南青山スパイラルで「妖しのインテリア」が今年も開催決定!

妖しのインテリア

FREDERIQUE MORREL、BOKJA、他、

トーヨーキッチンスタイルがセレクトした作品を一同に発表

 

トーヨーキッチンスタイルが、2014年12月12日(金) ~ 12月14(日) の3日間、東京・南青山のスパイラルガーデン(スパイラル1F)で展覧会「妖しのインテリア」を開催します。

フランスの「FREDERIQUE MORREL|フレデリック・モレル」とレバノンの「BOKJA|ボクジャ」、作家2組に加え、フランスのブランド「ibride|イブリッド」など今年のミラノサローネで発表された新作や、トーヨーキッチンスタイルが提案する独自の世界感をもったインテリアアイテムが展示されます。

近年、心の内面や、外へのメッセージを、ストレートに表現する作家が世界で台頭してきました。ミニマルからデコラティブに移行しつつあるインテリアトレンドのなか、常識や合議とは無縁な、作家個人の魂が込められた作品は、面妖にさえ感じる美しさを放ちます。作品から受ける鮮烈な印象や個性は、インテリアの世界に一つの方向性を示唆しています。トーヨーキッチンスタイルのディレクションを行なう代表取締役社長 渡辺孝雄は、2013年5月に東京 スパイラルガーデンで「妖しのインテリア」展を開催し、3日間の開催期間で3000名を越える来場数を記録、その後同年12月には大阪、2014年8月には名古屋にても同展覧会を開催しました。


インスタレーションを一新

展示作品とともに好評を得た、妖しのインテリアのインスタレーション。
別の世界に足を踏み入れたかのような空間は、多くのメディアにて取り上げられました。
今回、世界観はそのままに全く新しいインスタレーションとなります。
 

2013年5月、東京での展示の様子 ©Nacása & Partners
 

 

展示アイテムより一部抜粋

今年のミラノサローネで発表された新作をはじめ、今回の展覧会のために作品が用意されます。

 

FREDERIQUE MORREL|フレデリック・モレル

パリでスタートしたアバンギャルドなインテリアブランド。アーティストであるフレデリックは、亡くなった祖母が得意だったニードルポイント刺繍*への思いをきっかけに創作活動を始め、アダムとイヴ、エデンの園、失楽園やノアの方舟といった神話的な要素にインスピレーションを受け、スピリチュアルな美意識で作品を発表し続けています。2014年は、NYのエルメスのウィンドウディスプレイを手掛ける等、精力的に活動しています。

*ニードルポイント刺繍:キャンパス生地全体にウールの糸で刺繍を施す技法。仕上がりはまるで織物のような印象。ウール糸を使用することから、タペストリーとして装飾に用いられるだけでなく、室内の温度調整の役割も果たす実用性も兼ね備えています。

 

BOKJA|ボクジャ

地中海に面するレバノンの首都、ベイルートに拠点を置くHoda Baroudi(ホダ・バロウディ) と、Maria Hibri(マリア・ヒブリ)による才能豊かなデザインデュオ。2000年に創設され、キリムなどの伝統的工芸に尊敬と情熱を注いできました。叙情的な色づかいが美しく、ハンドメイドならではの、クラフトマンシップを感じる、高い芸術性を持った作品を生み出しています。

bosa

bosa|ボーサ

セラミックの新たな表現を探究し、空間に彩りを与えるユニークな作品を発表し続けている、イタリアのブランド。独自の美しい彩りのセラミックは、独自の革新的な技術によって完成している。ハイメ・アジョンをはじめとする、多数の著名なデザイナー、建築家によるデザインの作品を発表している。

 

ibride|イブリッド

デビュー以来そのファッション性の高さとファンタジックな世界感で人気を博すフランスのインテリアブランド。
創設者である3人のクリエーターの才能がハイブリッド(ブランド名はハイブリッドを意味する)することでうまれたユニークなデザインが魅力です。NYのバーニーズやロンドンのリバティストアなどでも取り扱われています。
今回は、棚やクローゼットとしての機能ももった絵画のようなオブジェなどが展示されます。

 


「妖しのインテリア」開催概要

日 程:2014 年12 月12 日(金)~12 月14 日(日)11:00-20:00
会 場:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目6番23号
最寄り駅:表参道駅(銀座線・千代田線・半蔵門線)B1、B3出口すぐ
主 催:株式会社トーヨーキッチンスタイル
主な展示内容:家具、インテリアオブジェ、キッチン、照明、フラワーベース等
展示予定アーティスト: FREDERIQUE MORREL、BOKJA、
展示予定ブランド: ibride、Jaime Hayon by bosa、gufrum 他
*「妖しのインテリア」特設サイト: http://www.toyokitchen.co.jp/ayashinointerior/

 

 

TOYO KITCHEN STYLE

http://www.toyokitchen.co.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-8  /  更新日:2014.12.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ