『ワイヤーでつくる かご&バスケット』本 発売

 

 

針金・金網・ネットがあればすぐできる、
『ワイヤーでつくる かご&バスケット』本 発売


 
株式会社誠文堂新光社から『ワイヤーでつくる かご&バスケット』の本が発売されました。 


雑貨屋さんやネットショップでよく見かけるワイヤーバスケットやかごは、収納やおしゃれなインテリアづくりに欠かせないアイテムです。実は、ペンチなどの身近な道具を使って、自分でも簡単に作れるのです。本書では、ワイヤーを使ったバスケット&かご作りをご紹介します。

 

材料のワイヤーは、柔らかくて扱いやすいアルミワイヤーをはじめ、市販の金網やネットを利用したり、布や毛糸を巻いた著者オリジナルのアレンジワイヤーを使ったりと、バリエーション豊富です。材料ごとに変わるカットや曲げ方、編み方などのさまざまな手法は、実物大の型紙や丁寧なプロセス写真付きで、しっかりと解説しているので、ワイヤー細工が初めての方でも安心して挑戦できます。

 

 

紹介する作品は、インテリア・エクステリア・ガーデニング・ファッション小物にいたるまで、あらゆるシーンや場所で使えるアイテムを多数紹介しています。さらに、完成品をよりおしゃれに変身させるアレンジテクニックや、暮らしの中での使い方の提案も紹介しました。この一冊で作るところから使うところまで楽しめる内容となっています。

 

 


【目次】
INTRODUCTION
アルミワイヤーでつくるかご&バスケット
金網で作るかご&バスケット
布ワイヤー&糸ワイヤーで作るかご&バスケット
アレンジ&加工テクニック
HOW TO MAKE
素材・工具協力リスト

 

 

【著者プロフィール】
蔭山はるみ(かげやま・はるみ)
ハンドメイド・クリエーター
大阪府出身。編集プロダクションにて様々な本づくりに携わった後、フリーに。溶接以外のすべての手法をこなす一方、独自の手法も開発しおしゃれ小物からインテリア雑貨にいたるまであらゆるジャンルの作品を制作。特に、毛糸、布、流木や小枝、ワイヤーなどの身近な素材を使った“作りやすくて使いやすい”発想豊かなものづくりに定評がある。雑誌や著書、テレビやラジオでそのアイデアや作品を提案するほか、ワークショップやカルチャースクールの講師、「+h」のオリジナルブランドでのネット販売など、幅広く活動中。各自が好きな素材を持ち込み、毎回作りたいものを作るというフリースタイルの“+hアトリエ教室”も主宰。随時参加者募集中。
著書に「ダンボール織り機でおしゃれこもの」「はぎれ使いきりハンドメイドBOOK」「まいにち布ぞうり」(以上日本ヴォーグ社刊)「散歩で 暮らしで エコな手づくり雑貨」(NHK出版)「かんたん かわいい たのしい!ダンボール織り機でつくる毛糸こもの」(アスペクト)「はじめて編む布ぞうり」(主婦と生活社)など多数。
ホームページ http://www.kageyamaharumi.com/
 

 

 

【書籍概要】
書 名:『ワイヤーでつくる かご&バスケット』
著 者:蔭山はるみ
仕 様:B5変形判、 128ページ
定 価:1,400円+税

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-6  /  更新日:2016.05.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ