イケア 今秋から発売のマリメッココラボレーションを含む4つのコレクションを紹介

 

 

マリメッコとのコラボレーション「BASTUA / バストゥア」
を含む4つのコレクション最新情報を一挙ご紹介
今秋から2023年にかけて発売予定

 

 

イケアは、今秋から2023年にかけて発売予定の新たなコレクションを、ヘルシンボリ国際都市博覧会(以下、H22 City Expo)とミラノデザインウィークにて発表しました。


今回お披露目したコレクションおよびコラボレーターは、以下の通りです。

1. 「BASTUA/バストゥア」 マリメッコ
2. 「OBEGRÄNSAD/オーベグレンサッド」 Swedish House Mafia
3. 「VARMBLIXT/ヴァルムブリクスト」 デザイナーSabine Marcelis
4. ラテンアメリカのクリエイター9人との新たなコラボレーション


 

1.BASTUA/バストゥア :意味は「サウナ」、ルバーブの葉から着想を得た限定プリント!

マリメッコとのコレクション限定プリント(右図)が5月30日に初めてお披露目されました。BASTUA/バストゥアとは、イケア創業の地であるスウェーデン スモーランド地方のサウナを表す言葉です。この柄は、フィンランドの田舎にあるサウナの建物の横によく見られる、独特の大きなルバーブの葉からインスピレーションを得ています。限定プリントは、リサイクルポリエステル製シャワーカーテンに採用される予定です。


参照:イケアとマリメッコがサウナ文化から着想を得た限定コレクションを共同開発
2022年4月 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000065734.html

 

 

 

 

2.OBEGRÄNSAD/オーベグレンサッド:意味は「無限大」、Swedish House Mafiaとのコラボレーション商品がついに一部公開!

エレクトロニック音楽のパイオニアSwedish House MafiaとコラボレーションしたOBEGRÄNSAD/オーベグレンサッド コレクションから、新たに3商品が6月9日にお披露目されました。OBEGRÄNSAD/オーベグレンサッドは、スウェーデン語で「無限大」を意味し、ターゲットとなる「予算は限られているが無限大の創造力をもつ人」を表しています。このコレクションが目指すのは、家での音楽制作活動が普及していくこと、そして多くの人が情熱と創造力を発揮できるようになることです。今回新たに公開されたデスク、アームチェア、レコードプレーヤーは、いずれも自宅でプロフェッショナルなクオリティの音楽を制作するという世界のトレンドに応え、イケアならではの手ごろな価格で完璧なホームスタジオを作るために欠かせないアイテムです。

 

 

 

 

 

 

また、ひと足先にお披露目された、大人気なイケアのブルーバッグ、FRAKTA/フラクタ バッグのリミックスバージョンは、音楽クリエイターやファンが外出時に持ち歩ける機能的なバッグです。ケーブルやコードなど音楽制作に必要なアクセサリーを収納するバッグ、ラップトップ用バッグ、そしてレコードを収納する大きめのバッグと、それぞれに異なる機能性を兼ね備えています。

 

3.VARMBLIXT/ヴァルムブリクスト コレクション
シグネチャー商品、LEDウォールランプ2種類が6月8日に初公開されました。オランダ ロッテルダム在住のデザイナーSabine Marcelisとのコラボレーションにより誕生したコレクションです。光が、住まいの外観や雰囲気、質感をどのように変えることができるのか、新たな好奇心を呼び起こすようなデザインとなっています。

 

 


4.新たにイケアが、ラテンアメリカのクリエイター9人とコラボレーションすることを6月7日に発表
イケアはドミニカ共和国とメキシコに続き、今後チリ、コロンビア、ペルーを含むラテンアメリカ各国に展開していきたいと考えており、コレクションにはラテンアメリカの伝統を称賛する意味が込められています。商品は2023年に公開を予定しています。コラボレーションには、アート、ファッション、デザイン、建築、フードなど、多岐にわたるクリエイターが参画しています。人々が食事や音楽を囲みながら人生を謳歌し、素晴らしい時間を過ごすための雰囲気を作り出し、スキルセットやスペース、予算の制約に関係なく、人々を勇気づけ、支援する商品を展開する予定です。

 

 

イケア・ジャパンの記事をもっとみる>>>>>>>>

 

 

ikea_logo.png

http://www.ikea.com/jp/ja/

 

 

(文:制作 イケア・ジャパン_PR制作部_2  /  更新日:2022.06.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ