Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014

デザインの現在(いま)が集結!東京を代表するデザインの大型イベント

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014 開催

大人も子どもも楽しめる、東京ミッドタウンがデザインで埋めつくされる18日間
10月17日(金)~11月3日(月・祝)

 

東京ミッドタウンで、デザインの現在(いま)を、東京のまん中で発信する秋のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」(東京ミッドタウンデザインタッチ2014)が、2014年10月17日(金)から11月3日(月・祝)まで開催されます。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、「デザインを五感で楽しむ」をマスターコンセプトに、2007年より毎年開催し、デザインに深い関心のある方から、初めてデザインのイベントに来る方まで、幅広い層に楽しまれています。

今年のテーマは、「デザインのスイッチ」。身近にあるモノやコトが、デザインのチカラをプラスするだけでちょっとワクワクしたり、素敵になったり。いつもの暮らしのなかで、そんなときめきをキャッチする「デザインのスイッチ」は、きっと誰もが持っているはずです。同イベント開催を通して、このスイッチをいつもより多く押し、心の刺激となるような、多彩なコンテンツが用意されます。

 

スワリの森 DESIGN×SCIENCE


スワリの森 DESIGN×SCIENCEスワリの森(イメージ)

東京ミッドタウンの芝生広場に、おどろきと発見あふれる不思議なチェアが多数登場!

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」のメインコンテンツ「スワリの森」。都会のまん中に広がる芝生広場が、「デザインのスイッチをONする」広場に変わります。あなたも思わず座ってみたくなる、デザインと科学がコラボした多彩なチェアが登場します。

新進気鋭のクリエイティブディレクター古屋遙と、科学の楽しさを伝える創造集団ガリレオ工房が手掛けるチェアは、ひとつひとつに“科学のふしぎ”を体験できる仕掛けがあります。広場の中心には、みんなで座りたくなる巨大な「切り株チェア」。そして、ふたりが釣り合いをとらないと座れない「ハートバランスチェア(重心)」、「秘密を打ち明けたくなるチェア(放物線+集音)」、「座ってあたためるチェア(伝熱)」など、デザインと科学が結びついて生まれる、たくさんの刺激的で楽しいチェアが芝生広場に並びます。

また、アーティスト 鈴木康広、クリエイティブユニット magma、デザイナー 鈴木啓太、建築家 大西麻貴+百田有希 / o + h(21_21 DESIGN SIGHT「活動のデザイン展」より特別出展)など、人気のクリエイターたちもゲスト参加。デザインマインドあふれるチェアに座り、「デザインのスイッチ」が刺激される企画です。


【期間】2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
【時間】11:00~18:00 ※雨天一部中止
【場所】ミッドタウン・ガーデン、芝生広場
【参加費】無料
【入場】自由
【企画制作】NHKエデュケーショナル
【主催】東京ミッドタウン

 

森の学校 by 六本木未来会議


WEBマガジン「六本木未来会議」で行われたクリエイター同士の対談で、椿昇氏(現代美術家)、長嶋りかこ氏(アートディレクター)から提案されたアイディアを実現。都心の広大な緑の中で、感受性を育み、デザインのスイッチを押す企画が満載の、「森の学校」が特別開校されます。


森の学校 / 青空教室

「森の学校」の校長先生である椿氏、長嶋氏の2人が自信をもって推薦するトップクリエイターが、青空の下で夢の特別授業を行います。芸術の秋、自分の中にある「デザインのスイッチ」をめいっぱい押すことができるワークショップが、多数開催されます。


【期間】2014年10月25日(土)、26日(日)、11月1日(土)、2日(日)
【時間】11:00~17:00
【場所】ミッドタウン・ガーデン各所
【参加費】無料(一部材料費あり)
【入場】自由(1日4講座を開講予定)
【主催】WEBマガジン「六本木未来会議」
【森の学校の先生】
  大宮エリー氏(作家)/荒井良二氏(絵本作家)
《森の学校》参加クリエイター(敬称略、順不同)
  幅 允孝/山口とも/遠山正道/井手茂太/浅葉克己/
  山縣良和/服部滋樹/尾池和夫/ホンマタカシ/
  名児耶ゆり/古川周賢/遠藤秀紀/椿昇/長嶋りかこ

長嶋りかこ、椿昇


 


森の学校の図書室

「森の学校」には、青空ライブラリーも登場します。“ごろんとした異物に出会う図書館”をテーマに、六本木未来会議に参加したクリエイターがデザインのスイッチがはいる図書が揃います。どうしてスイッチがはいるのか、各クリエイターからのコメントもあわせて読むことができます。


【期間】2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
【時間】11:00~18:00 ※雨天中止
【場所】芝生広場横ガーデンエリア
【参加費】無料
【主催】WEBマガジン「六本木未来会議」
《森の図書館》参加クリエイター(敬称略、順不同)
  水野 学/小山薫堂/柴田文江/遠山正道/猪子寿之/
  大宮エリー/片山正通/川村真司/幅 允孝/原 研哉/
  浅葉克己/クライン ダイサム アーキテクツ/宮島達男/
  永井一史ほか六本木未来会議公式ホームページ

イメージ


 

Tokyo Midtown Award 2014 受賞作品発表・展示


東京ミッドタウンドのコンセプトでもある“「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街”を目指す活動の一環として、今年で7回目を迎える「Tokyo Midtown Award」。
次世代を担うアーティスト、デザイナーの発掘と応援を目的に、2014年も〈アートコンペ〉〈デザインコンペ〉の2部門で作品を募集しました。応募作品の中から、計14作品が選出され、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014」期間中に、受賞作品の発表、展示、授賞式が実施されます。また、「Tokyo Midtown Award」のデザインコンペでこれまでに、商品化された作品を紹介する展示も予定されています。

 

Tokyo Midtown Award 2014 受賞作品発表・授賞式
【日程】2014年10月17日(金)16:30~17:30(予定)
【場所】東京ミッドタウン・ホール Hall B
 ※招待者のみのイベントです
 ※当日の様子はUstreamで配信予定

Tokyo Midtown Award 2014 受賞作品展示
【日程】2014年10月17日(金)~11月9日(日)
【場所】プラザB1
 ※イベント期間中は、一般投票で人気作品を選出する「オーディエンス賞」も実施
  Tokyo Midtown Award 2014 概要はこちら


昨年の様子


 

DESIGN TOUCH Conference(デザインタッチ・カンファレンス)


「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」に参画する豪華クリエイター陣が講師となって登場する、1日限りのデザイン・カレッジが今年も登場します。「デザインのスイッチ」をテーマに世界のデザインや建築・プロダクトなど、テーマ毎にデザインの現在(いま)について話す90分です。

アルヴァロ・カタラン・デ・オコン氏、横山いくこ氏、川上典李子氏によるクロストーク(21_21 DESIGN SIGHT「活動のデザイン展」特別講義)やMAKE HOUSE―木造住宅の新しい原型展―へ参加する建築家による特別トークなど、知や感性を持ち帰ることができる、貴重なイベントに無料で参加できます。


【期間】2014年10月26日(日)
【場所】東京ミッドタウン・カンファレンス
【料金】無料
【入場】事前登録制 ※当日入場も可
【主催】東京ミッドタウン


前回のデザインタッチ・カンファレンスの様子


 

Salone in Roppongi(サローネ イン ロッポンギ)


毎年4月、イタリア・ミラノで開催される、世界最大の国際家具見本市「ミラノサローネ」。「Salone in Roppongi」では、世界中の人々を魅了するこのデザインイベントで活躍する日本人デザイナーや日本企業に焦点を当てます。

今回は、ミラノサローネにおいて長年にわたって活躍し世界中から注目を集める、日本を代表するデザイナー吉岡徳仁氏が新作を用いたラウンジをデザインします。
また「ミラノサローネ2014」の現地映像レポートや、注目を集めた日本企業の作品なども紹介されます。


【期間】2014年10月17日(金)~10月26日(日)
【時間】11:00~21:00
【場所】アトリウム
【主催】Salone in Roppongi 実行委員会
【協力】東京ミッドタウン
「ミラノサローネ」:毎年4月に、ミラノで開催され、53年の歴史を持つ、世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」。
本会場であるローフィエラ・ミラノはもちろんのこと、フォーリサローネと呼ばれる市内全域で、デザイナーや建築家が家具にとらわれない様々なデザインやアートを発表。
ここから“デザインの潮流”が生まれる、まさにデザインの祭典。


吉岡徳仁 SPARKLE LOUNGEイメージ


 

マツダデザイン展示


「人の心を強く揺り動かす美しいものを追求したい」。マツダは、この想いからクルマを工業製品と捉えずに、アートや芸術を生み出すという発想でデザインしています。それらはすべてマツダのアーティスト達の“ドライバーとクルマの関係を、よりエモーショナルなものにしたい。”という強い想いによって創造されています。

マツダのアーティスト達の手で丹精を込めて生み出されたラインナップが一同に展示されます。「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」に2013、2014年と2年連続でトップ3選出を果たしたマツダのデザイン哲学を、体感できるまたとない機会です。


【期間】2014年10月17日(金)~10月26日(日)
【時間】11:00~21:00
【場所】キャノピー・スクエア
【展示車両】新型デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-5
【主催】マツダ株式会社


イメージ


 

MAKE HOUSE ―木造住宅の新しい原型展―


気鋭の建築家7組が、「パーツ化」というコンセプトに沿って、これからの住宅にふさわしい規格寸法の考え方から、今後の住宅ビジネスの仕組みまでを含めた提案を行い、それぞれが考えた多彩なアイディアをもとに住宅を設計します。

展覧会では、7組が設計した住宅の模型や図面などが展示されます。建築家による設計案は、「パーツ化」が可能にする新しい住宅づくりの魅力的な「レシピ」となり、来場者の想像力を刺激します。さらに、建築家の提案から少なくとも1点以上が選ばれ、実際に建設し、販売まで行うことも同時に企画されています。


【期間】2014年10月17日(金)~10月26日(日)
【時間】11:00~21:00
【場所】コートヤード
【主催】株式会社エヌ・シーエヌ
【監修】播繁、池田昌弘
【企画】岡田栄造(S&O DESIGN 株式会社)
【参加建築家】
  谷尻誠/トラフ建築設計事務所/中山英之/長坂常/
  藤村龍至/藤原徹平/吉村靖孝
【展示会場構成/デザイン】高濱史子


photo: Kenshu Shintsubo


 

映像インスタレーション by WOW / Presented by Smart Canvas



「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2010」にセイコーエプソンから出品されたEPD Wrist Wear「Smart Canvas(スマートキャンバス)」。そのコンセプトモデルの一つであった、ヴィジュアル・デザイン・スタジオWOWが制作した「工場と遊園地」が市販化された事を記念して、WOW制作によるスマートキャンパスをモチーフにした映像インスタレーションの展示が行われます。正時には来場者が楽しめるサプライズの演出も予定されています。
期間中は、スマートキャンバスの世界観を表現したオリジナル映像作品に加え、実際の商品も見て楽しめる特別な機会となります。


【期間】2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
【時間】10:00~22:00(予定)
【場所】プラザB1 メトロアベニュー
【主催】エプソン販売株式会社、セイコーエプソン株式会社
【協力】ワウ株式会社

 

INADA Stone Exhibition ―Earth & Craft Park―


自然あふれる遊歩道をステージに繰り広げる、日本の伝統工芸と日本を代表するデザイナーたちによる人気コラボレーション企画です。国内屈指の最高級ブランド石材「稲田御影石」の産地より、石の匠とデザイナーが共演する「INADA Stone Exhibition」は、8回目となる今年、10作品を展示します。デザイナーが描いたユニークな作品を、緻密に彫り、磨き上げた御影石の彫刻作品が、ミッドタウン・ガーデンの道を飾ります。

そのほか、同企画では「八郷瓦」と「笠間焼」という伝統工芸にも注目。「JAGDA Kawara Exhibition」では、奈良時代が起源とも言われる八郷瓦に、JAGDAのデザイナーが彫刻を施し、新たな命を吹き込みます。ミッドタウン・ガーデンの水路に揺らめく水の中で様々な表情を見せてくれます。

さらに、茨城県の国指定伝統的工芸品「笠間焼」をアレンジする「JAGDA Kasama Exhibition」では、笠間焼を「湯たんぽ」にして展示します。伝統工芸士によるちょっと不思議な形の湯たんぽのデザインに、グラフィックデザイナーが挑戦します。


【期間】2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
【場所】ミッドタウン・ガーデン他
【主催】(公社)日本グラフィックデザイナー協会茨城地区
  稲田石材商工業協同組合(INADA Stone Exhibition)
【協力】東京ミッドタウン
【後援】茨城県工業技術センター窯業指導所
  (JAGDA Kasama/Kawara Exhibition)
【主な参加デザイナー (INADA Stone Exhibition)】
  松永真/上條喬久/仲條正義/U.G.サトー/森本千絵/
  永井一史/平野湟太郎/藤代範雄


昨年の様子

森本千絵氏作品


 

デザインのスイッチ:「これからのライフスタイル」展


2014年のデザインタッチのテーマ「デザインのスイッチ」。東京ミッドタウン館内各店舗が考える、普段の生活がちょっと豊かになる商品が展示されます。


【期間】2014年10月17日(金)~11月4日(火)
【時間】11:00~21:00
【場所】ガレリア3F渡り廊下、ガレリアB1、サントリー美術館3F横
【主催】東京ミッドタウン


イメージ


 

富士山グラスで乾杯!


2008年度のTokyo Midtown Awardで審査員特別賞を受賞し商品化された「富士山(ふじやま)グラス」。
このグラスを使用し、東京ミッドタウンの2店舗のレストランで生ビール等が提供されます。
秋の夜長、デザイン談義とともに、小粋な一杯をお楽しみください。


【期間】2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
【時間】11:00~24:00 ※店舗によって異なる
【場所】OBIKÀ MOZZARELLA BAR、Ba-tsu(予定)
【主催】東京ミッドタウン


イメージ


 

東京ミッドタウン

 http://www.tokyo-midtown.com/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2014.09.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ