nendo リュックとトートを掛け合わせたバッグ 「nendo ruck-tote」をデザイン

 

nendo
リュックとトートを掛け合わせたバッグをデザイン
 「nendo ruck-tote」

 

 

 

デザインオフィスnendoから、リックとトートを掛け合わせたバックのデザインを手掛けたニュースレターが届きましたのでご紹介します。

 

……………………………………………………………………………………………

 

リュックとトートを掛け合わせたバッグをデザインしました。

トートバッグ専門ブランドROOTOTE (ルートート)とのコラボレーションでリュックとトートを掛け合わせたバッグ「ruck-tote」をデザインしました。「ruck-tote」は6月26日発売予定です。

トートバッグは持ち手と開け口が「上」についていて、バッグを肩に掛けたまま中の様子を確認したり、出し入れがしやすい。一方、リュックサックは持ち手が「横」についていることで身体に密着し、ストラップのクッション性や長さ調節機能もあって疲れにくい。この両者の利便性を掛け合わせた、移動中はリュックのような感覚で、物の出し入れはトートのようにスムーズできるバッグをデザインしました。


 

 

少しイビツな五角形の形状によって重心が偏り、中に物を入れると持ち手が「横向き」になり、ワンショルダーのリュックのような持ち心地になります。

 

バッグを少し傾けると今度は開け口が「上向き」になるため、トートのように使えます。

 

 

ショルダーストラップの金具類は「リュックらしい」ものを採用し、布地は「トートらしい」帆布にすることで、機能面だけでなく視覚的にもハイブリッド性が感じられるデザインにしました。

 

2020年6月26日(金)より販売開始予定です。
詳細はこちら:  http://rootote.jp/news/collaboration/nendo_rucktote/

Photographer: Akihiro Yoshida

 

 

 

nendoの記事をもっとみる > > > #nendo

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

◎ nendo 本の紹介

■ 問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業からコカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで―世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」の頭の中を大公開!300超の案件を同時進行で解決しつづけるデザイナーが明かす「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方。

 

■ ネンドノオンド

nendo佐藤オオキ×世界のトップクリエーター17人の贅沢な雑談集。デザインの権化として君臨する「フィリップ・スタルク」さんや、国立競技場の設計を手掛ける建築家の「隈研吾」さん、現代のダ・ヴィンチと称賛されるイギリスの気鋭建築家「トーマス・ヘザウィック」さんなど、世界的なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキさんと、同じく世界のトップをひた走る17組のクリエーターとのあまりにも贅沢すぎる「雑談集」。

 

 

 

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2020.06.25)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ