セメントプロデュース「デザインと工芸の出会いの先に」 大阪で開催

 

 

触れて実感!今に受け継がれるイキな職人技に出会える
ワークショップイベント「デザインと工芸の出会いの先に」 
セメントプロデュースデザイン大阪オフィスで開催

 

まちデコールは、御堂筋を中心とした大阪市内のエリアに店舗を構えるインテリアや建材、住設関連のショップやショールームなどを会場として開催するデザインイベントです。有限会社セメントプロデュースデザイン は、まちデコールの一環イベントとして、「デザインと工芸の出会いの先に」を、大阪オフィス 2F を会場とて2017年10月7日 (土) ~ 10月9日 (月)まで開催します。


有限会社セメントプロデュースデザインでは日替わりで京都の陶芸職人たちによるワークショップを行います。絵付け体験や手びねりのろくろ体験など、小学生から大人の方まで幅広く体験していただけます。今年は予約不要の先着順となりますので、お早めにお越しください。


9 日には人気の金継ぎ実演&金継ぎ相談所も行います。「お気に入りのうつわが欠けた!」「ヒビが入っているけど、まだ使いたい!」という方は、ぜひその器を持って、金継ぎ職人にご相談ください。

 

蚤の市も開催
ワークショップ以外にも、京都の陶芸職人たちのうつわやセメントプロデュースデザインが手がけた商品のサンプル品やアウトレット品などがたくさん並ぶ蚤の市も開催。


また、各日先着30名様にセメントプロデュースデザインの商品のプレゼントもあります。爽やかな秋の日に、粋な職人技体験や掘り出し物を見つけに是非足を運ばれてはいかがでしょう。

 

 

 

| ワークショップ内容

「都会の表情を写し取る」手びねり&タタラで陶芸体験

土のタタラ板を作り、それを持って外に出かけ、アスファルトやビルの壁や街路樹の肌など、意外と外には面白い表情があるので、それを発見していただき、土を押し付けてその表情を写し取ってもらいます。その後、皿やカップなど好きな形に手びねりで成形していただきます。できあがったものは焼き上げて後日お届けします。

 


(講師:金井 悠氏)
 

【開催概要】
10月7日(土)
時間:11:00~17:00
参加費: 3,800円(送料込) 
定員:20名
所要時間:約90分

 

 

 

 

陶器の絵付け体験(講師:涌波 まどか氏)

15cm皿に呉須(紺色の濃淡)で絵付けをしていただけます。筆で絵を描くので、小学生から参加OK。できあがったお皿は焼き上げて後日ご自宅までお届けします。

【開催概要】
10月8日(日)
時間:11:00~17:00
参加費: 2,500円(送料別)
定員:20名
所要時間:約30~60分

 

 

 


金継ぎ実演&金継ぎ相談所(追立 睦氏)
金継ぎ職人が常駐いたしまして、金継ぎの実演を行います。また、欠けたうつわやヒビの入ったうつわなどを持参いただきましたら、修繕可能かどれくらいの費用がかかるかなどのご相談やお申込が可能です。

【開催概要】
10月9日(月・祝)
時間:11:00~17:00
参加費:無料
 

 

 

 


いっちんで絵付け体験
イッチン描きとはスポイトのようなものの中に、釉薬や泥しょう(粘土を水で溶いたもの)を入れて、ゆっくりと出しながら線や図柄を描く技法です。 湯のみにイッチンでお好きな柄を描いていただきましたら、後日焼き上げてお届けします。

 


(講師:高島 慎一氏)

 

【開催概要】
10月9日(月・祝)
時間:11:00~17:00
参加費:2,500円(送料別)
定員:20名
所要時間:約60分

 

 

【開催概要】
デザインと工芸の出会いの先に
開催日:2017年10月7日 (土) ~ 10月9日 (月)
時間: 11:00~17:00
会場:セメントプロデュースデザイン 大阪本社 2F
        大阪市西区京町堀 1-15-23 CEMENT3F
TEL:06-6459-0368
URL:http://www.cementdesign.com/post-event/13581/

 




■ セメントプロデュースデザイン について
大阪・東京を拠点に、幅広い分野でクリエイティブワークをこなす、グラフィックデザイン事務所としてスタートしました。主に、商業施設の広告プロモーションや企業のWEBデザイン、パッケージやプロダクトのデザイン等を手掛けています。クライアントとコミュニケーションを交わし、目的を整理するところから関わるコンサルティングやマーケティングを含んだ企画・提案を行い、本質的なデザインの提案を続けています。

もう一つの自社事業として「みんなの地域産業協業活動」に取り組んでいます。ただデザインをしてモノを作るだけではなく、地場産業との協業を軸に、未来へ続く地盤を形成し、日本の商業がより良い循環になることを目指して「考動」しています。デザイン業が途切れることのない仕組みを作り、日本で9割を占める中小企業が生きていけるミチを、これからも模索・提案し続けます。
http://www.cementdesign.com/

 

 

 

セメントプロデュースデザイン
有限会社セメントプロデュースデザイン
http://cementdesign.shop-pro.jp/

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.10.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ