恵比寿OVER THE BORDER コラージュアーティストpedro nekoi個展 開催

 

 

恵比寿OVER THE BORDERにて 
コラージュアーティストpedro nekoiによる個展
“MUNDOS・世界” 開催 
 


 

時代と共に新しい試みをし続けるアーティストと一緒に、これからの「アートのあり方」を提案していく東京・恵比寿のギャラリー「OVER THE BORDER」では、pedro nekoiによる展覧会“MUNDOS・世界”を、2019年2月1日(金) - 3月17日(日)まで開催。
 
pedro nekoiはこれまで、ビンテージの雑誌や広告、動物の写真などを用いたコラージュ作品を制作してきました。現実世界の切り貼りで構築される世界は、シュール(超現実)でありながらも、pedroいわく「決して不可能ではない風景や宇宙」です。

数々の“MUNDOS・世界”は、隠された意味や創造の喜びに満ちています。一見しただけでは小さくてナンセンスに見える“MUNDOS・世界”ですが、素材に使われる画はバブル期の日本や、急騰する社会の力強さや華やかさを象徴するものが多く、それらはかつて見た夢の再構築や憧れ、ひとつのユートピアのイメージを刺激します。世界という意味をもつMUNDOSという単語は、pedroの母語であるポルトガル語によるものです。まるでおもちゃ箱に夢中になるかのように、世界の構築を楽しむキュートな男の子、pedroの“MUNDOS・世界”を、ぜひご高覧下さい。

 

 

■プロデューサーメッセージ
ブラジル・レシフェ生まれと聞いて、ワールドカップ日本初戦の悪夢と、危険で不景気な街の持つ独特の暗さを思い出した。ペドロの話によれば、その後のオリンピックを経て、今のブラジルはさらに最悪な状況だそうだ。一方で、彼のコラージュ作品を見ると、そんな憂鬱さを吹き飛ばすような気分になる。60年代アメリカ、80年代日本、各々の国がなんだか浮かれていた時代の雑誌素材をモチーフに創作しているからだろう。実は作品ひとつひとつが彼の夢の世界。ブラジルの中でもダークで危険な場所で育った感覚が求めている世界は、常に笑顔に満ちている世界であった。現代の日本で暮らす僕にとっては、その世界はなんだかとても懐かしく感じた。 -オオバ アキヒト
 
 

【開催概要】
pedro nekoiによる展覧会“MUNDOS・世界”
開催期間:2019年2月1日(金) - 3月17日(日)
開催時間:12:00~20:00 月曜定休 
会場:OVER THE BORDER
        〒150-0022東京都渋谷区恵比寿南1‐3‐6 CIビル 4F → map
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅 5番出口より徒歩1分
JR 山手線 恵比寿駅 西口より徒歩3分
TEL:03-6303-1514 
http://artlab.stitch.co.jp/gallery/exhibition.html

 

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.02.05)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ