建築家・谷尻誠氏デザイン 家具キットストア「MaKeT」がオープン

デザイン家具をつくる楽しさと一緒にパッケージ
建築家・谷尻誠氏デザイン 家具キットストア「MaKeT」がオープン!


株式会社CROSS BORDERSは、2013年8月8日(木)、建築家・谷尻 誠氏が中心となりデザイン・設計をした家具のDIYキットストア「MaKeT」(マケット) をオープンします。

MaKeT URL https://maket.cc/

■MaKeTとは
MaKeTとは谷尻誠氏が自邸の家具を自作した際に感じた、ものづくりの「楽しさ」「満足感」「つくったものへの愛着」を、たくさんの人と分かち合いたいという思いからスタートしたプロジェクト。MaKeT STOREは谷尻誠氏を中心としてデザインされた家具のDIYキットを販売するネットショップです。

 

 

■MaKeTの特長
1.デザイン性+つくりやすさを両立
DIY初心者でもつくれる設計を前提としながらも、デザイン性の高い家具を谷尻誠氏が中心となって設計。従来のDIYの概念にとらわれないデザイン性、楽しさ、つくりやすさと完成品に対する高い満足感を提供します。

2.必要な材料をキットでお届け
すでにカットされた木材と、必要なネジやパーツをセットしたキットでお届けします。(カットされたDIY用木材であり、組み立て式家具ではありません)。詳細な組立説明図も同梱されているため、初心者の方でも迷うことなく組立が行えます。

3.めんどうなツール類もパッケージ
DIY初心者の方向けに、定規や軍手といった細々としたツールもパッケージでご提供。また、家具塗装用のペンキやワックスもオプションで選択可能です。ツール類を買いそろえる手間を省くことで、どなたでも「つくる楽しさ」をすぐに体験できます。

 

 

4.キリ・ワレ保証で失敗してもリカバリー
MaKeTの木ネジは、「木割れ防止ビス」を使用。下穴を開けなくても木割れしにくく、より簡単に組立が行えます。もし、組立の過程で木が割れてしまったり、加工に失敗しても、30日以内なら何度でも破損した部材を無料でお届けします(送料はお客様負担)。

5.選べるオプション: 斜めカット&穴あけオプション
MaKeTのキットは、プレカットされた木材と木ねじ・パーツのセットです。ただし家具によっては、斜め方向のカットや穴あけなどの特殊加工が必要なものもあります。こうした加工が難しいという方へ、オプションで特殊加工サービスもご提供。 どなたでも手軽にはじめられます。

6.みんなの力で広がるアイデア
MaKeTのキットの設計図は、会員登録をすることで無料でダウンロードできます。サイズや仕様を変更して、自分で材料を購入してつくっていただいてもかまいません。そうした工夫をみんなでシェアし、新たなキット開発や、ユーザーによるマーケットプレイスとしての展開なども予定しています。

※設計図のライセンス管理はクリエイティブ・コモンズを採用しています


■販売アイテム(一部抜粋)

 

 

 

 


谷尻 誠(Makoto Tanijiri )
suppose design office 代表
1974年広島県生まれ。94年穴吹デザイン専門学校卒業後、設計事務所勤務を経て、2000年建築設計事務所Suppose design office設立。建築をベースとして、新しい考え方や、新しい建もの、新しい関係を発見し、常に目の前にある状況で、見つけることが可能な新しさを提案し続けている。現在、穴吹デザイン専門学校非常勤講師、広島女学院大学客員教授を務める。
http://www.suppose.jp/
 

 

株式会社CROSS BORDERS
代表者 村上 亮 2005年8月設立 
東京都渋谷区に本社を置く最先端デジタルメディアサービス企画開発会社。ジャンルにとらわれない多彩な分野において数々の斬新なサービス開拓に取り組む。代表的な開発プロデュース事例に日本最大級の総合旅行ECサイトH.I.S.スマートフォンサイト、細川護熙元首相と共同で手掛け、伝統芸術のデジタルメディア活用が大きな話題を呼んだiPadアプリ 細川家の名宝【英名:SAMURAI ART】、m-flo ☆Taku Takahashi主宰ダンスミュージック専門インターネットラジオ局 Block FM、2011年App Storeベストアプリケーションに輝いたiPhoneアプリ 資生堂ビジン道場、ファッション・カルチャーシーンに多大な影響力を誇るウェブマガジン ハニカムなどがある。
http://www.xbs.co.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-7  /  更新日:2013.08.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ