モリソン小林「植物記」 イデーショップ 六本木店にて開催

 

 

金属で作られた植物彫刻の世界
モリソン小林「植物記」 イデーショップ 六本木店にて開催

 

 

イデーは、金属板や倒木などを使って彫刻作品を製作するモリソン小林の個展を、2018年10月12日(金)~11月5日(月)まで、東京ミッドタウンのイデーショップ 六本木店にて開催します。


”イデーの入社面接で「君はビートルズとストーンズ、どっちが好き?」と訊かれて「僕はドアーズが好きです。」と答えたら、入社後渡された名刺に「モリソン小林」と書かれていた。”

元々イデーで約5年間、主にアパレルブランドの店舗デザイン設計に携わっていたモリソン小林氏。独立して10年ほど経った頃、アートワークの依頼が少しずつ入るようになり、空いた時間に作品を制作するようになります。金属植物の作品は、お付き合いがあるインテリアショップから個展のお話しを受けたところから始まりました。その後、インテリア・ファッション業界の名だたるデザイナーからもアートワークの依頼が入るようになり、現在に至ります。

 

モリソン小林氏の植物彫刻は、金属板を切り出し、丸棒を削り、額縁も全て自身で制作しています。そうして出来上がった作品は、それが金属で作られたとは思えないほど、本物と見紛うばかりの美しさです。
 

 

 

本展では、金属による植物彫刻の作品20点に、深山に入りモリソン氏自身が感じた物語をそっと添えて展示します。足下に根付く小さな生命。何事にも代え難く美しいその姿。 植物たちの小さな声に気づき、そしてその声にそっと耳を傾け、静謐でありながら力強く表現した作品が堪能できます。

 

丹沢山塊の端っこ、奥多摩にもほど近い低山の麓の林道を、雨が上がったばかりの朝、うっすらと霧がかかる中を歩いていくと、ラベンダーのような、どこか心の落ち着く芳香がほんのりと漂っていました。

それは、18世紀にスウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネが、香りがするという意味のodorataをつけてViola odorataと命名した花、匂菫。僕にとっては、登山と同じように心に安らぎを与えてくれる花のひとつです。
Viola odorata L.
special source morison kobayashi

 

【プロフィール】
モリソン小林
1995年~1999年の間イデーに在籍し独立。インテリアデザインと施工に携わりながら、金属板や倒木などによる彫刻作品を制作。
http://specialsource.jp/


作家在店日:10月12日(金)、13日(土)

Opening Reception
日時:2018年10月12日(金)18:30~20:00
場所:イデーショップ 六本木店
※レシピ開発や出張料理、フードスタイリングなどを行うshigeko氏によるSweets using plantをお愉しみいただけます。

 

 

【開催概要】
IDEE Life in Art
morison kobayashi exhibition
"Flora of Tystnad"
モリソン小林 植物記
期間:2018年10月12日(金)~11月5日(月)
場所:イデーショップ 六本木店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン Galleria 3F
URL:https://www.idee.co.jp/shop/tmd/

 

 

 

■イデー(IDÉE)
1975年にイギリスからのアンティーク文具等を扱う骨董商として創業、82年から本格的に家具の製作をスタートした東京発のインテリアブランド。「イデー(IDÉE)」とはフランス語で「理念」を意味する。伝説の照明作家セルジュ・ムーユをはじめ、駆け出し時代のマーク・ニューソンなど、有名無名を問わず国内外の気鋭のデザイナーらと協働しオリジナル家具や照明を発表。その活動は高く評価され、各国のミュージアムコレクションとなっているアイテムも数多く、世界のデザイン史にその名を刻む。それと同時に「生活の探求」を長年のテーマに掲げ、直営のイデーショップを舞台に、オリジナルの家具を起点としたインテリア雑貨、グリーン、アート、音楽、イベントなどを通じて「自分なりのこだわりを持って毎日を丁寧に過ごすこと」をさまざまな形で提案し続けている。

logo_idee.png
www.idee.co.jp

 

(文:IDÉE  /  更新日:2018.10.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ