体験空間「TOKYO ART CITY by NAKED」東京ドームシティ で開催

 

 

 

新宿歌舞伎町とシンクロする演出、ネイキッドが創る”TOKYO”に
東京 360°体験空間”TOKYO ART CITY by NAKED”
東京ドームシティ Gallery AaMoにて、開催

 

 


クリエイティブカンパニー株式会社ネイキッドは、2017年6月16日(金)~ 9月3日(日)まで東京ドームシティ「Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)」にて、新宿をはじめとする東京の象徴となる8スポットをアートによって表現する『TOKYO ART CITY byNAKED(トーキョーアートシティバイネイキッド)』を開催します。企画演出する東京の名所やビル群の巨大模型に最新テクノロジーを駆使し、都市の持つ魅力をアートとして表現します。


本展では、2017年夏、新宿歌舞伎町にオープンする、バンダイナムコエンターテインメントが手がけるエンターテインメント施設『VRZONE SHINJUKU』のコラボレーション企画として、施設オープンからスタートする実際の店舗での演出と、TOKYO ART CITY byNAKED内のアート空間で引き起こる街とアートの連動を行います。TOKYO ART CITY by NAKEDの世界が『VR ZONE SHINJUKU』新宿歌舞伎町のリアルな街に新宿歌舞伎町の新たな街の象徴である、ゴジラとパックマンが演出に登場します。


ネイキッドは、店舗外壁全面を使った照明とプロジェクションマッピングで、同施設が広場の顔となるような特別演出を手掛けます。施設の中で楽しめるアクティビティの紹介だけでなく、広場に滞在する人や周辺の店舗にも価値のある多様なコンテンツを織り交ぜていきます。
 

新宿観光大使の”ゴジラ”とバンダイナムコエンターテインメントの“パックマン”が夢のコラボレーション会場では、デフォルメされた新宿にそびえ立つゴジラヘッドとパックマンの姿が、プロジェクションマッピングやスモークなどの演出によって空間全体で楽しむことができます。

 

 

 

■『TOKYO ART CITY by NAKED』コンテンツ詳細
 

<デジタル落書き>
ここでしかできない、渋谷エリア裏の高架下を彩るアート体験。大人も子どもも楽しめるデジタル落書きが登場。

 

 

<渋谷スクランブル交差点>
スクランブル交差点上空にも横断歩道が浮かび、ビルの看板や建物が、まるで街全体を包み込むように 360°迫ります。

 

 

<新宿エリア>
パックマンと、ゴジラが大迫力の演出で登場する歌舞伎町と、東京都庁などが混じり合う ”新宿 "の持つ二面性が混じり合う空間。



 


<秋葉原ガチャガチャビル>
秋葉原の街並みとカルチャーに、インタクティブな仕掛けと演出が融合したここでしかできないガチャガチャの新体験が登場。

 

 

 

【開催概要】
名称TOKYO ART CITY by NAKED(トーキョーアートシティバイネイキッド)
会期:2017年 6月 16日(金). 9月 3日(日) ※会期中無休
        11: 00~ 18: 00( 6/16~ 7/21)、 10: 00~ 20: 00( 7/22~ 9/3)
        ※最終入場は閉館 30分前
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)
住所:東京都文京区後楽 1-3-61東京ドームシティクリスタルアベニュー沿い
アクセス:JR・都営三田線「水道橋」駅/東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」駅/都営大江戸線「春日」駅下車
入場料金:<前売券>大人 1,400円/中人(中高大学生) 1,200円/小人(小学生) 700円
               <当日券>大人 1,600円/中人(中高大学生) 1,400円/小人(小学生) 900円
※各税込価格、未就学児無料(単独入場不可)、ペアチケット、ファミリーチケットなど各種前売券は各プレイガイド
(チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブン、 e-plus、 peatix、 Pass Me!他)で発売中。 6月 16日(金)より当日料金となります。
主催:TOKYO ART CITY by NAKED実行委員会
企画 /演出: NAKED Inc.
特別協力:株式会社バンダイナムコエンターテインメント、株式会社キヤノン、株式会社キヤノンマーケティングジャパン
協力:東京スカイツリー R、東京タワー、独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館
コンテンツ協力:東宝株式会社
お問合せ:一般からのお問合せ:東京ドームシティわくわくダイヤルTEL: 03-5800-9999
後援:渋谷区
公式サイト: http://tokyoartcity.tokyo

 

<Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)について>
堅苦しい芸術ではなく、東京ドームシティらしい楽しさとライブ感に満ちた、大人のための遊べるギャラリー。最先端のメディアアートから工芸、サブカルチャーまで、様々なジャンルを横断する催事を 1~3カ月毎に展開する新しい文化の発信拠点。 AaMoの「A」は「Art」「Amusement」の略、「 aMo」は「 and More」の意味で、新しい価値を創造するギャラリーとして、東京の新名所を目指す。(開業日: 2017年 4月15日、面積: 830㎡)
公式サイト: http://www.tokyo-dome.co.jp/aamo

 

 

 

 

 

 

<村松亮太郎(NAKED Inc.)について>
クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪芸術大学客員教授。1971年 5月5日生まれ、大阪府堺市出身。代表作として、東京駅 3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」内『KARAKURI』演出、花の体験型イベント『FLOWERS byNAKED』(日本橋三井ホール他)や『SWEETS by NAKED』(表参道ヒルズ)など、これまでのイベント通算動員数は 150万人を超える。アーティスト本&作品集『村松亮太郎のプロジェクションマッピングSCENES by NAKED』が KADOKAWAより発売中。環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクターも務める。

 

 


 

<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について>
1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算 150万人以上を動員している。


   http://naked-inc.com

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.06.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ