「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」展

 


(c) Galerie Patrick Seguin

 


フランス大使公邸で開催の
「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」
合計200名追加チケット事前予約受付開始!!

 

 

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作が会長を務める公益財団法人現代芸術振興財団は、2016年10月22日(土)・10月23日(日)の2日間にわたり、「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」展を、フランス大使公邸にて開催いたします。

本展は、前澤友作氏の国内有数のコレクションを中心に構成する、20世紀を代表するデザイナー/建築家、ジャン・プルーヴェを紹介する展覧会です。

 

チケットは事前予約制で2日間700名限定でしたが、予約開始からわずか一日ほどで予約満席となりました。
 

日本では約10年ぶりの大規模なプルーヴェ展となるだけあり、多数のお問い合わせをいただいたことを受け、観覧日程・時間の追加が決定、10月14日(金)19時からチケット200枚を事前予約受付を開始します。

 

《追加チケット詳細》============================
10月23日(日)17:00-17:30   入場50名(閉場は18:00)
10月24日(月)10:00-10:30  入場50名
                      11:00-11:30   入場50名
                      12:00-12:30   入場50名(閉場は13:00)
                      合計200名追加
==========================================

※ 追加チケットは満席となりましたので終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(c) Galerie Patrick Seguin

 

ジャン・プルーヴェによる家具約60点と、日本初公開の組立住宅《F 8x8 BCCハウス》を、そのデザインの過程で生まれたドローイングや建築写真などの資料とともに展示する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

[開催概要]
展覧会名: the CONS TRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン
会期:       2016年10月22日(土)・23日(日)
開館:       10:00~17:00(最終入場16:30)
会場:       フランス大使公邸(東京都港区南麻布4-11-44)
入場料:    無料【完全予約制・2日間700名限定】
主催:       公益財団法人現代芸術振興財団
協力:       在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
会場構成:  Galerie Patrick Seguin
会場設営 : HIGURE 17-15 cas
              http://gendai-art.org/

 

 

 

 

公益財団法人現代芸術振興財団とは

アパレル中心のインターネットショップ「ZOZOTOWN」などを運営する株式会社スタートトゥデイの代表取締役社長・前澤友作氏(37)が、現代芸術の普及・若手芸術家および音楽家の支援を行うことを目的に2012年11月に設立した公益財団法人。評議員に石坂泰章氏(株式会社サザビーズジャパン代表取締役社長)、片山正通氏(インテリアデザイナー・株式会社ワンダーウォール 代表)、MEG氏(音楽家)、理事に小林武史氏(音楽プロデューサー)、佐藤有美氏(株式会社経済界 代表取締役社長)ら、各界を代表する面々が名を連ねる。

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2016.10.14)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ