森美術館10周年記念展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」開催

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

ミスター・ポップ・アート、国内史上最大の回顧展
 「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」開催

 

東京・六本木ヒルズの森美術館で、2014年2月1日(土)から5月6日(火・休)の期間、「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」が開催されます。

アンディ・ウォーホル(1928-1987年)は、消費社会と大衆文化の時代を背景に、ジャンルを超えたマルチクリエーターとして活躍した20世紀後半を代表するアーティストです。
今回の展覧会は、ウォーホルの作品を初期から晩年まで包括的に紹介する、日本で過去最大の回顧展です。アンディ・ウォーホル美術館(米国、ピッツバーグ)の所蔵品から、絵画、シルクスクリーン、ドローイング、フィルム、彫刻、写真など約400点の作品が展示されます。さらに「タイム・カプセル」と称される箱に収められたウォーホルの私的な書簡、雑誌や新聞の切り抜き、写真などの中から、日本に関する資料を含む約300点が公開されます。

タイトル「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの有名な言葉に由来します。彼の生きた時代は、長い歴史から見れば短い時間だったかもしれませんが、その影響は現在、そして今後も永遠に続いていくと言えるでしょう。

 

アンディ・ウォーホル《マリリン・モンロー(マリリン)》 1967年アンディ・ウォーホル《自画像》 1986年アンディ・ウォーホル《牛の壁紙(黄色にピンク)》 1966年 (再プリント1994年)

画像左:アンディ・ウォーホル《マリリン・モンロー(マリリン)》 1967年
紙にスクリーンプリント 91.4 x 91.4 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
© 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York Marilyn Monroe™; Rights of Publicity and Persona Rights: The Estate of Marilyn Monroe, LLC marilynmonroe.com

画像中央:アンディ・ウォーホル《自画像》 1986年
麻にアクリル、シルクスクリーン・インク 203.2 x 193 cm
アンディ・ウォーホル美術館蔵
© 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

画像右:アンディ・ウォーホル《牛の壁紙(黄色にピンク)》 1966年 (再プリント1994年)
壁紙にスクリーンプリント サイズ可変
アンディ・ウォーホル美術館蔵
© 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society (ARS), New York

 


展覧会開催概要

タイトル:森美術館10周年記念展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」
会期:2014年2月1日(土)~5月6日(火・休)
会場:森美術館
   東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
開館時間:10:00~22:00(入場は閉館30分前まで、火曜は17:00まで)
     2月11日、4月29日、5月6日は22:00まで
     4月19日(土)は「六本木アートナイト2014」開催に伴い翌朝6:00まで
入館料:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円
お問合せ:TEL. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:http://www.mori.art.museum/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2014.01.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ