「360°住宅解剖展」三協アルミ首都圏ショウルームにて開催中

360_sankyoalumi_top.jpg

 

 

東京・西新宿の三協アルミ 首都圏ショウルームにて、12月1日(火) まで『 第一回 SACLAB デザイン展 「 360°住宅解剖展 」 』 が開催中です。 
建築家・納谷新氏による自邸「360°」には、芝生の屋根や内部と外部の境目を感じさせない空間設計など、既成概念にとらわれない自由な発想や、趣味を心から楽しむ工夫が随所に見られます。 
本展では、「360°」のケーススタディを中心に据え、これからの郊外住宅のあり方を共に考えていきます。同時に、家づくりに協力した納谷氏の友人デザイナー達の声を拾い、住宅の魅力づくりを解剖します。


第一回 SACLAB 建築デザイン展「360°住宅解剖展」

会 期 : 開催中~12月1日 (火)
場 所:三協アルミ 首都圏ショウルーム
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿 3-6-11 西新宿 KSビル 9F
開館時間:10:00~17:00(水曜定休)
入場料:無料
企画:株式会社 TRUNK

見どころ:
周囲を巻き込んでの家づくり
「360°」は、納谷氏の友人デザイナー達の協力を得て完成しました。岡安泉氏による照明、藤森泰司氏による階段、寺田尚樹氏による表札、そして安東陽子氏によるカーテン…随所に見られるこだわりポイントを紹介いたします。

天井高1.35m!かがんで入る和室の体験型展示
「360°」の中2階にある畳スペース。天井高わずか1.35mのその場所は、洗濯物をたたんだり、客間となったり、自由な使われ方をしています。そんな特徴的な和室を再現した空間を体験いただけます。

 

<トークイベント>
「360°―みんなで語り、つくる家(仮)」
11月20日(金)18:30~20:00
参加クリエイター:納谷新(建築家) 
ゲスト:未定
申込方法:代表者氏名・ご所属・メールアドレス・人数を明記の上、下記までお申込みください。 
SACLAB 事務局(三協立山株式会社 三協アルミ社内)  saclab@nifty.com
 


360_nayaarata.png建築家プロフィール
納谷 新(なや あらた)
建築家。1966年秋田県生まれ。1991年芝浦工業大学卒業。 1991~93年山本理顕設計工場。1993年納谷建築設計事務所設立。 現在昭和女子大学、芝浦工業大学非常勤講師。

 

 


360_sankyo_alumi_logo.png三協アルミ 首都圏ショウルームについて
サッシ・玄関・室内建材などの住宅建材商品を中心とした品揃えで家づくりのお手伝いをさせていただく「商品実感型」のショウルームです。
                             http://alumi.st-grp.co.jp/shr/tokyo/index.html


 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2015.11.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ