スタジオ・ムンバイ展「PRAXIS」

galleryma_praxis_head120630.jpg

 

インドを代表する建築家、ビジョイ・ジェイン氏率いるスタジオ・ムンバイ。自国の大学で一人の教授=師<グル>に教えを受ける伝統的な教育方法で建築を学んだジェイン氏は、アメリカに渡って欧米式の建築理論を学びアメリカとイギリスで実務経験を積んだ後、出身地のムンバイにてスタジオ・ムンバイを設立、建築活動を開始しました。以来、インドに代々伝わる伝統的な技能を用い、文化風土を取り込みながら、豊かな質感と空間性をもった作品をつくり続けています。

 

galleryma_praxis2.jpg本展覧会のタイトルである<Praxis(プラクシス:実践、自然や社会に対する人間の働きかけ。抽象的な「理論」に対応する言葉として用いられる>とは、「Idea(理念)からPractice(実行)にいたるまでのすべての道程」だと、ジェイン氏は語ります。
建築をつくりたいという意思をもつすべての人に門戸を開いたオープンなコミュニティの中で、さまざまなアイデアや実践を行きつ戻りつしながら最適なゴールを見出していく、スタジオ・ムンバイの存在と活動そのものをあらわす言葉です。

本展覧会では、スタジオ・ムンバイで建築を検証するために実際に使われている素材、模型、スケッチ、モックアップなどをムンバイから移送し、東京という環境のなかで再構築した「Studio Mumbai in Tokyo」を提示します。
スタジオ・ムンバイの空気、光、音を五感から感じ取り、ジェイン氏が実現している世界を体感していただくとともに、「Praxis」の道程をドキュメントします。

 

 

スタジオ・ムンバイ展 PRAXIS

■会期  2012年7月12日(木)~9月22日(土)
■開催時間  11:00-18:00(金曜日は19:00まで)
■休館日  日曜・月曜・祝日・夏季休暇8月12日(日)~20日(月)
 ※ただし9月22日(土・祝)は開館
■入場無料

スタジオ・ムンバイ展 PRAXISのHP
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex120712/index.htm

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2012.07.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ