第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016

 

 

今回のテーマは、暮らしデザイン新時代
~住まいと暮らしのイノベーション 次世代デザインセンスとサムシングニュー~


ギフト・ショーで会おう」を合言葉に、第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016は、2016年9月7日(水)~9日(金)の3日間、東京ビッグサイト全館で開催されます。今回のテーマは、「暮らしデザイン新時代 ~住まいと暮らしのイノベーション 次世代デザインセンスとサムシングニュー』です。住まいと暮らしのイノベーション。暮らしの質を高めると生活者達は、ライフスタイルに合わせ、日本の伝統工芸品や芸術品、フラワー・グリーン、写真、音楽、インテリアアクセサリーなど様々な要素を組み合わせてホームファッション化します。住まいのリノベーションで、新しい付加価値を生み出し、持続的(サスティナブル)な社会の成長を確保します。
 

素敵な暮らしを演出する」様々な逸品が日本のみならず、世界各国から、東京ビッグサイト全館に大集合いたします。

 

 

 

台湾デザインセンター(台北市)は、第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016で「Fresh Taiwan-MULTI DIMENSHIION」をテーマに、台湾のハイクオリティでスタイリッシュなインテリア雑貨をアジアに向けて発信します。急速にデザイン力を高めた台湾のデザインシーンは、国際的なデザイン賞(IDEA, Gマーク, red dot, iFなど)においてもアジアトップ圏の受賞数を誇り、今もっとも注目されるデザイン大国として台湾デザインに対する評価が国際的に高まっています。そんな急成長する台湾デザインの製品は、台湾文化部(文部科学省相当)が立ち上げ、台湾デザインセンターが運営する「Fresh Taiwan」プロジェクトとして、ギフト・ショーに出展。出展作品の一部をご紹介します。

 

|   日本の手工芸文化からインスピレーションを受けた台湾デザインが凱旋上陸!

 


建築の鉄骨構造をモチーフに、3Dプリンターで作った 型で成形した「箸置き 直」。
ゴールデンピン・デザイン アワード受賞、ゴールデンピン・バイヤーズアワード入選。


Woo Collective
器は、その時代の人々の生活や文化をそのまま刻み込まれ、歴史を映りだす「モノ」。古き世代の文化や工芸を受け継げたWooは新世代の視点と技術の元で、生活の中のひと時のために美しい器を作り続けていく。
www.woo-collective.com

 

 

 


コンク リート打ち放しスタイルの鉢植えカバー

 

メディテーションノート

コンク リート打ち放しスタイルの薄いカバーに万年筆と相性が良い紙質を用いた見 て触れて楽しめるノート。色はグレー、黒と白の三色で 初心がよみがえる素朴なデザイン。他では見ない模様と手触りはあの時の夢と望みを思い出される。

QiZhi Co., Ltd
噐質(QIZHI)とは「本質を求める」という意味が込められている。コンクリート素材を二年余りの時間をかけて探り続け、きめ細かくなめらかな仕上がりにたどり着いた。ローハスの視点で物事を考えマテリアルの本質を伝い、新しい体験を今後もお客様に提供していく。
www.qizhi.co

 

 

 

「JinGoo.間關」というのは古代中国ではうぐいすの美 しい鳴き声を表す二文字。オリエンタル感溢れる鳥ご
には照明とBluetoothスピーカー機能も搭載。

 

Daqi Concept Inc.
DAQI大器は、大器晩成(大人物は遅れて大成する)ということわざに由来する。美しいモノは時間の重ねによりようやく完成するという想いをこめられている。伝統工芸に現代技術の力を加え創りだす作品たちは、きっとライフスタイルのアクセントになる。
www.daqiconcept.com

 

 

 

 

 

 


ステンレス素材の栓抜き「House」

童心溢れるこの栓抜きはテーブルに置くと、アクセサリーにもなるかわいいカタチをしている。

Studio Kanari Design Ltd.
2013年創立。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ出身のデザイナー王翔氏に加え、国内外でキャリアを積み重ねたスタッフたちは、美的感覚に優れ、実用性が高いモノを多数発表してきた。ほどよい遊び心が溢れる、今いる空間にすんなりと馴染んでいくユニークな作品を多数発表。
www.studiokanari.com


 

 

 

 


Tealight holder

 

 


ジュエリートレー

日本の伝統工芸「金継ぎ」からインスピレーションを得て、オブジェクトの欠点を隠すのではなく、その疵を特徴として、職人の技術で物のストーリーを語る作品。三日間の酸化工程でできる青サビの模様と色合いをそのまま、それぞれの破片を独自の技法を用いて金属でつなげて完成した。


Yenchenyawen Design Studio
異なる素材と色彩の組み合わせで高質感のオブジェとインテリア・アクセサリーを数々発表。デザイナーの張晏誠氏は伝統工芸を通して最適な素材を使い、新しいデジタル技術を駆使し新しい可能性を掘り出し、もう1名のデザイナー周雅.氏はインスピレーションの探求に専念し、複合素材と色とのコンビネーションから新たな趣きを創り出す。
www.yenchenyawen.com

 

 

【開催概要】
名称: 第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016
会期: 2016年9月7日(水)~9日(金)
開催時間: 7・8日 10:00AM~6:00PM
               9日:   10:00AM~5:00PM
主催: 株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
会場: 東京ビッグサイト(全館)
        東展示棟東1~6全ホール
        西展示棟西1~4全ホール、アトリウム
        会議棟1階レセプションホール
http://www.giftshow.co.jp/tigs/82tigsinvitation/index.htm


 

 

中華民国(台湾)文化部について

文化部は2012年5月20日の設置から、さまざまな文化クリエイティブ産業の 振興計画を推進してきた。台湾の文化クリエイティブ産業の発展を目指し、中小企業向けの起業コンサルティングサービス、研究、産業振興、ブランディ ング、マーケティングといった多元的な政策を推進している。当部では、台の文化クリエイティブ産業を世界に向けて発信するため、産業の発展につながるさまざまな重要な結びつきを強めている。今後、イノベーションやさらなる洗練、文化の発掘に焦点を当て、台湾の文化クリエイティブ産業の強みを 際立たせていく方針である。
 

台湾デザインセンターについて
台湾デザインセンターは台湾のクリエイティブ産業の発展を促進するためのトータル・サービス・プラットホームです。デザイン人材向上、デザイン国際交流の促進や、市場性や産業競争力の強化を主な任務とし、企業のオリジナ ルブランドの形成や発展に寄与する基礎づくりに努めています。これからの産業の高付加価値化に注力し、「 Designed in Taiwan 」の時代到来を目 指します。


台湾デザインセンター(TAIWAN DESIGN CENTER)
台湾110台北市信義区光復南路133号
WEB:www.tdc.org.tw

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-10  /  更新日:2016.08.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ