建築家・三分一博志氏の個展「三分一博志展 風、水、太陽」を開催

 

建築が“いかにして地球の一部になりうるか”
を一貫したテーマした建築家・三分一博志氏の個展

 

TOTOギャラリー・間では、広島をベースに瀬戸内に根ざした設計活動を行っている建築家・三分一博志氏の個展「三分一博志展 風、水、太陽」を開催します。


三分一氏は、建築が“いかにして地球の一部になりうるか”を一貫したテーマとして作品をつくり続けています。「地球にも人にも認めてもらえる建築」を創造するための入念なリサーチは、その土地の歴史や風土、人と自然の営みを紐解くとともに、地形や方位によってその姿を変える「動く素材」― 風、水、太陽などを丹念に観察し、それらを分析することで、あるべき建築の姿を探求してきました。そして、設計段階から四季折々に現場に足を運び、「動く素材」を観察し、自らカメラに納めた画像は10万枚を超えるアーカイブとなっています。これらのリサーチに基づいた三分一氏の作品は、その場所特有の建築であることを超え、さらに未来へと引き継がれていくことを目指しており、国内のみならず海外でも高い評価を受けています。


 

直島ホール (香川県/2015年)
©三分一博志建築設計事務所

 

 

六甲枝垂れ(兵庫県/2010年)
©三分一博志建築設計事務所

 

本展では、こうした三分一氏の取り組みを、「犬島精錬所美術館」(岡山県/2008年)、「六甲枝垂れ」(兵庫県/2010年)、「宮島弥山展望台」(広島県/2013年)、「The Naoshima Plan」(香川県)、「直島ホール/直島の家-またべえ」(香川県/2015年 )、「おりづるタワー」(広島県/2016年竣工予定)など、瀬戸内のプロジェクトに焦点をあてて紹介します。それぞれの建築がその場所ごとの「動く素材」を通して、地球のディテールとして存在する姿を感じていただくとともに、設計段階での大量のリサーチデータや、実証実験の模型や映像、モックアップなどで、三分一建築の設計過程をご覧いただきます。三分一氏の全作品を総覧するアーカイブ映像も展示する予定です。

 

 



左 犬島精錬所美術館 (岡山県/2008年)
  ©三分一博志建築設計事務所

右 直島本村の風の流れ、水の流れ
  ©三分一博志建築設計事務所

 

 

左 六甲の水の動き
  ©三分一博志建築設計事務所


右 直島本村の風の流れ、水の流れ
  ©三分一博志建築設計事務所

 

 

本展と前後し、本年3月より開催される「瀬戸内国際芸術祭2016」では、昨年11月にオープンした「直島ホール」を会場に、「直島建築展+The Naoshima Plan」展と題した展覧会が春(3月20日~4月17日)と夏(7月18日~9月4日)の期間中に開催される予定となっており、氏の思想と実作を同時にご覧いただくことができます。本展とあわせてぜひご覧ください。

 


【展覧会概要
展覧会名(日):三分一博志展 「風、水、太陽」
展覧会名(英):Hiroshi Sambuichi ―― Moving Materials
会期:2016年4月15日(金)~6月11日(土)
開館時間:11:00~18:00
休館日:月曜・祝日
入場料無料
主催:TOTOギャラリー・間
企画: TOTOギャラリー・間運営委員会
(特別顧問=安藤忠雄、委員=岸 和郎/妹島和世/内藤 廣/エルウィン・ビライ)
会場構成:三分一博志+千代章一郎
協力:公益財団法人 福武財団
後援:一般社団法人 東京建築士会
   一般社団法人 東京都建築士事務所協会
   公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
   一般社団法人 日本建築学会関東支部
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex160415/index.htm

(文:インテリア情報サイト編集部-6  /  更新日:2016.04.02)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ