「北アルプス国際芸術祭 2020」ビジュアル・ディレクターに皆川 明氏

 


「北アルプス国際芸術祭 2020」
皆川 明氏がビジュアル・ ディレクターに就任
第一弾参加アーティスト発表

 

 

2020年5月31日(日)から7月19日(日)まで長野県大町市にて、「北アルプス国際芸術祭2020」を開催いたします。

北アルプス国際芸術祭2020のビジュアル・ディレクターに皆川 明氏が就任しました。芸術祭の新しいロゴ、メインビジュアルが完成、皆川氏のコンセプトとともに発表いたします。今後は芸術祭のビジュアル・ディレクターとして、ポスター等の広報物や公式グッズのデザイン、監修を担当いたします。また、第一弾参加アーティストが決定しました。

 

 

|  ビジュアル・ディレクターからのメッセージ


北アルプス国際芸術祭2020 メインビジュアルのデザインについて

北アルプス国際芸術祭の2020年度のメインビジュアルは、長野県大町市の自然の豊かさを表す『水、木、土、空』が大きなテーマとなっております。豊かな自然を循環する水が大気から雨となって土に降り、山々の木々を潤し、湖水となりまた蒸気となって空に上がっていく様子を、中綱湖と周囲の山々の写真とその上に描いた水を想起させるドローイングによって表現しました。

その水の循環は、アートが人々の心を豊かにし、喜びのある暮らしをつくり、多様な社会と自然との共生を生み、アートの創造へ繋がっていくことと重ね合わせることができます。芸術と環境が豊かな心と暮らしを創ることを、この北アルプス国際芸術祭から発信できることを願っています。

皆川 明

 


Photo by Takashi Okano

皆川 明  (みながわ あきら)
mina perhonen 代表、デザイナー
1995年にブランド「ミナ(現ミナ ペルホネン)」を設立。「特別な日常服」をテーマに、オリジナルのファブリックによる服作りを進め、国内外の生地産地と連携しながら素材・技術開発に精力的に取り組む。テキスタイルのリーディングカンパニーであるデンマークのKvadratやスウェーデンのKLIPPANなどのデザインも行う。瀬戸内・豊島の宿「ウミトタ」や京都の宿「京の温所」にデザインやディレクションで参加するなど、インテリアやホスピタリティのデザインへも思考を深めている。2019年11月16日より2020年2月16日まで、東京都現代美術館にて展覧会「ミナ ペルホネン/皆川 明 つづく」が開催される。

 

 

 

|  第一弾 参加作家

・青島左門[日本]
・淺井裕介[日本]
・川俣正[日本]
・カン・ヒジュン[韓国]
・木村崇人[日本]
・ジミー・リャオ[台湾]
・平田五郎[日本]
・布施知子[日本]
・マナル・アル・ドワイヤン[サウジアラビア]
・マーリア・ヴィルッカラ[フィンランド]
・目[日本]
・持田敦子[日本]
・李洪波[中国]

以上の13組のアーティストの参加が決定しました。今後2020年の開催までに約35組のアーティストを順次発表していきます。

 


淺井裕介 「土の泉」
北アルプス国際芸術祭 2017 作品
Photo by Tsuyoshi Hongo



平田五郎 「水面の風景―水の中の光~山間のモノリス」
北アルプス国際芸術祭 2017 作品
Photo by Tsuyoshi Hongo



目 「信濃大町実景舎」
北アルプス国際芸術祭 2017 作品
Photo by Tsuyoshi Hongo


 

 

【開催概要】
北アルプス国際芸術祭
会期:2020年5月31日(日)~7月19日(日) 50日間
開催地:長野県大町市

鑑賞パスポート:
一般前売券 2,000円(会期中 2,500円)
高校生前売券 1,000円(会期中 1,500円)
アートサイト個別鑑賞券:300円
※中学生(15歳)以下無料
※前売券販売時期:2019年11月上旬

名誉実行委員長:阿部 守一(長野県知事)
実行委員長:牛越 徹(大町市長)
総合ディレクター:北川 フラム
ビジュアル・ディレクター:皆川 明
出展作品数:新作30~35点、既存作品5点
URL:https://shinano-omachi.jp/

 


 

北アルプス国際芸術祭
「北アルプス国際芸術祭」は、長野県大町市、北アルプス山麓の地域資源を、地域の魅力を再発見する「アート」の力によって再認識し、世界に発信することで地域再生のきっかけとなることを目指して2017年に長野県で初めて開催し、会期中延べ43万5千人あまりが訪れました。



 

開催地・長野県大町市
長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くは「塩の道」千国街道(ちくにかいどう)の宿場町として栄えました。北の五竜岳から南の槍ヶ岳頂上までを収める市の面積は565㎢、市街地の標高は700m余りの典型的な内陸性の気候で、北アルプスの山々を映す仁科三湖や、豊富な温泉など自然にも恵まれたこの地域は、現在でも北アルプス登山の拠点として、黒部ダムを擁する山岳ルートである「立山黒部アルペンルート」の長野県側の玄関口として多くの観光客で賑わい、また、新たな価値観によるライフスタイルを模索するI・Uターンによる移住者も増加してはいます。しかし一方では、2014年5月に日本創成会議が発表した消滅可能性都市に上がるほど、過疎高齢化も深刻化しています。近年叫ばれる地球環境の危機や、日本の現代社会が直面する様々な課題、国境を超えたグローバリゼーションの流れの中で、活力ある地域として存在感を発揮するために、土地固有の地域資源を明らかにし、地域コミュニティを再生していく方法として、現代アートの力が注目を集めています。

 

 

(文:PR-T_PR制作部-2  /  更新日:2019.10.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ