新世代クリエーターの仕事展 ~1981年生まれの必然的出会い~


 

超・自然体でグローバルに発信するにっぽんのデザイン
 

日本の生活デザインの黎明期に活躍したデザイナーは1910年代生まれが中心でした。今、終戦から70年を目前にして80年代生まれのデザイナーの活躍が目を引くようになりました。フットワークも軽快に国内外を問わずデザインの現場とものづくりの現場を行き来したり、自由な発想と柔軟な思考で様々なジャンルとの交流を厭わず、伝統にもモダンにも同じ視線で飛び込んでいける―ものごとを素直に受け容れて、自らの感性でしなやかに発信する、超自然体といった印象です。

この度「にっぽんフォルム」では、1981年生まれのクリエーター:家具、うつわ、テキスタイル―それぞれのジャンルで活躍目覚しい3人に焦点をあて、日常生活に新風を注ぐ作品の数々を紹介します。クリエーターらしい客観性と暮らしをたのしむ繊細で柔らかな眼差しから生まれるデザイン、これからを予見させる創造性に満ちたアイテムが登場します。

 

 

 

 

 

新世代クリエーターの仕事展 ~1981年生まれの必然的出会い~

会 期:2014年9月4日(木) ~ 11月4日(火)
    ※水曜日(祝日を除く)休館 
時 間:10:30 ~ 19:00
会 場:にっぽんフォルム
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
    リビングデザインセンターOZONE 5F

>>詳細はこちら
 

 


 

1981年生まれの3人のクリエーターの仕事術(セミナー)

 

家具、プロダクト、磁器、テキスタイルのジャンルで活躍する同世代のクリエーターに焦点をあて、繊細かつ柔軟なデザインの仕事を紹介しながら、その背景に迫ります。

講師に迎える三人のクリエーターは、日常生活を基本に据えながら、世代や国境、既成概念の枠を超えたしなやかな発想と作品が内外から注目を集めています。クライアントの要望やさまざまな条件をいかにして受け入れ、どのように形にしているのか。満足度の高い結果を生む発想の源泉はどこにあるのか。クリエーションのモチベーションとビジネスのバランスをどのように維持しているのか。さまざまなものづくりの現場を経験してきた彼らの仕事ぶりとその背景を探ります。

 

講師紹介

□ 小林幹也(デザイナー)

1981年東京都生まれ。
2005年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。
インテリアデザイ ン会社勤務後、MIKIYA KOBAYASHI DESIGN設立。

家具、プロダクトからインテリアデザインまで幅広く携わり、国内外の様々な企業とプロジェクトを手掛ける。

2010年 iF product design award 金賞受賞、red dot award受賞など受賞歴多数。

 

□ 上出惠悟(アーティスト/上出長右衛門窯6代目)

1981年九谷焼窯元上出長右衛門窯の六代目として石川県に生まれる。
東京藝術大学美術学 部絵画科油画専攻卒業。

自身の作品「甘蕉(ばなな)」や丸若屋との共作「髑髏(どくろ)の菓子壺」などで注目を浴びる。
表現の様式や技法の枠に囚われない幅広い活動を通して、九谷焼の新たな可能性を広げている。

コレクションに金沢21世紀美術館、能美市、Japigozzi Collection。
 

□ 河東梨香(テキスタイルデザイナー/tona)

1981年ドイツ生まれ。
2004年米ロードアイランドスクールオブデザイン大学テキスタイルデ ザイン科卒業後、住江織物株式会社入社。
2011年tonaデザイン事務所設立。

色、素材、手触り、自然から得るインスピレーションを大切に、自然のゆるやかさや透明感を感じるデザインを発表。

多様な国や文化の生活経験を根源として、テキスタイルのほか、インテリア、家具、プロダクト、グラフィックなど生活に関わる分野で広く活動している。
 

 

セミナー詳細

参加費:無料 ※交流会参加の場合は500円(税込)
会 場:5F にっぽんフォルム
日 時:2014年9/12 (金)
    18:00~19:15、19:15~交流会
定 員:50人

※事前申し込み制(先着順)です。
※セミナーに連動して交流会があります。

セミナー名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、メールアドレス、懇親会の参加・不参加を明記の上、メールまたは電話にて、下記宛てに申し込みください。

mail : nippon@mail-ozone.jp
TEL : 03-5322-6620

 

にっぽんフォルム

現代の日本人の暮らしを提案するライフスタイルショールーム。

日本人の住まいや暮らし方は、時代とともに変化してきました。その一方で、日本特有の気候風土と習慣から生まれた生活様式も引き継いでいます。「和」でも「洋」でもない現代人の暮らし。そんな現代の日本人の暮らしに馴染む家具、日本人が持ち合わせる感性に合う生活用具、そんなものたちと作り手たちを紹介し、使い手と意見交換ができる、それが「にっぽんフォルム」です。

 


リビングデザインセンターOZONE


〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
http://www.ozone.co.jp/

 

 

(文:リビングデザインセンターOZONE  /  更新日:2014.08.23)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ