亀の子束子の西尾商店 「亀の子スポンジ」 マイナーチェンジ

 

 

亀の子束子西尾商店
亀の子スポンジ マイナーチェンジ

 

株式会社亀の子束子西尾商店は2015年の発売以来、多くの愛好者がいる「亀の子スポンジ」をマイナーチェンジしました。

「台所での洗浄をシンプルに見つめる」という商品の基本コンセプトはそのままに、銀イオンを使った抗菌処理を変更することで、抗菌効果の持続性能と使い心地を改善しました。使い心地に大きく影響する商品の厚みや大きさ、色やパッケージには変更なく、商品開発は引き続きコラムニストの石黒智子氏、パッケージデザインはグラフィックデザイナーの菊地敦己氏が協力サポート。

一見すると「全く変わっていない」ように感じますが、手に取ると確かな違いを実感します。

銀イオンの塗布からスポンジ全体への練り込み旧商品はスポンジ片面へ抗菌剤を塗布したものでしたが、新商品は素材そのものに抗菌剤を練り込みました。それにより、スポンジ中心部からも抗菌が可能になり、さらに抗菌効果は旧商品の約6倍も長持ちします。(社基準・旧商品比)

旧商品は、握り心地が銀イオンを塗布する都合上、塗布面がスポンジ本体に比べてやや硬くなっており、この手触りの違いが握り心地にも少なからず影響しました。しかし今回は塗布面を無くすことで手触りが一定になり、より柔らかな握り心地を実現しました。加えて、旧商品は塗布された抗菌剤が剥がれてしまうと抗菌効果が維持できない為、塗布面を洗浄に使用できませんでしたが、塗布面を無くすことで両面の使用が可能になり、より長く使用が可能になりました。

2017年3月25日(土)より全国の亀の子スポンジ取扱店にて販売開始されます。

 

【商品概要】
亀の子スポンジ
カラー:イエロー・ホワイト・グレー
価 格:300円(税抜)

亀の子スポンジホルダー
カラー:シルバー
価 格:800円(税抜)

 

 

 

| 亀の子束子 直営店


亀の子束子 滝野川本店

亀の子束子西尾商店は、明治40年、東京本郷真砂町で誕生しました。関東大震災の影響を免れた滝野川工場へと本社を移転して以来、現在の北区・滝野川にて操業してまいりました。戦火での消失をまぬがれた社屋は西洋建築の姿を守り、昔ながらの愛好家の方はもちろん、近代建築の研究者やファンの方にも愛される観光スポットとなっています。

1Fに開設している直営店では、歴史を感じながら定番商品からグッズ・アクセサリーまで、さまざまなたわしを実際にお手にとっていただくことが可能です。



【店舗概要】
場所:東京都北区滝野川6-14-8  → map
平日 9:00~12:00、13:00~17:00
定休日:土日祝日

 

 

 

亀の子束子 谷中店

2014年東京都台東区に「亀の子束子 谷中店」はオープンしました。古くからの寺町、職人町としての風情を残し、今ではカフェや雑貨店が軒を連ねる人気の街「谷中」。その谷中から、日本の三大発明と評される「束子(たわし)」を若い世代や外国からの旅行者に発信しています。

明治40年の誕生以来、変わらぬ製法と品質を守り続ける元祖亀の子束子をはじめとしたさまざまなたわしはもちろん、たわしキーホルダーなどのアクセサリーやTシャツ、トートバッグ、パーカーなどの亀の子束子ロゴ入りオリジナルグッズも取り扱っております。白を基調とした店内では所狭しと並んだいろいろなたわしが並んでおり、通常の店頭ではなかなか見ることのできない珍しいラインナップや、素材やサイズの異なるたわしをまとめてご覧になれます。
 

 

【店舗概要】
場所:東京都台東区谷中2-5-14 C店舗  → map
時間:11:00~18:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)
電話番号:03-5842-1907

 

 

 

http://www.kamenoko-tawashi.co.jp/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.03.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ