安藤忠雄初期建築原図展―個の自立と対話」を開催~文化庁国立近現代建築資料館

 

 

 


安藤忠雄初期建築原図展
個の自立と対話
Early Drawings of Tadao Ando: Autonomy and Dialogue

 

 

 

文化庁国立近現代建築資料館にて2019年6月8日(土)~9月23日(祝・月)まで「安藤忠雄初期建築原図展―個の自立と対話」を開催。

安藤忠雄氏は1941年に大阪に生まれ、独学で建築を学び、69年にアトリエ(安藤忠雄建築研究所)を設立しました。今年でちょうど半世紀になりますが、この間に世界の各地で氏の建築が建てられ、さらに展覧会や講演会が開催され書店には氏に関する本が並んで、今や「世界のANDO」と言われ、世界で最も著名な現代建築家のひとりと評されるに至っています。

 

このたび、安藤氏の「初期」建築資料、すなわち1990年頃までの手描きによる建築設計図面とスケッチなどを用いて、「安藤忠雄初期建築原図展」を開催することになりました。「住吉の長屋」(1976)、「小篠邸」(81)、「六甲の集合住宅Ⅰ」(83)、「TIME’SⅠ」(84)、「城戸崎邸」(86)、「水の教会」(88)、「光の教会」(89)などの国内に現存する作品の図面が並びます。

 

展覧会のテーマ「個の自立と対話」は、都市・自然・光・歴史風土などとの対話を通して個々人が自らを見いだし、深め、自立するための空間づくりを追い求めた、「初期」の安藤氏が常に抱いていた思い(言い換えれば、基本理念・動機)を表すものです。


「私は1枚の図面の中に設計者の意思を凝縮させたい」と安藤氏は言います。実際、氏の「空間」に対する思いそのままに、平面図に断面図・透視図・アクソノメトリック図などを重ね合わせて3次元性を高めた精緻で美しい図面がたくさん展示されます。ぜひ、会場に足をお運びください。

 


 

【開催概要】
「安藤忠雄初期建築原図展―個の自立と対話」
Early Drawings of Tadao Ando: Autonomy and Dialogue
会期:2019年6月8日(土)~9月23日(祝・月)
開館時間: 10:00~16:30
開館日:会期中無休
会場:文化庁国立近現代建築資料館
        東京都文京区湯島4-6-15  → map
        (湯島地方合同庁舎内)
主催:文化庁
協力:公益財団法人東京都公園協会
実行委員会:伊藤毅(青山学院大学教授、東京大学名誉教授)
                  古山正雄(常翔学園顧問、京都工芸繊維大学名誉教授)
                  川向正人(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)
                  執筆協力: 笠原一人(京都工芸繊維大学助教)
入場料:平日は入館無料。湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
※土日祝の入場及び都立旧岩崎邸庭園と同時観覧の場合は、旧岩崎邸庭園入園料(一般400円)が必要となります。
 

入場方法
[展覧会のみ閲覧 ](平日のみ利用可能)
湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
入館無料。

[ 都立旧岩崎邸庭園と同時観覧 ]
都立旧岩崎邸庭園よりご入館ください。
 旧岩崎邸庭園入園料(一般400円)が必要となります。

http://nama.bunka.go.jp/


 

|  安藤忠雄氏によるギャラリートーク開催!in 文化庁国立近現代建築資料館

 

本展の特別企画として、7月23日に安藤忠雄氏ご本人を招いてのギャラリートークが2回開催されました。

■ギャラリートーク第一回(12時30分開始)
進行役:川向正人(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)
ゲスト:安田幸一氏(東京工業大学教授)、国広ジョージ氏(国士舘大学教授)、城戸崎和佐氏(京都造形芸術大学教授)

■ギャラリートーク第二回(14時開始)
進行役:川向正人(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)
ゲスト:中谷礼仁氏(早稲田大学教授)
 

二回とも会場は満席にギャラリートークは12時30分からと14時からの計2回開催。会場は建築を学ぶ学生や安藤建築のファンで各回ともに満席となりました。安藤氏の歯に衣着せぬトークに、笑いが起こる場面も。当日の様子を一部お伝えします。

 

 


手書きの図面、コンピューターの図面

貴重な手描き図面がならぶ本展。手描きの図面とPCで描かれた図面の違いや、手描き図面から感じる熱意についてなどが話題にのぼりました。


左から川向正人氏、安藤忠雄氏、安田幸一氏、国広ジョージ氏、城戸崎和佐氏
 


左から川向正人氏、安藤忠雄氏、中谷礼仁氏
 

安田「手描きの図面には、修正した筆跡が残っていますよね。今の図面はCADやBIMを使うから、痕跡がすべて消える。設計者の熱意を感じ取ることができない。」

国広「この図面(コシノ邸)のブルー、何度も塗り重ねてこの色になっている。これは安藤さん流だと思う。」

安藤「コンピューターの図面で熱意を伝えることは非常に難しいですよ。でも、コンピューターから手作業に戻すのも難しいでしょう。」「何度も持ってきて描いて…手で描くのはしんどいけど、おもしろいですよ。(建築家は、図面を通して)人間と会話せにゃならん。うちの事務所はチームで作業しているから、お互いの考えていることがわかる。コンピューターは一人で完結してしまうからやっかい。」

城戸崎「震災があったとき、電気が使えないからみんな手描きで図面をひきました。今でも現場では手描きの図面が必要になる。」

中谷「様々な種類の図面を一枚に合わせますよね。僕は本でしか見たことがなかったので、原図の時点からやられていることに本当に驚きました。レイアウトを間違えると原図は大変なことになる、ということをこれだけやられた。それも分かりやすい。一発で分かる。」

 

 


手描きの図面と「熱意」について

川向氏「安藤さんの図面をよく観て。描き方が違う。構成が違う。これはすごく大切なことです。」

川向「PCが良いか手描きが良いか、という話だけではない。この展示で観てほしいのは、建築家の熱意。抑えがたい、衝動のようなものです。安藤さんの図面にはその熱意が表れており、それが作品になっている。」

中谷「良い手描きの図面は、どんなものですか?つまり芸術作品でもあるけれど、大工さんがちゃんと読まなければならない。」

安藤「大工さんが見るものでもあるし、自分たちが見るものでもある。なにより「熱意」があるものには、必ず食い違いもある。食い違いある図面の方が良いですよ。スーッといくと心に引っかからない。心に引っかかる図面が良いと思うんですよ。我々の熱意というもの、想いというものを伝えなければならない。向こうも自分たちの想いを伝えなければならない。コンピューターではできない。(図面を手で描く際)下手は下手なりに情報量が高くて良い。なぜなら間違っているところがわかるから。今は情報量が低い社会に生きていると思う。情報量がないものをあると思って、勘違いしながら一生懸命やってる。(その危うさを)自覚しないといけない。」

 


「ない」からひろがる可能性

安藤「私は過去に手術して内臓がいくつもない。でも、海外の人からは『(こんな身体でも元気な人は)縁起がいい』と歓迎される(会場笑)。英語も話せないが、周りが気を使って勝手に仕事が進んでいく(会場笑)。「ない」のも悪いことじゃない。ないならどうするか、どうすれば「ある」人に勝てるか、考えると良い。」




学生へのエール

学生からの質問に答える安藤氏

安藤「私は大学にも行ってないし、建築の教育を受けたわけじゃない。建築を始めようとしたとき、まずは観て触ることから始めた。建築を観て触って、自分のものにする。奈良や京都に行って、建築をスケッチする。自分の想いがスケッチになる。参考書の代わりに建築がある。」「一流企業に入るより、卒業したらどんどん海外に出てみた方がいい。熱意さえもっていればやっていける。どんなところでも生きていけるというパワーを持っていってほしい。」
 


安藤氏から若い世代への期待を感じるギャラリートーク。終了後には、抽選で参加者に自筆本などが渡された。


安藤氏の熱意がこもった貴重な手描き図面の数々。9月23日(月・祝)まで文化庁国立近現代建築資料館で観ることができます。


文・画像提供:文化庁


文化庁国立近現代建築資料館
http://nama.bunka.go.jp/

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.07.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ