JR東日本最大規模のエキナカ商業施設が東京駅に誕生!「グランスタ東京」8月3日(月)開業


 

 

「TRY NEW TOKYO ST.」
~今までにないエキナカ空間で新たな出逢いを提供~
JR東日本最大規模のエキナカ商業施設が東京駅に誕生
東京駅「グランスタ東京」2020年8月3日(月)に開


 

 

JR東日本グループの株式会社鉄道会館は、2020年8月3日(月)に開業するエキナカ商業施設「グランスタ東京」は、JR東日本とともに進めてきた東京駅北通路周辺整備によって新たに生み出されたスペースに66店舗が出店します。既設の88店舗と合わせて154店舗・約11,300㎡に及ぶJR東日本最大規模のエキナカ商業施設が誕生。「TRY NEW TOKYO ST.」をコンセプトとした新業態店舗やエキナカ初出店の店舗、駅機能の拡充により、東京駅に今までにないエキナカ空間を創造します。

開業に併せて公開された施設情報を一部ですが紹介します。

エキナカ商業施設「グランスタ東京」

 HP:http://www.tokyoinfo.com

 

 

|   「TRY NEW TOKYO ST.」 -今までにないエキナカ空間で新たな出逢いを提供-

「グランスタ東京」は、「 TRY NEW TOKYO ST. 」(トライニュートーキョーステーション)をコンセプトとして、エキナカ初登場の店舗や駅機能の拡充により、今までにないエキナカ空間を創造します。東京駅利用者のニーズを満たすことを超えた、新たな出会いや発見を創出することにより、今までのエキナカの概念を超える新体験を提供します。
 

■ 「JR東日本最大規模のエキナカ商業施設誕生」
東京駅の1階、地下1階にわたる全154店舗・店舗面積約11,300㎡(※)の規模で展開。
(※) 新設の66店舗・6500㎡と、既設の88店舗・4800㎡を合算した数値です。

■ 「東京駅エキナカ新広場“スクエア ゼロ”が誕生」
東京駅初の本格的なイベントスペース機能で日本の魅力を発信・発見。

■ 「エキナカで老舗・名店の美食探求」
エキナカ初登場の老舗や名店など34店舗・合計約1,000席分の飲食店が新たに出店。

■ 「“エキナカ初” “新・東京土産”が多数登場」
エキナカ初登場や新ブランドの店舗から20種類以上の限定商品が登場。

■ 「新たな発見と感動をお届け」
・新幹線や高速バスにより日本全国から“朝獲れ”等の高鮮度な魚介類が集結。
・エキナカで“ハシゴ酒”を楽しめる「横丁エリア」が誕生。
・食堂車を再現した“鉄道レストラン”が誕生。

 

 

 

|施設全体を紹介

【環境】

●  「お客さまに分かりやすく」 グランスタをはじめとする運営施設のブランドを刷新・統一

鉄道会館は「お客さまにとっての分かりやすさ」という視点にたち 、「グランスタ東京」開業に合わせ運営施設のブランドを刷新・統一します。ブランドアイデンティティ制作には、「国立科学博物館」のシンボルマークデザインなどを手掛け、NHK Eテレ「デザインあ」総合指導なども務めるグラフィックデザイナーの佐藤 卓氏を起用。

 

●  東京駅エキナカ新広場「スクエア ゼロ」が誕生

・高さ約6.9メートルの3本のデジタルサイネージ「モノリス」をはじめとしたデジタルサイネージによる情報発信・空間演出機能

 

 ■ 東京駅初の本格的な“イベントスペース機能”
・東京駅初となる飲食イベントも開催可能な衛生設備
・扉などで閉鎖することで世界観も演出可能な空間

■ 東京駅を楽しく快適にする“待合い空間機能”
・希少な鉄道関連グッズなどを展示するショーケースによる情報発信
・待ち合わせスポットとなる文字盤をすべて「0」でデザインした印象的な時計
・携帯充電スタンド2本を設置し壁面を緑化した便利で快適な空間



 

● 東京・江戸にまつわる本物の伝統工芸を取り入れた環境装飾で伝統美を世界に発信

「グランスタ東京」内の通路では本物の伝統工芸を配した環境装飾で、東京・江戸の伝統美や文化を伝えます。東京の魅力を世界に発信するとともに、洗練された伝統美をお楽しみいただけます。


ヨーロッパのカットガラスの技法を取り入れた「江戸切子」の電工パネル

 


竹、ヨシ、ハギなどの天然素材を使用した「江戸暖簾」を取り入れたデザインの壁面パネル


金属製の素地の上に色ガラスの粉の釉薬を高温で焼きつけた「東京七宝」

 


 

● 新改札口「グランスタ地下北口」でよりスムーズな移動が可能に

「グランスタ東京」の開業に合わせて、東京駅の丸の内側と八重洲側を地下でつなぐ「北地下自由通路」に直結する改札口「グランスタ地下北口」が、JR東日本により新設されます。

今までは主に八重洲側、丸の内側に設置されていた改札口が初めて中間地点に新設されたことで、改札内外のよりスムーズな移動が可能となります。
(営業時間) 7:00~23:00 ※IC専用改札となります。

 

 

● 水景を利用したトイレで洗練と癒しの空間を演出

「グランスタ東京」内に、水景をテーマとした個性的なトイレが登場。様々な演出で癒しを提供する他、ICTを利用した空室表示も備えます。


・入口にはバカン社のICT技術を用い空き状況を表示しています。
 


・入口に大型サイネージを設置。水景をテーマとした映像でお客さまを迎えます。

 


・手洗いには水が壁を流れる装飾を設置し水景のコンセプトを表現
 


・トイレブース内では鉄道で訪れることのできる日本全国の水景を紹介。個室毎に 異なる写真を用い、お客さまに新発見を提供します。

 

 

【物販】

● 「ここでしか出会えないデザインプロダクトが一堂に集結」

「IDEE TOKYO」 (デザインプロダクト&ギャラリー)

インテリアブランド イデー(IDEE)の新業態が登場。深澤直人さんと共にキュレーションした、このお店でしか出会えないデザインプロダクトを一堂に集結。商品の展示・販売からデザイナー・アーティスト・職人の発掘まで、暮らしをリファインする「もの」や「こと」を発信します。また、店内にはギャラリーも併設し、国や時代性、有名無名に関係なく、独自編集で企画や展示会を開催する予定です。



 

● 匠の技やアーティストのクリエイティビティで、
  気づき・学び・驚きの詰まったショップをバラエティ豊かに展開

日本の技術に支えられた四季折々の服や服飾雑貨などを約750点取り揃える「中川政七商店 分店 服」は、300年前、「麻」の商いから始まった中川政七商店による、「服と暮らし、服と生き方」をテーマにしたアパレルアイテムに特化した初の試みとなる店舗です。

「中川政七商店 分店 服」 (衣服・服飾雑貨専門店)
 

 

その他、アーティスト、イラストレーターによる、オリジナル雑貨や旅をテーマしたミュージアムショップ・ 次世代ギャラリーや、さまざまな文化が融合したまち「東京」を切り取って編集したおみやげもの屋などがバラエティ豊かに展開します。


「TOKYO!!!」 (雑貨土産)


 

 

● 名店・人気店がエキナカに初出店!東京初となる販売スタイルや限定商品も展開


「ガトーフェスタ ハラダ」 (洋菓子)イメージ

明治34年に創業し、看板商品のガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」などで根強い人気を誇る「ガトーフェスタ ハラダ」が、常設店としてエキナカに初登場。旗艦店として本店を彷彿とさせるラグジュアリーな店内空間で、カフェ併設やソフトクリーム販売などの東京初となる取り組みの他、「グーテ・デ・ロワ」をはじめとしたお菓子をお一つから販売します。パリの老舗パティスリーメゾン「ラデュレ」も初登場します。東京駅に到着したパリジェンヌを描いたメタルボックスに4種類のサブレを詰め合わせた「パリジェンヌ in Tokyo」等の限定商品も展開します。



 

【飲食】

● 「エキナカで新たな出逢い」 新ブランド・エキナカ初など66店舗が東京駅に新たに出店

「エキナカで美食を探求」 東京駅の名物となる新店舗やエキナカ初登場の老舗・名店が登場。


洋食レストラン「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」

風格漂う食堂車両を再現し店内に配した、東京駅のシンボルとなる食事空間を提供する洋食レストラン「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」 は、食堂車、ロビーカー、コンパートメント、テラスと4つの異なるゾーンにて、食堂車時代から80余年の歴史を伝承し、独自の製法で進化させたデミグラスソースを使用した「食堂長自慢のスペシャルハヤシライス」など懐かしくも新しい洋食をお楽しみいただけます。また、明治22年創業の西洋料理「東洋軒 東京ステーション」 では、松阪牛を使用した「ロイヤルブラックカレー」や松阪牛ステーキ、伊勢湾産の伊勢海老や鮑を使用した西洋料理をお楽しみいただけます。

 


● 「駅であることを忘れて飲食を楽しむ」 エキナカに新たな飲食ゾーンが誕生

喧騒から離れ、駅であることを忘れて楽しめる飲食ゾーンの誕生です。


「横丁エリア」はこだわりのフードとお酒を楽しめる個性的な6店舗が軒を連ねます。全店舗にスタンディングカウンターを備え、気軽に“エキナカハシゴ酒”が楽しめます。

スタンダードから入手困難なレアものまで全国の蒸留所から揃えた国産ウイスキーに特化したバー「Craft Japanese Malt Whisky SAKURA」や、中国の点心師とミシュランシェフによるオリジナルの餃子とそれに合わせるためだけに福建省のウーロン茶から作ったビールとのマリアージュをお楽しみいただける「東京ギョーザスタンド ウーロン」 など、個性的なお店が並びます。


 

B1「横丁エリア」のエレベータを登ると1階の「フードホールエリア」になります。店舗ごとの区切りを感じさせない開放的な空間で、モーニング、ランチやカフェ、カジュアルディナーと駅のあらゆるシーンでご利用いただけます。駅であることを忘れて飲食が堪能できるカジュアルなゾーンです。


カジュアルなディナーがいただけるフードホールエリア

 

また新幹線乗り場と直結した1階は旅の出発前、到着後にゆったりとご利用できる飲食エリアです。

 

 

【施設概要】
グランスタ東京
所 在:: 東京都千代田区丸の内 1-9-1 JR 東日本東京駅 1階・地下1階 ※改札内外
ショップ業種: スイーツ、飲食店、ベーカリー、カフェ、デリ、雑貨、駅弁、グロサリー、コスメ、フラワー
店舗面積:: (新設)約 6,500㎡ / (既設)約4,800㎡ / (合計)約11,300㎡
店舗数: (新設) 66店舗 / (既設)88店舗 / (合計)154店舗
開 業 日: 8月3日(月) ※8月3日(月)開業の店舗は10:00より開店いたします。

エキナカ商業施設「グランスタ東京」
HP:http://www.tokyoinfo.com

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2020.08.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ