「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」 パナソニック汐留美術館にて開催

 

 

ラウル・デュフィ展
絵画とテキスタイル・デザイン
パナソニック汐留美術館にて開催

 

 

パナソニック汐留美術館では、「ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン 」を2019年10月5日(土)~12月15日(日)まで開催します。


華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の作品で、現代でも多くの人々を惹きつける画家ラウル・デュフィ(1877-1953)。本展では、モダンで優美な絵画と、モードの帝王ポール・ポワレ(1879-1944)が使用した絹織物を含む、デュフィのテキスタイル・デザイン関連作品及び資料全152点を一堂に展示いたします。

陽光があふれる穏やかな南仏の海と活気ある室内を描いた≪ニースの窓辺≫をはじめ、音楽や社交をテーマとした油彩画など、生きる喜びに満ちた作品を描いたデュフィは、絵画制作に加えて、リヨンの絹織物製造業ビアンキーニ=フェリエ社のために1912年から28年までテキスタイルのデザインを提供していました。デュフィによる鮮やかな色彩と大胆なモチーフの布地は、上流階級の女性たちを魅了し大評判となりました。会場ではビアンキーニ=フェリエ社のアーカイブを引き継いだデュフィ・ビアンキーニから出品されるデザイン原画や下絵、オリジナルテキスタイル、プリント生地の為の試し刷りに加え復刻生産されたテキスタイルによる衣装作品などをご紹介いたします。

絵画とテキスタイル・デザインという二つの表現媒体を軽やかに越境しながら生み出された作品群を展観し、画家が目指した表現の本質と、デュフィの作品に付随する装飾性の意義に迫ります。

 

 

|   展覧会のみどころ


初期から晩年までのデュフィの優れた絵画作品
美術学校時代の優品≪グラン・ブルヴァールのカーニヴァル≫から晩年の≪花束≫まで、代表的な作例が16点出品されます。まばゆい海、窓や画中画の効果が印象的な室内、そして≪黄色いコンソール≫をはじめとする一連の音楽をテーマにした絵画など、国内の貴重なコレクションによってデュフィの画業の足跡をお目にかけます。
 

デュフィのテキスタイル・デザイン関連作品と資料が多数出品!
デュフィがビアンキーニ=フェリエ社のために手がけた布地のデザイン原画や下絵、当時のオリジナルの絹織物、版木や見本帳など116点が並びます。ポール・ポワレの衣装にも使用された生地≪貝殻と海の馬≫や、≪象〔デザイン原画〕≫などの作品にご注目ください。
 

デュフィ・デザインのテキスタイルを使用した衣装作品20点
ポール・ポワレ原案のドレスをモンジ・ギバンが現代的に解釈して制作した衣装や、クリスチャン・ラクロワやオリヴィエ・ラピドスがデュフィ・デザインの布地を使用して生み出したあでやかなドレス、英国の舞台衣装デザイナー、アンソニー・パウエルによる「マイ・フェア・レディ」の衣装など華麗なドレスが登場します。

 

 

■ 第 1 章  絵画 生きる喜び 陽光、海、そして音楽

画業の形成期は印象派やフォーヴィスム、セザンヌの影響を受け、時代の空気に反応した作品を制作しながら、表現の革新を続けたデュフィ。彼は、1920年前後にまばゆい光があふれる南仏のヴァンスに滞在して制作に没頭しました。その過程で光とフォルム、色に開眼し、独自の画風を獲得します。明るい色調とやわらいだ軽快な輪郭線、そして全体が優しく調和する絵画です。光と活気がみなぎる穏やかな海や、リズム感と一体感を感じるコンサートホール、着飾る個性的な人物など、人生の楽しみ、生きる喜びが明朗に歌い上げられています。



≪ニースの窓辺≫ 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵

 

 

■ 第 2 章 モードとの出会い

デュフィは1910年に詩人のアポリネールの依頼により、『動物詩集またはオルフェウスの行列』への挿絵を木版画で制作します。そこで見られるドラマチックな明暗表現とモダンで簡潔な構図はたいへん洗練されたものでした。その頃すでに知人であったファッション・デザイナーのポール・ポワレは、デュフィによるこうしたグラフィックの仕事を評価して、自身の店のレターヘッド他を発注するばかりか、テキスタイル制作所を設立し、デュフィと布地の共同開発を始めました。この活動は短期間のものでしたが、テキスタイル・デザインの仕事に関心を高めていたデュフィは、リヨンにあるビアンキーニ=フェリエ社と1912年に契約し、布地の図案を提供することになります。本章は、「パート1-『動物詩集またはオルフェウスの行列』と木版画からの展開」と、「パート2-ポール・ポワレ、ビアンキーニ=フェリエとのコラボレーション」の2グループに分けて展示いたします。

 


イヴニング・コート ≪ペルシア≫ ドレス・デザイン原案 ポール・ポワレ(1911年)
制作 モンジ・ギバン 2007年 絹 デュフィ・ビアンキーニ蔵

 


≪オルフェウスの行列≫ 1913年 絹織物 デュフィ・ビアンキーニ蔵

デュフィが『動物詩集またはオルフェウスの行列』のために制作した挿絵は、数多くのビアンキーニ=フェリエ社のテキスタイル・デザインのベースになった。

 

 

 

 

■ 第 3 章 花々と昆虫

1912年から1928年までの16年の間、本格的にテキスタイル・デザインに取り組んだデュフィ。布地の仕事への挑戦を通して、彼は絵画制作でも展開することとなる重要な手法を得ます。それは、色彩と輪郭線が依存しあわず、共に自律して画面上で調和する、デュフィならではの絵画の発展にもつながる重要な活動でした。本章は、現代でもテキスタイル・デザインでは重要な位置を占める花模様を中心に、「パート1-薔薇」、「パート2-様々な花」、「パート3-花と葉」、「パート4-昆虫」、とモチーフで4つに区分けし、身近な自然を斬新に図案化した作品群を詳細にご覧いただきます。デュフィの下絵や原画とそこから展開される織物やプリント生地、そして試し刷りに衣装など多岐にわたる出品作にご期待ください。
 


≪夏〔デザイン原画〕≫ 1925年 グワッシュ/紙 デュフィ・ビアンキーニ蔵

 

 

 


■ 第 4 章モダニティ

自然界から着想を得た作例のみならず、パーティーの情景や、スポーツをする人々といった近代的なテーマが色鮮やかに布地にも登場します。デュフィの絵画にもたびたび登場する都市生活の様子が、明快な色使いと簡潔ながらもストーリー性を感じさせる構図でまとめられ、テキスタイル・デザインにいっそう新しい境地を開拓しています。「あなたと同様に私たちも、モダン・スタイルのプリント生地には大いに期待できると思っています」とシャルル・ビアンキーニがデュフィに1919年に書き送っていることから、両者はおなじ志向をもってテキスタイル・デザインの改革を目指したことがわかります。本章は「パート1-モダン・ライフ」 、「パート2-幾何学模様」の2種類のテーマでご紹介いたします。

 


≪ヴァイオリン≫ 1989年(デザイン1914-20年頃) 毛織物 デュフィ・ビアンキーニ蔵



 

【開催概要】
展覧会名:ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン
会期:2019年10月5日(土)~12月15日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
      ※11月1日(金)、12月6日(金)は夜間開館
         午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
休館日:水曜日
入館料:一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、
           中・高校生:500円、小学生以下:無料
           ※20名以上の団体は100円割引
           ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主催:パナソニック汐留美術館、産経新聞社
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
企画協力:株式会社テモアン
https://panasonic.co.jp/ls/museum/

 

 

※2019年4月1日付けで、「パナソニック 汐留ミュージアム」の名称は「パナソニック汐留美術館」に変更になりました。


https://panasonic.co.jp/ls/museum/

 

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.11.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ