MIWA Atelier/三輪良恵 展


写真:鳥村鋼一


あわいのとびら

 
「あわい」とは、時間的、空間的に「二つのもののあいだ」を意味します。日本の建築のなかで重要視される建物の<うち>と<そと>の間にある開口部は、風景を映すだけでなく、光や熱、風の通り道でもあり、扉や躙口、結界、格子といった人間の行為を担う部位でもあります。開口部は、日常生活に何気なく存在する一般的な部位でありながら、多様性に富み、建築にも人間の生活行動にも大きな作用を生みます。

本展では、新しい建具の取り組み―「ひとつぼキャビンプロジェクト」を紹介します。人間の行為や感覚に触れる新しいアイデアを試みる場として、木材を使いながら建具の可能性を探るべく、リンクデザイン、株式会社サカモトと進行中のプロジェクトです。会場では、その試みを体感できるように実物大の展示を行います。開ける・閉めるの行為により、内部を<そと>へ広げ、外部を<うち>に取り込む「あわい」の空間を提案します。また、人間の行為や感覚にふれる設計活動の一端として、住宅作品を写真パネルと模型で展示します。

展示内容
□ ひとつぼキャビンプロジェクト(実物大展示)
埼玉県産の木材:西川材を使って新しい建具を創造するプロジェクト
□ 住宅作品 House S(パネル、模型展示)
□ 住宅作品 House T(パネル、模型展示)新作

出展者
三輪良恵(建築家/MIWA Atelier)
>>http://www.miwaatelier.com/
1977年新潟県生まれ。2001年明治大学理工学部建築学科卒業。
2001-06年原広司+アトリエ・ファイ建築研究所。
2008年三輪アトリエ一級建築士事務所設立。

開催概要
会 期:2014年3月6日(木)~3月18日(火)
    ※水曜日(祝日を除く)休館
時 間:10:30~19:00
会 場:リビングデザインセンターOZONE (7F リビングデザインギャラリー)
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
主 催:MIWA Atelier/三輪良恵
協 力:リンクデザイン、株式会社久保田工務店、浅井孝則 (京都大学)
協 賛:株式会社サカモト、大河原木材株式会社
後 援:リビングデザインセンターOZONE
入場料:無料
問い合わせ先:03-5322-6500 (10:30~19:00 水曜日休館)
URL:http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1611.html

写真:鳥村鋼一

 


リビングデザインセンターOZONE


〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
http://www.ozone.co.jp/

 

(文:リビングデザインセンターOZONE  /  更新日:2014.02.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ