日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED 2017 ー立春ー」日本橋で開催

 

FLOWERS by NAKED 今年も日本橋で楽しむ
日本一早いお花見アートイベント 開催

 

FLOWERS by NAKED 製作委員会は、昨年通算15万人を動員した花のアートイベント『FLOWERS by NAKED 2017 -立春-』を、2017年2月2日(木)~3月20日(月・祝)に日本橋三井ホールにて開催します。本年は「日本一早いお花見」として、桜のアート空間である「桜彩(おうさい)」が昨年の2倍規模で展開するなど、昨年開催時よりバージョンアップ。

 

昨年15万人を動員した本イベントの今年のテーマは、立春(春の始まり)。二十四節気の立春~雨水(うすい)~啓蟄(けいちつ)~春分までを様々な花の体験を通して感じる会場構成となっています。また、いけばな草月流家元 勅使河原 茜氏との共作となる新作の発表に続き、新たなコラボレーションが決定いたしました。本イベントのメインとなる桜のアート「桜彩」エリアでは、日本を代表するファッションデザイナーの1人である丸山 敬太氏が手がけるドレスと映像演出を組み合わせたインスタレーションで、幻想的な春の空間を創出いたします。

 

本展の特徴は、ホール会場内がすべて写真撮影可能であること。前年はInstagramでのイベントハッシュタグの投稿数が約2万以上を記録しています。アートを体験するだけでなく、会場で撮影した写真を自分の作品としてSNSにアップし、来場者自身が表現者側にもなり、花を通して様々なコミュニケーションや作品が生み出される、都会ならではの花のフェスティバルを目指しています。また、今回はホール外のホワイエをコミュニケーションエリアと称し、春の訪れが楽しくなるお買い物や、花に関するワークショップを開催いたします。プロジェクションマッピング、生花、オブジェ、香り、人物、音楽、飲食、ファッションといった様々な演出や技術で生み出される花の新体験をお届けします。さらに、日本橋エリアと連携した街のフェスティバル「NIHONBASHI FLOWERフェス」では、一部のFLOWERフォトスポット(日本橋三越本店/日本高島屋/YUITO/日本橋三井タワー/日本橋案内所)を演出。フォトスポット写真をSNSに投稿することで特典がもらえるフォトラリーも行っています。


※詳細はこちら→「まち日本橋」(http://www.nihonbashi-tokyo.jp/

 


| コンテンツ詳細

 

01:BIG BOOK, BIG FLOWERS(ビッグブック、ビッグフラワーズ)

まだ寒い冬の世界に立春(春の始まり)が訪れた『FLOWERS by  NAKED』への入り口。プロジェクションマッピングで彩られた、約2m×約3mの本型のオブジェBig Bookと花々のオブジェBig Flowersが昨年よりもさらに増え、来場者を迎えます。

 

 

02:MOSAIC FLOWERS(モザイク フラワーズ)

Big Flowersを抜け、段々と花たちのミクロな世界へ。壁の前に立つと、バラ、パンジー、カラーなど27種類の花の中から、自分の花が1輪咲き、花言葉を教えてくれます。来場者それぞれ、どのような花が咲きどのような花言葉が届くのかは、歩いてみてからのお楽しみ。今年は、ラグジュアリーブランド「PIAGET(ピアジェ)」とコラボしたピアジェローズも特別に登場。「好き、嫌い…」と花びらを一枚一枚千切る花占いを現代的に解釈した、花と遊ぶインタラクティブアートです。

 

 

 

03:DANDELION CLOCKS(ダンデライオン クロックス)

子供の頃にたんぽぽの綿毛を吹いた遊びを基にしたインタラクティブアート。約6mにも及ぶ透明の筒状のオブジェの中にあるたんぽぽに息を吹きかけると、美しい綿毛がプロジェクションマッピングによって舞い上がります。半透明の壁に映し出された舞い散る綿毛を、オブジェの中にいる人だけでなく、外からも見て楽しめます。また、会場内を歩いている「春の精霊」が通り過ぎると、オブジェに桜吹雪が起こり、春が訪れる新しい演出も。

 

 

 

04:FROZEN FLOWERS(フローズン フラワーズ)
 

闇に佇む、凍り付いた静謐な冬の花園。プリザーブドフラワーやオブジェで出来た花々の周りにはまだ生命が生まれる前の原子たちが空中を飛んでいます。花々に光が流れ込むと、陽が満ちるように光が広がるインスタレーション作品です


 

 

 

 

 


05:タイトル未定

日本三大流派のひとつである、いけばな草月流とネイキッドによる新作。草月流を代表する竹を使用したダイナミックな作品で、春の訪れを表現いたします。
 

 

 

06:桜彩(おうさい)

今回のコンセプトでもある「日本一早いお花見」を司る桜のインスタレーション。昨年の約2倍の規模に広がった空間には、本物の桜と、特殊な和紙を桜の花に型抜きした巨大な桜のオブジェが頭上に広がります。プロジェクションマッピングで桜の花びらが舞い、様々な表情を見せます。ファッションデザイナー 丸山 敬太氏が創作した春の精霊が起こした春一番が吹くと、新緑が芽吹きます。花のオリジナルカクテルや、厳選された日本酒、甘味を味わいながら、都会ならではのお花見をお楽しみください。

 

 

07:“THE SECRET”of the secret garden (ザ・シークレット・オブ・ザ・シークレットガーデン)

会場の最後には、FLOWERS by NAKEDの世界を司る秘密の実験室が出現。色鮮やかな試験管やボトルが並び、これまで体験してきた作品がここで生成されているかのような鑑賞をお楽しみいただけます。会場内のいくつかの作品のために開発された花のアロマで香りも楽しめ、このアロマオイルはグッズとしても販売いたします。

 

 


「FLOWERS by NAKED」(フラワーズバイネイキッド)とは

東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」演出、「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」企画・演出などで知られる株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc. )が総合演出を手がける、都会で花を楽しむ体感型アート展。これまでに、日本橋、六本木、沖縄にて開催し、来場者数は通算15万人超を記録。

 

【概要概要】
イベント名称:FLOWERS by NAKED 2017 -立春-(フラワーズバイネイキッド2017リッシュン)
場所:日本橋三井ホール COREDO室町1 5F(エントランスは4F)
会期:2017年2月2日(木)~3月20日(月・祝)
営業時間:10:00~20:00※入場は閉場の30分前まで ※会期中無休
主催:FLOWERS by NAKED 製作委員会
企画・演出:NAKED Inc.
特別協力:いけばな草月流
協賛:ネスレ日本株式会社、PIAGET、プリモ・ジャパン株式会社、三井不動産株式会社
協力:丸山敬太、アットアロマ株式会社
テーマソング:大塚 愛「サクラハラハラ」
入場料:<鑑賞チケット>
            大人(高校生以上)  早割/¥1,200    当日/¥1,400
           小人(小・中学生) 早割/¥700    当日/¥900
           ※未就学児は無料
          <マスキングテープ付きチケット>
          早割限定マスキングテープ付きチケット  1,600円
          ※限定デザインのマスキングテープが1つ付いてきます。
URL: http://flowersbynaked.com/


 

 


| アーティストプロフィール

 

<株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc.)について>
1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェションマッピングを始めとした様々な映像演出技術や美術造作を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。
 

 

 

<総合演出:村松亮太郎(NAKED Inc.代表)について>

村松 亮太郎/RYOTARO MURAMATSU
アーティスト。クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪芸術大学客員教授。環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクター。近年の代表作として、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』企画・演出、「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」シリーズ、「SWEETS by NAKED」(表参道ヒルズ)、「TOKYO ART CITY by NAKED」(渋谷ヒカリエ)など。これまで演出を手がけたイベント動員数は通算130万人を超える。2016年には、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演”Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LION’ ”の空間創造を担当。作品集「村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED」がKADOKAWAより発売中。

 

 

 

 

 

<いけばな草月流家元 勅使河原茜氏について>

勅使河原 茜/AKANE TESHIGAHARA
いけばな草月流第四代家元。いけばなの魅力を多くの人に伝えたいとの想いから、東京国際フォーラム、六本木ヒルズなどさまざまな空間で作品を発表。舞台空間で音楽や照明などの演出を取り入れたパフォーマンス『いけばなLIVE』を全国各地で上演している。また、いけばなを通じて子どもたちの感性を培う「茜ジュニアクラス」の指導にも20年以上にわたり力を注いでいる。2014年より女子美術大学客員教授を務める。

 

 

 

 

<ファッションデザイナー 丸山敬太氏について>

丸山敬太/KEITA MARUYAMA
東京生まれ。文化服装学院卒業。東京、パリ、香港、シンガポールなど、世界の舞台でコレクションを発表。繊細な手仕事と華やかで大胆な色使いのフェミニンでエイジレスな服創りは、幅広いファンが多数。自身のブランドの他、ミュージシャン、俳優、舞台の衣装制作を始めブランドのディレクションなど、広い分野で活躍。ブランド22周年目を迎えた2016年に青山本店をコンセプトストア「丸山邸」としてリニューアルオープンした。

 

 

 

<シンガーソングライター 大塚 愛氏について>

大塚 愛/AI OTSUKA
1982年9月9日生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。15歳から作詞・作曲を始め、2003年9月10日に、シングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。2015年4月にエレクトロを基調とした7枚目のオリジナルアルバム「LOVE TRiCKY」をリリース。シンガーソングライターとしての活動のほか、イラストレーター、絵本作家、楽曲提供など、クリエイターとしての一面も持ち合わせる。2017年2月15日に24枚目のシングル「私」をリリース。同作品には本イベントのテーマソング「サクラハラハラ」も収録。

ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

 

         www.naked-inc.com

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.01.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ