaku、長距離ライドシェアの株式会社nottecoなどが予定されています。みどり荘のネットワークを活かして永田町に集まりづらいフリーランス、クリエイター、企業の新規事業担当の利用や、逆に永田町の立地を活かし都心へのサテライトオフィスとしてNPOや地方自治体など公共機関の利用を見込んでいます。

 


| MIDORI.soの持つコワーキングスペースのコミュニケーション力を活用

今回の協業ではMirai Instituteのノウハウを活かした、クリエイティブなシェアオフィスの提供を計画しております。そのため、Nagatacho GRIDは、キッチン、シャワー、仮眠室、各種セミナールームを完備し、様々なイベントを開催することを予定しており交流機会に溢れた設備体制となっています。

 

 

| 組織が大きくなれば、フロア移動。1名から最大40名の組織の入居が可能なシェアオフィス

さらにNagatacho GRIDの特色として、永田町のビルを丸一棟リノベーションし、1名から最大40名までの組織の入居が可能な様々なサイズのオフィススペースが用意されています。組織が拡大しても、フロアを移動することで、Nagatacho GRIDを引き続き利用できるよう設計されています。現在、Nagatacho GRIDおよびMIDORI.so Nagatachoへの入居希望者の募集、内覧を開催しています。

 

 

 

 

 

 

【施設概要】
名称:Nagatacho GRID (ナガタチョウ グリッド)
所在地:東京都千代田区平河町2-5-3
規模 :地上6階 地下1階
設備:会議室、セミナールーム、仮眠室、シャワー、キッチン完備
アクセス:地下鉄東京メトロ半蔵門線・南北線・有楽町線 「永田町駅」4番、5番、9番b出口より徒歩2分
      銀座線、丸ノ内線 「赤坂見附駅」 7番出口より徒歩5分

■関連URL
Nagatacho GRID https://grid.tokyo.jp/

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2016.11.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ