DIESEL LIVING ミラノサローネで新作発表

 

2016年4月、世界最大のデザインイベントMilano Design Week2016が4月12日 (火) から17日 (日) までの6 日間、イタリアミラノで開催されました。Milano Design Weekは、毎年期間中にデザインの最新トレンドが世界に発信される世界最大のデザインイベント。

 

まずは第55回Salone del Mobile.Milano(ミラノサローネ国際家具見本市)会場から、メーカーの新作を中心に、展示会の様子をご紹介。非常に厳しい審査により出展の可否と出展ブース、スタンドが主催者側によって決められる、主にB to B (土日は一般開放)のミラノローフィエラでは、過去最高の372,151人の来場者数を記録しました。

 

 

 

ここは、生活し、創造し、ギャザリングに心地よい場所です。
「COME IN, WE’RE OPEN!(ご自由にお入りください!)」

 

2016年のミラノサローネ国際家具見本市において、DIESEL LIVINGのコンセプト「come in, we’re open!」。

今年のDIESEL LIVINGはブランドのクリエイティビティを広く紹介するため、体験型のオープンスペースをつくりました。DIESEL LIVINGの全商品カテゴリーをミックスして、独立したセットとして構成されたスペース。独自の雰囲気を演出し、住まいとアートをミックスして、商品が最も輝く環境で展示を行いました。

 

DIESEL LIVINGのコレクションはイタリアを代表するインテリアメーカーとのコラボレーションを行っており、コレクションは350㎡のシングルブース全体を使って展示されます。Scavolini(スカボリーニ)社とのコラボレーションによる新Diesel Open Workshop KitchenとBathroom、Foscarini(フォスカリーニ)社と協働した照明、Moroso(モローゾ)社との家具、Seletti(セレッティ)社とのホームアクセサリー、Berti(ベルティ)社との木製フローリング、すべてが主役です。

 

 

|   Diesel Living with Moroso(モローゾ社とのコラボ)

Diesel Living with Moroso(モローゾ社とのコラボ)のインスタレーションはアーティスティックなシーン。家庭的なものの奥に隠されたインスピレーションに焦点を当てます。

 


主役は新しいファブリックを使った布張り家具。新しい布張り素材は、レザー3種類とビクトリア朝のタペストリーからインスピレーションを得たジャガード柄1種類。「NATURAL ORGY」は意外な要素とカラーをぶつけて、現代的な美学を表現しています。

 

木材の天板を使った「PYLON TABLE」の新バージョンや「AIRCRAFT MIRROR」も見逃せません。

 

 

 

 

| Diesel Living with Foscarini(フォスカリーニ社とのコラボ)

Diesel Living with Foscarini(フォスカリーニ社とのコラボ)は専用のミラーギャラリーで展開し、新商品の照明が一つひとつ専用のシーンのもとで展示されます。

 

紹介されるのは「VENT」、「SMASH」、そして「GASK」の壁取付け用バージョン。1つめの「VENT」(左)はインダストリアルなディテール。工業用建屋の壁の通気口をそのまま生活空間に取り入れ、部屋に大胆さを加えます。

2つめの「SMASH」(右)は作業場のエッセンスを捉えたもの。変形加工プロセスの中から生まれるしなやかで有機的な形は、繊細で詩的でさえあるのです。

 

 

 

 

| Diesel Open Workshop kitchen and bathroom

新登場の「Diesel Open Workshop Kitchen」は、クリエイティブな生活に相応しい出入り自由なスペース。「物」と「力」がよどみなく一体となり、完璧な作業の流れが実現される場所です。

 

インダストリアルな印象でありながら、毎日の暮らしに相応しくつくられています。空間、貯蔵場所、使い勝手の良さを最大化すべくデザインされた「Open Workshop」。特徴的なメタリック構造がディーゼルの「work and create(創造する仕事)」精神を強調し、美的かつ機能的で、ユニークなスペースを提供します。

 

主にラッカー塗装の木材、アルミニウム、パウダーコーティングの金属材を使用し、生木の風合が添えられています。現代の生活を考えてデザインされた「Diesel Open Kitchen」は、ぜひとも体験すべきクリエイティブな活動の拠点です。

 

 

バスルームは今年のDIESEL LIVING に新登場したカテゴリー。すっきりしたラインで構成された空間に重工業を思わせる対照的なメタリックのディテールとガラスを配した、コンテンポラリーなキッチンとバスルームがうまれました。新鮮で意外性のある生活空間の誕生です。

 

 

その他、Diesel Living with Seletti(セレッティ社とのコラボ)の「COSMIC DINER」テーブルウエアシリーズやBerti(ベルティ)社と協働した木製フローリング、Iris Ceramica(イリス・セラミカ)社との「セラミックタイル」を発表しました。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
www.diesel.co.jp/living
 
 
 
 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-8  /  更新日:2016.06.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ