ジャパンデザインの基層と先端展

 

日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)は、1952年に25名のインダストリアルデザイナーによって設立され、ことし創立60周年を迎えます。日本のインダストリアルデザインの歩みは、戦後間もない復興の中、美しく豊かな生活を創りあげるために始まりました。高度経済成長を背景に人々の暮らしや社会、産業の発展に大きく寄与してきました。産業デザインは、鉄道や自動車から家電製品、食品のパッケージに至るまで幅広く、人々の意識を超えるほど多岐にわたり日常生活に浸透しています。
本展は、新たな時代へと変化を遂げようとする今、産業デザインにとっても大きな節目を迎えるこの機に、デザインのこれまでとこれからを俯瞰するものです。それぞれの時代の出来事と当時を反映した工業製品を展示することで、時代の流れの中でインダストリアルデザインの役割と足跡を振り返ります。

http://www.jida.or.jp/

 

左から、マツダ 三輪トラック 、富士通デザインアワードグランプリ作品 「The Aid」、ホンダ ASIMO

 

会場構成


<デザインの基層>
それぞれの時代の出来事とその時代を反映した工業製品を展示。歴史の中でインダストリアルデザインの足跡を紹介し、デザインの変わらない本質を感じとる。


<デザインの先端>
家電製品や自動車メーカー各社(JIDA賛助企業)が提案するアドバンスデザインとデザイナーが込めた「明るい未来」へのメッセージを展示。「こころ豊かな生活環境と文化の実現を目指し、社会の持続的発展に寄与する」というビジョンを掲げる各社が描く未来を展望する。
展示協力(予定):いすゞ自動車、東芝、富士通デザイン、本田技研工業


<JIDAの活動>
インダストリアルデザインとその組織のこれまでとこれからを発信。

 

同時開催


□インダストリアルデザイン、 [Re-Start]
>>詳細はこちら

□プロと卵のエコデザイン展/3F OZONEプラザ
今年10周年を迎えるエコをテーマに開催したプロと学生の展示

□JIDA Junior展/7F リビングデザインギャラリー
JIDA学生会員の活動報告と学生から観たこれからのくらしを展示

□企業展示:プロが使う先端のデザインツール展/2F オープンデッキギャラリー
デザインの現場を垣間見ることができる最先端のデザインツールを紹介

□東日本デザインネットワーク展/1F ギャラリー1
東日本ブロックに所属するインダストリアルデザイン関連事業の紹介

□これからのくらし展/1F ギャラリー1
乗物・灯り・素材・道具等、これからのくらしを形成するデザインを提案

 


連動企画>>一覧・申込はこちら

□60周年記念式典&記念講演会「デザインの創発的未来」
2012年11月22日(木)/3Fパークタワーホール

□プロと卵のエコデザイン展の連動セミナー「「持続可能なデザインを再考する」-エコ・ジレンマから見えるあたらしい視点-」
2012年11月24日(土)/8F セミナールーム

□連動セミナー「デザイナーのための意匠制度活用法」
2012年11月26日(月)/8F セミナールーム

□記念シンポジウム「ジャパンデザインの行方 デザインの基層と先端」
2012年11月27日(火)/3F パークタワーホール

□連動セミナー「カラーユニバーサルデザイン トークセッション」
2012年11月30日(金)/8F セミナールーム

□連動セミナー「没後31年・インダストリアルデザイナー小杉二郎の仕事」
2012年12月1日(土)/8F セミナールーム

 


[開催概要]

会 期:2012年11月22日(木)~12月4日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
時 間:10:30~19:00
会 場:新宿パークタワー1F ギャラリー3
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
主 催:公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会
後 援:経済産業省 他
特別協力:リビングデザインセンターOZONE 他
入場料:無料
問い合わせ先:03-5322-6500(10:30~19:00 水曜日休館)

 

(文:リビングデザインセンターOZONE  /  更新日:2012.11.05)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ