Salone del Mobile(ミラノサローネ2015)Kartell

2015年4月、世界最大のデザインイベントMilano Design Week2015がイタリアミラノで開催されました。

世界最大のデザインイベントMilano Design Week2015期間中に、世界に発信されたトレンドや新作をシリーズでご紹介していきます。

まずは、Salone del Mobile.Milano(ミラノサローネ国際家具見本市)会場から、世界の家具産業界を牽引するメーカーの新作などを中心に、展示会の様子をご紹介。ミラノローフィエラ会場では4月14日 (火) から19日 (日) までの6 日間、第54回Salone del Mobile.Milano(ミラノサローネ国際家具見本市)が開催され、業界関係者の来場者数は310,840人、内、外国人来場者は69%、外国人来場者1位が中国、2位がドイツで飛躍的な数を記録しました。

 

世界の家具産業界を牽引するメーカーご紹介の第2回は、プラスチック家具メーカーのパイオニア Kartell(カルテル)社。

 

今年の Kartell(カルテル)のインスタレーションテーマは「CONTEMPORARY lifestyle」。

大理石プリントの壁紙で邸宅をイメージし優雅さを演出させた会場は、プラスチック素材の製品がうまく引き立っていました。カルテル独自の概念でクラシックとコンテンポラリーが同時に組み合わさったエレガンスな会場を手掛けたのは Ferruccio Laviani(フェルーチョ・ラヴィアーニ)

 

 

Piero Lissoni(ピエロ・リッソーニ)


■ LARGO
中央のソファ、Piero Lissoni(ピエロ・リッソーニ)がデザインした「LARGO(ラルゴ)」。

 

 

 

 

Ferruccio Laviani(フェルーチョ・ラヴィアーニ)



 

■ KABUKI(カブキ)

今回の会場構成を手掛けた Ferruccio Laviani(フェルーチョ・ラヴィアーニ)とフロアランプは「KABUKI(カブキ)」。「KABUKI(カブキ)」は、細かい網目模様のプラスチック製のランプだが、光をつけるとクリスタルのような輝きを放つフロアランプ。

 

 

 

 

Tokujin Yoshioka(吉岡徳仁)



 

■ PLANET(プラネット)

吉岡徳仁はカルテル初の照明を発表。洗練された素材の美しさをシックに表現していた「PLANET(プラネット)」はクリスタルボールのような輝きでした。

 

 

 

 

RON ARAD(ロン·アラッド)


■ Bookworm(ブックワーム)

ロン・アラッドデザインのユーザー一人ひとりのクリエイティブセンスが生かせる画期的な世界初のフレキシブルシェルフ「Bookworm(ブックワーム)」は新色を発表。

 

 

 

 

Patricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)



 

■ jellies coathanger

Patricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)は人気のジェリーシリーズからコートハンガーフックを発表。

 


 

 

■ DEWEY bookshelf (デューイ シェルフ)

パトリシア·ウルキオラは機能に応じて、ダイニングルーム、ベッドルーム、キッチン、バスルームとどこでも使えるシェルフを発表。棚板と背板の材質を替え、背板を透明アクリルしたことで宝石箱のようなシェルフが出来上がりました。

 

 

 

 

Eugeni Quitllet(ユージェニー・キトレ)



 

■ LOUD-IO vase-o&chair 

Eugeni Quitllet(ユージェニー・キトレ)の LOUD-IOは名前の如く、透明のプラスティックを雲のようにデザインしたフラワーベースとチェア。

 

 

今年のカルテルはテーマの通り、コンテンポラリーで可憐な洗練された作品を多く発表しました。

 

 

 

サローネ・デル・モビーレ・ミラノは世界最大規模の家具展示会です。2500の出展、30万人以上の訪問者の規模を持ち、160カ国以上の人々が集まります。家具デザインのトレンドを押さえる上で欠かせないイベントとなっています。

http://www.milanosalone.com/

 

1949年ミラノに設立。創造性、革新性と魅力的なデザイン性を兼ね備えたユニークなプラスチック製品のコレクションを製造・販売する、イタリア最大のプラスチック家具メーカー。

http://www.kartell.it/

 


 

(文:KEIKO YANO (矢野 恵子)  /  更新日:2015.06.25)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ