「夜の旅、昼の夢」をテーマに、『六本木アートナイト2019』5/25,26開催

 

 

言葉を越えて喜びや感動をもたらすアートの力を、オールナイトで満喫しよう!
六本木の街なかを移動する赤い玉、巨大バルーン、光る鳥、浮遊する岩など、

「夜の旅、昼の夢」をテーマに、六本木の街を舞台にしたアートの饗宴
『六本木アートナイト2019』 5/25(土)、26日(日)開催

 

 

 

六本木アートナイト実行委員会は、2009年の開始から今回で10回目※を迎える六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2019」を2019年5月25日(土)10:00~26日(日)18:00まで開催します。
※2011年は東日本大震災により中止



「六本木アートナイト」は、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に、東京を代表するアートの祭典として浸透してきました。今回のテーマ「夜の旅、昼の夢」に沿って、アジアの現代アート界を代表するアーティスト、チェ・ジョンファをはじめ、多くのアーティストが六本木の街を舞台に、街中にアートスポットを点在させます。現代アート、デザイン、映像、パフォーマンスなどの多様な作品に加え、体験・参加型のプログラムも夜を通して多数実施します。また、「六本木アートナイト2019」当日は、各美術館やギャラリー、施設で開催されている展覧会の特別プログラムや、開館延長など連動企画も満載です。

国内外のアートが集まり、グルメ、ショッピング、映画が楽しめる六本木。デートはもちろん、親子で、友達同士で街歩きをしながら、六本木の街にとけこむアート作品を見て、感じて、触れて、心ときめくアートな週末をお楽しみください。

 

[基本理念]

「六本木アートナイト」は六本木の街を舞台にしたアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験をつくり出します。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街づくりの先駆的なモデルを創出します。東京を代表するアートの祭典として、さらなる発展を続けます。

 

 

「六本木アートナイト2019」のテーマ「夜の旅、昼の夢」に沿って、六本木の街を彩る、広域にわたるプログラムが各エリアを繋ぎます。今年は初めて海外のアーティスト、チェ・ジョンファ氏をメインプログラム・アーティストとして招聘し、大型の作品を各所に配置しています。

 

 


| メインプログラム 紹介

《フルーツ・ツリー》

六本木ヒルズ 《フルーツ・ツリー》 イメージ画像


果物や野菜がぎゅっと詰まった《フルーツ・ツリー》は、韓国のアーティスト、チェ・ジョンファによるカラフルなバルーン彫刻。六本木ヒルズアリーナを鮮やかに飾ります。枝から落ちたような果物や野菜はアリーナに配置され、空間を魔法の庭へと変えて見せます。合成ビニール製の彫刻は、自然界と人工物の双方にある美しさを表現しています。


・日時:5/25(土)17:30.5/26(日)6:00、11:00.18:00
・場所:六本木ヒルズアリーナ
・参加料:無料

 

《ライフ・ライフ》
約1万個のくねくねバルーンが巨大な色彩の塊となって、空間に向かって飛び出しています。チェ・ジョンファはアメリカで1960年代に注目されたポップアートに着想を得て、日常に溢れたカラフルなオブジェクトを素材に作品を制作してきました。それらは人生やその豊かさを謳歌しつつ、過剰な消費によって支えられている私たちのライフスタイルにも意識を向けさせます。本作は子供の頃の楽しい思い出を想起させるだけでなく、モノに溢れた現代世界の様相も示唆しているのです。


・日時:5/25(土)10:00.5/26(日)18:00
・場所:東京ミッドタウン
 プラザ1Fキャノピー・スクエア
・参加料:無料


 

《みんなで集めよう》
チェ・ジョンファはプラスチック製の大量生産品や一般の台所用品に美しさを見出し、まるで錬金術師のように質素な素材を魅力的なアートに作り変えます。《みんなで集めよう》はコミュニティベースのアートプロジェクトです。プラスチック製のカゴ、お皿、鍋などを自宅から寄付してもらい、それらを土台に設置された棒に通して積み重ね、抽象的な彫刻や寺院の柱のように見える作品を制作します。作品の鮮やかな色と個性豊かなフォルムが、国立新美術館の正門チケットブース横等を飾ります。

・日 時: 5/25 (土)10 :00 〜5/26 (日)18 :00
・場 所:国立新美術館 、
          TRI-SEVENROPPONGI
          龍土町美術館通り沿いブルーボトルコーヒー前
・参加料:無料

 


<チェ・ジョンファ(崔正化)プロフィール>
撮影:Kim Dowon

1961年韓国ソウル生まれ、同在住。ヴェネチア・ビエンナーレ2005では韓国館の代表に選ばれたほか、リバプールやシドニー、台北、リヨンなど世界中の芸術祭に参加している。また、平昌2018パラリンピック冬季競技大会では、開会式・閉会式のアートディレクターを務めるなど活躍の幅を広げている。

 

 


| エリア連携プログラム

カート・パーシキー「RedBall Project」(レッドボール・プロジェクト)


シカゴでの展示風景(Photo:Kurt Perschke)
 

これまで32都市で実現され、六本木アートナイトで日本初上陸となる《レッドボール・プロジェクト》は、アメリカ人アーティスト カート・パーシキーによる周遊型パブリックアートです。ゴムボールで出来たこの巨大な赤玉は、ある場所から別の場所へと毎日移動を繰り返しながら、六本木の街なかを一週間に渡って巡回します。

・日時:5/20(月)~5/26(日)
・場所:5/20(月) ピラミデビル 11:00〜18:00
          5/21(火) 21_21 DESIGN SIGHT 10:00〜17:00
          5/22(水) 国立新美術館 9:30〜16:30
          5/23(木) 森美術館ミュージアムコーン前 11:00〜18:30
          5/24(金) Coming Soon
          5/25(土) 六本木ヒルズ66プラザ 17:00〜24:00
          5/26(日) けやき坂イーストコート 11:00〜17:00
 ※荒天の場合は中止の可能性あり

 

2019年5月20日更新


六本木の裏通りに突然現れた赤いボール


なんだろうなんだろうと人が集まりました。

 

出っ張っているのが邪魔なのでビルの中に押しこみます。硬くて動きません。
 


二人で押しても動かない
 


シカゴではこんなにたくさんの人が押しました。(Photo:Kurt Perschke)
 


明日( 5/21(火) )はこちらに移動します。 → 雨天のために中止になりました。

固定、静止、永久性など、通常のパブリックアートの枠組みからユーモラスにはみ出す赤玉は、その絶え間ない動きで、街の地図を描き直します。このプロジェクトは、私たちの都市への視点を拡張させ、ありふれた生活空間に新たな活力を与えます。

 

 

 

その他のプログラム詳細 → 

http://www.roppongiartnight.com/2019/programs

 

 


第10回目となる今年の六本木アートナイトは「夜の旅、昼の夢」をテーマにかかげ、六本木の街が、昼夜を問わずアートの祭りとなります。今年は初めて海外のアーティスト、チェ・ジョンファ氏をメインプログラム・アーティストとして招聘し、大型の作品を各所に配置しています。


チェ氏はすでに2010年と2016年の六本木アートナイトに参加しており、六本木アートナイトについても、六本木の街もよく知っているので、ワークショップなどを通して、街と人々にさまざまな関わりをもたらしてくれるでしょう。今回は街中に、なるべく多くの作品を展開しようと試みています。夜は親しい友人とアートに彩られた六本木の夜をゆっくり楽しんでもらい、また昼間も家族連れで現代のアートを体験してください。

東京で開催される最大のアートイべントとして、今後ますます盛り上げていきたいと思います。

六本木アートナイト実行委員長 南條史生(森美術館館長)

 

 

【開催概要】
正式名称:六本木アートナイト2019
日時:2019年5月25日(土)10:00~26日(日)18:00
        ※開催に先駆けて展示・設置するアートプログラム「プレプログラム」も実施予定
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、
              国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、港区、
        六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、
        21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
助成:令和元年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
特別助成:台湾文化部
後援:観光庁、経済産業省、内閣府知的財産戦略推進事務局、
        台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター、
        今井町親睦会、東京ミッドタウン町会、西麻布霞町町会、
        日ヶ窪親和会、龍土町会、六本木材木町町会、六本木町会、
        六本木ヒルズ自治会、六本木“Art&Designの街”推進会議、テレビ朝日
メディア協賛:サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU、グランド ハイアット 東京
エリア協賛:サントリーウイスキー響、株式会社 そごう・西武
協賛:飯田電機工業株式会社、TSP太陽株式会社、株式会社クオラス、株式会社東京タカラ商会、 アットホーム株式会社、株式会社コングレ、株式会社電通、ピーディーシー株式会社、 株式会社アルタイル、株式会社イースト、株式会社オリコム、株式会社共立、株式会社クラフト、 株式会社ジールアソシエイツ、笑遊堂、シンテイ警備株式会社、大成株式会社、株式会社つむら工芸、 株式会社テンナイン・コミュニケーション、TRI-SEVEN ROPPONGI、株式会社トランジットジェネラルオフィス、 中村展設株式会社、株式会社バーニーズ ジャパン、富士急グループ 株式会社フジエクスプレス、株式会社ブランコ、 ペンブロークリアルエステートジャパン, LLC、三菱電機株式会社、株式会社モンタージュ、郵船トラベル株式会社
運営協:六本木安全安心パトロール隊、六本木をきれいにする会、六本木クリーンアップ
協力:サンコロナ小田株式会社、株式会社シネ・フォーカス、積水ナノコートテクノロジー株式会社、天祖神社 龍土神明宮、TRI-SEVEN ROPPONGI、日本マクドナルド株式会社、ブルーボトルコーヒー、 ペンブロークリアルエステートジャパン, LLC、六本木アマンド
協力ホテル:グランド ハイアット 東京
http://www.roppongiartnight.com/2019/

 

 

#六本木アートナイト

 

 

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.05.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ