ユールボード展 人と環境にやさしい素材の空間提案

ユールボード展

昨今、住宅や商業空間で目にする機会が増えた紙素材のボードは、家具やディスプレイなど幅広い用途に活用されています。紙本来の軽さや加工のしやすさはもちろん、耐久性・恒久性が高く、防炎性・耐水性に優れる上、100%リサイクル可能などの特性をもちあわせた、建材として新たな可能性を感じさせる素材です。最近では、環境に対して厳格なヨーロッパでも、人と環境に優しい素材として高く評価されています。

本展では、紙素材ボード「ユールボード」を紹介します。木材やアクリル、鉄などに代わる新たな素材として、ユールボードの特徴を活かしたインテリアプロダクトやディスプレイツール、子ども向けの家具やおもちゃの実物のほか、商業施設のインテリアやディスプレイとしての使用例など、具体的な活用方法を展示します。都市生活者の空間へのニーズが多様化するなか、それを可能にする設計方法や加工技術も紹介し、生活者とプロが実際に素材を見て、触れて、新たな活用方法を探る機会を目指します。

 

 

展示内容

□ 「ユールボード」で制作した家具、おもちゃ10点
□ 「ユールボード」を使用した空間設計、デザインの事例:商業施設、住宅、ディスプレイ等を写真パネルで紹介
※「ユールボード」は他のダンボールと異なり、中芯をハニカム構造として強度をもたせています。組み立ても解体も容易で繰り返し使用できるうえ、表面加工により耐水性を上げることができます。また、防炎認可も取得しています。

 

出展者

昌和印刷株式会社

1962年創業の販促物の企画・制作会社。自社内に制作工場・物流センターを構え、販促物に関わる全ての業務を一貫して行う。多様化する顧客ニーズに応え、常に新たなアイデアと価値を創造し、地球環境の保全に取り組むべく、事業活動を展開している。
http://www.showa-print.com/

 

説明会

「ユールボードの可能性 ~人と環境に優しい商品開発~」

日 時:11月18日(火) 17:00 ~ 18:00 11月22日(土) 14:00 ~ 15:00
設計者やデザイナーなど、空間デザインを手掛けるプロ向けに製品の特徴、開発の背景などを解説します。
※申込不要、参加無料

 

開催概要

会 期:2014年11月13日(木) ~ 11月25日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
時 間:10:30 ~ 19:00
会 場:リビングデザインセンターOZONE(7F リビングデザインギャラリー)
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
主 催:昌和印刷株式会社
協 力:リビングデザインセンターOZONE
入場料:無料
問い合わせ先:03-5322-6500(10:30 ~ 19:00 水曜日休館)
URL:http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1727.html

 


リビングデザインセンターOZONE


〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
http://www.ozone.co.jp/

 

(文:リビングデザインセンターOZONE  /  更新日:2014.11.05)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ