スパイラルガーデンにて『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』 開催

2014開催時インスタレーション

 

創業100周年記念イベント
『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』 開催
キラメキの空間に包まれる!幻想的な
インスタレーションの最新作を展示 

 
 


 
シチズン時計株式会社(以下 シチズン)は、2018年12月7日(金)から12月16日(日)まで、東京・南青山のスパイラルガーデンにて創業100周年を記念したイベント『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』を開催します。
 

シチズンは、1918年に創業し、今年100周年を迎えました。シチズン時計の100年の歴史と、これから向う未来、そして、ここにある「今」、私達を取り巻く全てを祝福し、喜びと感謝をより多くの方々と共有するために『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』を開催します。

 

 

| 建築家の田根 剛氏によるインスタレーション

6年にわたり「時とは何か?」を共に問い続けてきた建築家の田根 剛氏(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)と、シチズンの時計メーカーとしての信念を表現する展示空間を、好評を博した2014年に引き続き、スパイラルガーデンにて展開します。

シチズンは創業以来、より多くのお客さまにより良い時計を身につけていただくため、常に新しい技術開発に挑み、時計を作り続けてきました。そして1976年、「光」を電気エネルギーに変えて「時」を刻むエコ・ドライブという独自の技術を開発。地球上どこでも光さえあれば動き続けるこのシステムは、言い換えれば「世界中の市民が平等に使える時計」であり、シチズンの企業精神の本質であるともいえます。

 


 

その「光と時」をテーマにしたインスタレーション「LIGHT is TIME」は、6年にわたり、シチズンと建築家・田根 剛氏(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)が共に挑戦してきた表現であり、今回も時計の全ての部品を支える基盤装置である地板を約7万2千個使用し、新たなデザインにて幻想的な空間を創りだします。会場では、シチズンが100年にわたり、その時代の新しい技術を腕時計にする為に挑戦してきた歴史や、部品から完成品までをつくるマニュファクチュールの現場の映像や道具なども展示します。またシチズンの最新の腕時計や、創業100周年を記念して出版した画集『寺山修司 時をめぐる幻想』も販売します。シチズンの時計メーカーとしての信念を表現する展示空間を、好評を博した2014年に引き続き、スパイラルガーデンにて是非ご覧ください。

シチズン時計が考える、時間と時計の「今」を是非ご覧ください。

【建築家 田根剛コメント】
We Celebrate Time
21世紀の時間を求めて、2013年から6年以上にわたりシチズンと共同でプロジェクトを行なってきました。「時とは何か」この根源的なテーマに向き合い、そこからシチズンの100周年を記念した本展覧会は、時間に喜びを与える “We Celebrate Time”を届けたいと思います。

 

【クリエイタープロフィール】



・田根 剛(建築家)
建築家。1979年東京生まれ。Atelier Tsuyoshi Tane Architectsを設立、フランス・パリを拠点に活動。2006年にエストニア国立博物館の国際設計競技に優勝し、10年の歳月をかけて2016年秋に開館。また2012年の新国立競技場基本構想国際デザイン競技では『古墳スタジアム』がファイナリストに選ばれるなど国際的な注目を集める。場所の記憶から建築をつくる「Archaeology of the Future」をコンセプトに、現在ヨーロッパと日本を中心に世界各地で多数のプロジェクトが進行中。主な作品に『エストニア国立博物館』(2016年)、『Todoroki House in Valley』(2018年)、『とらやパリ店』(2015年)、『LIGHT is TIME』(2014年)など。フランス文化庁新進建築家賞、フランス国外建築賞グランプリ、ミース・ファン・デル・ローエ欧州賞2017ノミネート、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞など多数受賞 。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。

http://www.at-ta.fr/


・遠藤 豊(アートディレクター/プロデューサー/テクニカルディレクター)
LUFTZUG代表/アートディレクター/プロデューサー/テクニカルディレクター。1977年新 潟生まれ。舞台芸術から派生し、音楽、映像、デザイン、テクノロジーほか領域を問わず関係性を構築する。2005年有限会社ルフトツークを東京に、2012年LUFTZUG EUROPE、2018年Lugtjeをアムステルダムに設立。曖昧なメディアの媒介として役割を確立しようと活動を広める。人と感覚の交流、感覚の遍在化を目指し国内外で積極的に活動を行う。CITIZEN『LIGHT is TIME』(2014ミラノ・東京)、建築家フランク・ゲーリー展“I Have an Idea”(2015東京)、向井山朋子『La Mode』(2016台中)『HOME』(2016)『GAKA』(2018テルシュヘリング、高知、神津島)他、演出・プロダクション制作などに携わる。

http://www.luftzug.net/

 

 

 

| コミュニケーション・プログラム
会期中に、時と向き合い、未来へとつながる意思・表現の可能性を探る企画として「コミュニケーション・プログラム」を開催します。時間をテーマにしたパフォーマンスや、親子で楽しめるお子様向けのプログラムなどを開催。田根剛がデザインするインスタレーション空間と共に、シチズンが考える時間や時計の「今」そして「未来」を、多様な表現を通して感じられる場となることを期待しています。

詳細はシチズン公式ウェブサイト内特設ページをご覧ください。

https://citizen.jp/100th/event/spiral/index.html

 

 

現在ご参加可能なコミュニケーション・プログラムは以下の通りです。

【コミュニケーション・プログラム 詳細】

■オープニングトーク
内容 :本展をデザインする田根剛とゲストに杉本博司、モデレーターに橋本麻里をお迎えし、『未来の時間・未来の記憶』をテーマに、アート、建築、時間、記憶をめぐるトークを行います。

12月7日(金)20:00~21:30(開場 19:30)
参加費:無料|事前申込み制|定員100名|スパイラルカフェ
出演 :田根剛(建築家)・杉本博司(現代美術作家)
モデレーター:橋本麻里(ライター・編集者)
協力 :東京オペラシティ アートギャラリー、TOTOギャラリー・間
満席となりました。

・杉本博司 Hiroshi Sugimoto
1948年東京生まれ。1970年渡米、1974年よりニューヨーク在住。活動分野は写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理と多岐に渡り、世界のアートシーンにおいて地位を確立。作品は世界有数の美術館に収蔵。2008年建築家の榊田倫之と建築設計事務所「新素材研究所」設立。2009年公益財団法人小田原文化財団設立。2017年小田原文化財団施設 江之浦測候所を開所。2009年高松宮殿下記念世界文化賞、2010年紫綬褒章、2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ、2017年文化功労者等受賞多数。


・橋本麻里 Mari Hashimoto
日本美術を主な領域とするライター、エディター。公益財団法人永青文庫副館長。出版社勤務を経てフリーランスに。新聞、雑誌等への寄稿のほか、NHKの美術番組を中心に、日本美術の楽しく、わかりやすい解説に定評がある。著書に『美術でたどる日本の歴史』全3巻(汐文社)、『京都で日本美術をみる[京都国立博物館]』(集英社クリエイティブ)、『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』(新潮社)、共著に『SHUNGART』『原寸美術館 HOKUSAI100!』(共に小学館)、編著に『日本美術全集』第20巻(小学館)。ほか多数。

 

 

■アオイヤマダ パフォーマンス「I am Time」
独特な雰囲気をまとい、MVなど多方面から注目を集めるダンサー・アオイヤマダが展示空間を舞台に、時の化身として毎時0秒の時間を生み出すパフォーマンスを展開します。

12月7日(金)13:00~19:00の間の毎時0分から5分まで 計7回実施
12月8日(土)13:00~19:00の間の毎時0分から5分まで 計7回実施
参加費:無料|事前申し込み不要|展示会場内・スパイラルガーデン
出演 :アオイヤマダ(ダンサー)

・アオイヤマダ Aoi Yamada
2000年長野県生まれ。幼少からダンスをはじめ2017年 初頭 思想表現に目覚める。自然、食、表現、を三大栄養素として生きている。一癖ある顔で数々のMVやCMに出演中。

 

■子供向けプログラム・時間のお話
「宇宙と時間の中にいる私たち」私たちの生活の中で何気なく過ぎていく「時間」とは何なのでしょうか?時間学と天文学を専門とする藤沢健太氏を講師に迎え、宇宙の神秘、時間の不思議についてのトークイベントを開催します。幻想的な空間のなかで、久しぶりに親子でゆっくり時間と向き合いませんか?

12月9日(日)9:15~10:30(開場9:00)
参加費:無料|事前申し込み制|定員50名|スパイラルカフェ
※ 対象年齢:10歳以上
講師 :藤沢健太(山口大学・時間学研究所)

 


・藤沢 健太 Kenta Fujisawa
1967年大分県生まれ。1995年東京大学大学院修了、博士(理学)。国立天文台助手をへて、2002年から山口大学に勤務、2010年から現職。山口市にある口径32mの電波望遠鏡を使って、星や銀河から来る電波を観測し、星が生まれる様子や、銀河の中のブラックホールの姿を研究する。

 


■向井山朋子 コンサート
12月14日(金)20:15~20:45(開場 20:00)/21:15~21:45(開場 21:00)
満席となりました。


■森山未來 パフォーマンス
ジャンル・カテゴリーにとらわれない活動で、常に表現の可能性を追い求める森山未來。『寺山修司 時をめぐる幻想』からインスパイヤされ、 身体に入った言葉やイメージをインスタレーション空間にて表現します。
12月15日(土)20:15~20:45 (開場:20:00) / 21:15~21:45 (開場:21:00)
参加費:無料|事前申込み制|各回定員100名|展示会場内・スパイラルガーデン
満席となりました。

 

 

■子供向けプログラム・親子時計組み立て体験「お絵かき体験」
12月8日(土)9:15~10:30(開場 9:00)


 

■子供向けプログラム・親子時計組み立て体験「組み立て体験」
12月15日(土)9:15~10:30(開場 9:00)




 

※定員、お申し込み方法等は詳細をご確認ください。

【お申し込み方法】
以下のイベントスペシャルページからお申し込み可能。
イベントスペシャルページURL
https://citizen.jp/100th/event/spiral/index.html

※ お申し込みは先着となります。ご了承ください。
※ パフォーマンスはオールスタンディングでの観覧となります。
※ アオイヤマダのパフォーマンスは開場時間中の展示会場内での実施となります。混雑時には入場制限をさせていただく場合がございます。
※ 日時・出演者・内容は予告なく変更になる場合がございます。

 

 

【開催概要】
CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』
開催期間 : 2018年12月7日(金)~12月16日(日)
開催時間:11:00~20:00 ※会期中無休
場所 : スパイラルガーデン
         〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F
         東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線
        「表参道」駅 B1、B3 出口すぐ
入場料 : 無料
主催 : シチズン時計株式会社
演出・企画制作: LUFTZUG
クリエイティブディレクション:シチズン時計株式会社
会場構成・インスタレーションデザイン:田根 剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
プロダクション&テクニカルデザイン・演出:遠藤 豊(LUFTZUG)
音響製作:堤田 祐史
展示施工:脇プロセス

 

 

 

<シチズン時計とは>
シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバルカンパニーです。1918年の創業以来、“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。2018年に創業100周年を迎えたシチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

★エコ・ドライブはシチズン時計株式会社の登録商標または商標です。

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2018.11.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ