オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男

オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男オスカー・ニーマイヤー《ニテロイ現代美術館》Photo: Leonardo Finotti

 

「私たちの建築が、いかにブラジルの気候とその素晴らしい熱帯性の風土に合致しているかということを知ってほしいのです」(オスカー・ニーマイヤー)

 

ブラジルのモダニズム建築の父、オスカー・ニーマイヤー(1907-2012)の日本での初の大回顧展が東京都現代美術館で開催されます。

ブラジル国内の主要な建築の設計を手がけ、そのユニークな創造性によって、内外で高い評価をうけ、アメリカ建築家協会ゴールドメダル、プリツカー賞、高松宮殿下記念世界文化賞など数々の建築賞やレーニン国際平和賞を受賞しました。同展では、2012年に104歳で亡くなる直前まで精力的に設計を続けていた伝説的なカリスマ、ニーマイヤーのほぼ1世紀にわたる建築デザイン活動の全貌が、図面、模型、写真、映像などによって紹介されます。

 

オスカー・ニーマイヤー《ニテロイ現代美術館》
Photo: Takashi Homma 2002年
オスカー・ニーマイヤー《カノアスの邸宅》
Photo: Takashi Homma 2002年


 

 

リオデジャネイロに生まれたニーマイヤーは、リオデジャネイロ国立芸術大学建築学科で学び、師ルシオ・コスタとともに建築事務所をたちあげます。モダニズム建築の巨匠である、ル・コルビュジエとの出会いのあと、彼とルシオ・コスタとともにリオデジャネイロの教育保健省(1936)の設計に携わりました。すでにパンプーリャ・コンプレックスの設計で建築家としての地位を確立していたニーマイヤーは、再びコルビュジエとともにニューヨーク国連本部ビルの設計(1947)に携わりました。ニーマイヤーの偉大な仕事は、なんといっても首都ブラジリアの設計といえるでしょう。1950年代国家の大プロジェクトである、首都ブラジリアの主要な建物設計(国民会議議事堂、大聖堂など)にたずさわり、創造性豊かな都市をつくりあげました。この成功は建築という概念を超えた歴史的イベントとして、ブラジルの名を世界に知らしめ、ブラジリアは1987年世界遺産に登録されたのです。

 

オスカー・ニーマイヤー《ブラジリア大聖堂》
Photo: Leonardo Finotti
オスカー・ニーマイヤー《サン・フランシスコ・デ・アシス教会》
Photo: Leonardo Finotti


 

 

60年代のブラジルの軍事政権下、ニーマイヤーはパリに移りそこで20年活動。85年の帰国後は母国に戻り、多くの設計を行い、後進の育成にも努めました。

「建築にとってアートはとても大切です」と語っていたニーマイヤーは、幼いころからドローイングを得意とし、描いた絵をじっとながめてそれが存在するようにたちあらわれると感じていました。彼のデザインは、フリーハンドの大胆さと自由さ、そしてそれを空間化していくときの身体感覚にみちています。女性の身体に例えられるように有機的でダイナミックな曲線、生命感とモダニズムの幾何学の調和を特徴としています。その未来的な形は日本の建築家にも多くの影響を与えてきました。

2016年のリオデジャネイロでのオリンピック開催を前に日伯外交樹立120周年を記念して、リオが生んだこの偉大な建築家の軌跡が紹介されます。

 

オスカー・ニーマイヤー《コンスタンティーヌ大学》
Photo: Leonardo Finotti
オスカー・ニーマイヤー《イビラプエラ公園 講堂内部》
Photo: Leonardo Finotti


 

 

展覧会情報

展覧会名:オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男
会 期:2015年7月18日(土) ~ 10月12日(月・祝)
開館時間:10:00 ~ 18:00(7 ~ 9月の金曜日は21:00まで)*入場は閉館の30分前まで
会 場:東京都現代美術館(〒135-0022 江東区三好4-1-1)
    企画展示室地下2F
休館日:月曜日(7/20、9/21、10/12は開館)、7/21、9/24
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、駐日ブラジル大使館、日本経済新聞社
会場構成:SANAA
観覧料:一般1,100円/ 大学生・専門学校生・65歳以上800円/ 中高生600円/小学生以下無料
    *20名以上の団体は2割引き *同展チケットでMOTコレクションも観覧覧できます。
    *身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と
     その付添者(2名まで)は無料。
     同時開催の「ここはだれの場所?」、 「きかんしゃトーマスとなかまたち」との共通券もあります。
問い合わせ:03-5245-4111(代表)/ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
企 画:長谷川 祐子(東京都現代美術館 チーフキュレーター)
展覧会スタッフ:小高 日香理(東京都現代美術館)
        森 千花(東京都現代美術館)

 

関連イベント

●SANAAトークイベント 「We Love Niemeyer」(仮称)
 スピーカー:SANAA事務所 妹島和世氏・西沢立衛氏(本展会場構成担当)
       長谷川祐子(東京都現代美術館 チーフキュレーター)
 日 時:2015年8月22日(土) 15:00-
 場 所:東京都現代美術館 地下2F講堂

●東京都現代美術館 チーフキュレーター 長谷川祐子によるギャラリー・ツアー
 日 時:2015年8月29日(土) 15:00-
     2015年9月12日(土) 15:00-
 場 所:企画展示室地下2F

※その他、イベントが予定されています。
詳細は決まり次第東京都現代美術館のホームページで案内されます。

 

http://www.mot-art-museum.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2015.06.06)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ