こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション 開催


展示風景(メイン)/Installation View (Main) *

 

こいのぼりなう!
須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一による
インスタレーション

 

 

国立新美術館は、2018年4月11日(水)~5月28日(月)まで、「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」 を開催。

 

日本を代表するテキスタイルデザイナー、須藤玲子がデザインした約300匹のこいのぼりが、展示室をダイナミックに泳ぎまわります。須藤は、日本の伝統行事に着想を得たこのインスタレーションを、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールとコラボレーションし、2008年にはワシントンD.C. のジョン・F・ケネディ舞台芸術センターにおいて、2014年にはパリのギメ東洋美術館にて発表しました。

 

国立新美術館のもっとも大きい展示室(2000㎡、天井高8m)を使った今回の新しいヴァージョンには、ライゾマティクスの活動で知られる齋藤精一も加わります。また会場には、どなたでも参加できる体験コーナーも用意されています。色とりどりのこいのぼりが生み出す「なう!」な空間に、ぜひご期待ください。

 

展示風景(縦)/Installation View(Vertical) *


 

展示風景(横)/Installation View (Horizontal) *


 

展示風景(天井)/Installation View (Ceiling) *

 

体験コーナー(全体)/Hands on Experience Corner (Overall) *


 

体験コーナー(触って知る布)/Hands on Experience Corner*


 

展示風景(入口)/Installation View (Entrance) *


* Installation view: "Koinobori Now! Installation by Reiko Sudo, Adrien Gardère and Seiichi Saito" The National Art Center, Tokyo, 2018 Adrien Gardère
Photo: Ken KATO

 

| 作家プロフィール
 

須藤玲子

テキスタイルデザイナー。1953年、茨城県石岡市生まれ。東京都在住。1984年、テキスタイルメーカー株式会社「布」の設立に加わり、新たな技術を駆使した布づくりを行う。2005年に英国UCA芸術大学から名誉修士号を授与。2006年にマンダリンオリエンタル東京のテキスタイルデザインを手がけ、毎日デザイン賞を受賞。2008年より株式会社 良品計画のファブリック企画開発に携わり、2016年より同アドバイザリーボードメンバー。その他、企業などのテキスタイル開発についてもデザインアドバイスを行っている。布の豊かな表現性が評価され、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館、東京国立近代美術館工芸館などに作品が所蔵。国内外で展覧会も多数開催。東京造形大学教授、セントラル・セント・マーチンズ客員教授、株式会社「布」取締役。

 

アドリアン・ガルデール

展示デザイナー。1972年、パリ生まれ。同地在住。2000年にスタジオ・アドリアン・ガルデールを設立。照明などのプロダクトデザインから世界各国の美術館・博物館の展示デザインまでを幅広く手がける。これまでの代表的な仕事として2010年のカイロ・イスラミック美術館の改修や2012年に開館したルーブル美術館ランス別館、2016年に上海・余徳耀美術館(Yuz Museum Shanghai)で開催されたアルベルト・ジャコメッティ回顧展の展示デザインなどを担当。現在進行中のプロジェクトとして、デイヴィッド・チッパーフィールドと協働しているロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ、フォスター・アンド・パートナーズとともに設計中のナルボンヌ・中世美術博物館新館がある。

 

齋藤精一

株式会社ライゾマティクス 代表取締役、ライゾマティクスアーキテクチャー主宰。1975年、神奈川県生まれ。神奈川県在住。コロンビア大学で建築デザインを学び、NYで活動を始める。その後2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選ばれたことをきっかけに帰国。2006年にライゾマティクスを設立。以降、建築で培った思考をもとに、アート、コマーシャルの分野でインタラクティブな作品制作を続けている。2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員、2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、「六本木アートナイト2015」メディアアートディレクター。また、須藤が取締役を勤める「布」ではHPや映像制作を担当。

サウンド:Softpad

 

 


|  関連イベント


■ スペシャル・トーク1 アドリアン・ガルデール

日時:4月11日(水)14:00~15:30(13:30開場)
会場:国立新美術館 3階講堂
定員:260名(先着順・申込不要)
       ※聴講は無料です
       ※英日逐次通訳付き 

このイベントは終了しました。


■ スペシャル・トーク2 須藤玲子+齋藤精一

日時:5月13日(日)14:00~15:30
会場:国立新美術館 企画展示室2E内
定員:100名(先着順・申込不要)
※聴講は無料です 


■ こいのぼりなう!ワークショップ

須藤玲子さんを講師に迎え、卓上に置けるミニサイズのこいのぼりを制作するワークショップを開催します。こいのぼりの材料として使うのは、色も柄も手ざわりもちがう、さまざまな布地。中には、「こいのぼりなう!」展で展示されているこいのぼりと同じ布地もあります。色とりどりの布地の中から、好きな色と柄を自由に組み合わせて、世界に一つだけのミニこいのぼりを作ります。今年のこどもの日は、手作りのこいのぼりを机にかざってお祝いしませんか。親子や兄弟、お友だちと一緒にぜひご参加ください。


ミニサイズのこいのぼり 
日時:2018年4月29日(日)
        【第1回】13:00~14:15、
        【第2回】14:45~16:00
        ※2回とも同じプログラムを行います。

講師:須藤玲子(テキスタイルデザイナー)
会場:国立新美術館 3階研修室AB
対象/定員:小・中学生とその保護者/各回30名程度
         ※参加には事前申し込みが必要です。
         ※中学生以上の方は、保護者の方の付き添いなしでもご参加いただけます。
         ※大人の方のみでは参加できません。
参加費:無料
申し込み方法:国立新美術館ホームページの申し込みフォーム より、
2018年4月5日(木)15:00~4月18日(水)15:00の期間に申し込み手続きを行ってください。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※参加の可否については、4月19日以降にEメールでご連絡します。
※必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りすることがあります。
※参加者ご本人以外の方のご見学、当日参加は固くお断りします。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報はワークショップ実施のために使用し、それ以外の目的で使用することはありません。 

 

【開催概要】
こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション
 Koinobori Now! Installation by Reiko Sudo, Adrien Gardère and Seiichi Saito
会 期:2018年4月11日(水)~5月28日(月)
休館:毎週火曜日 ※ただし、5月1日(火)は開館 
開館時間:10:00-18:00
        ※毎週金曜日・土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで
        ※5月26日(土)は「六本木アートナイト2018」開催にともない、22:00まで開館。
        ※入場は閉館の30分前まで 
会場:国立新美術館 企画展示室2E
        〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主催:国立新美術館
協賛:ティアック株式会社、無印良品、荒川技研工業株式会社、サンコロナ小田株式会社
観覧料:無料
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)


アクセス
東京メトロ千代田線 乃木坂駅青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4a 出口から徒歩約5 分
都営地下鉄大江戸線六本木駅7 出口から徒歩約4 分

展覧会ホームページ
http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/koinoborinow2018/

 


国立新美術館 Kokuritsu-Shin-Bijutsukan
http://www.nact.jp

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.04.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ