21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3「クリヨウジのクレージーハウス」開催

 

 

企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」関連展示
21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
「クリヨウジのクレージーハウス」開催

 

 

テレビ番組「11PM」の「ミニミニアニメーション」や「ひょっこりひょうたん島」のオープニングアニメで知られ、現在91歳のアーティスト クリヨウジの作品を紹介する展覧会が21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて2019年6月8日(土)- 6月30日(日)の期間開催されます。


クリヨウジ氏は、1956年に初の漫画展を開催して以来、アニメーション映像800点以上、絵画3000点以上、漫画10万点以上と、超人的な数の作品を生みだしてきました。その多くは、現実から飛びたしたユーモアあふれる世界観で、見る人に驚きと喜びを与えてくれます。


一部のアニメーション作品は、ギャラリー1&2 にて開催中の企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」で展示されています。ギャラリー3では、91歳を迎えた現在も制作を続けている絵画を中心に、クリヨウジの描く空想にあふれた世界を、より広げて紹介。

 

 

|  クリヨウジ プロフィール

クリヨウジ(YOJI KURI)久里洋二から2016年にカタカナ表記に改名
アニメーター・マンガ家・絵本作家・小説家

60年代に柳原良平、真鍋博と共に「アニメーション三人の会」を結成。実験アニメーションの制作をはじめる。62年、代表作「人間動物園」が世界中の映画祭で11冠受賞。「11PM」、「ひょっこりひょうたん島」、「みんなのうた」などTVで作品を発表し一世を風靡する。これまでにニューヨーク近代美術館、パリ市立近代美術館、山梨県立美術館、池田20世紀美術館、ベルギー・ゲント市、ドイツ・シュトットゥガルト市ほかで個展を開催。16年、最新マンガ集「クレージーマンガ」で第46回日本漫画家協会賞・大賞を受賞。


1928年:昭和3年4月9日、福井県鯖江市生まれ。

1954年:文化学院美術科・アテネフランセ入学。在学時も一コマ漫画の執筆を両立。

1958年:「久里洋二漫画集」で第4回文芸春秋漫画賞受賞。この年、二科展特選。久里実験漫画工房設立。

1960年:新たに久里実験漫画工房映画部設立。

1961年:NHK「みんなのうた」の映像を担当。

1962年:代表作「人間動物園」が世界中の映画祭で11冠受賞。

1964年:日本テレビの伝説的TV番組「11PM」に出演。 1分間のミニミニアニメーションを18年間で800本制作。

1982年:紺綬褒章を受章。

2011年:旭日小綬章を受章。

2014年:「われわれは宇宙人だ!」で39年ぶりにNHKみんなのうたの映像を手がける。

2016年:風刺漫画家としての原点回帰。500ページの大作漫画集「クレージーマンガ」刊行。
          日本漫画家協会賞・大賞を受賞。

2018年:創設当初より関わってきた「広島アニメーションフェスティバル」の国際名誉会長に就任。

2019年:91歳になる現在も制作で活動中。

 

 

【開催概要】
会期:2019年6月8日(土)- 2019年6月30日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
休館日:火曜日
開館時間:10:00 - 19:00
入場料:無料
主催:久里実験漫画工房、21_21 DESIGN SIGHT
お問い合わせ:久里実験漫画工房 
03-3265-3032 

クリワールドアートオフシャルホームページ
http://www.yojikuri.jp/

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2019.06.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ