WDHが提案する縁起モノの動物をモチーフにした「もりしお器」

 

古来より伝わる風習の「もりしお」に縁起がよいとされる
5つの動物を掛け合わせた「もりしお器」

 

日本各地の伝統技術のなかから最高峰のモノづくりを生み出し提案するWDHより、縁起がよいとされる動物(鶴、亀、梟、兎、鯉、猫)で型取られた「動物縁起もりしお」が登場しました。

「もりしお」は、商売繁盛や千客万来などの縁起担ぎや幸運を招くための浄化、厄除けなどとして、古くから玄関の両脇や家の中に置かれてきたが最近ではあまり見られない風習となっています。今回、古来より伝わる風習を可愛らしい動物をモチーフした現代のライフスタイルに取り入れやすいデザインへ仕上げました。

 

器は日本屈指の陶磁器産地である岐阜県瑞浪市で製造、職人の手で一つ一つ丁寧に磨きあげられています。透明感のある白磁器に、金・銀のワンポイントを施し陰影によって動物が浮き上がって見える精巧な仕上がり。使い方は、玄関の入り口や、寝室、仕事用のデスクなど清めたい場所に置くだけ。アロマやお香を炊くように、リフレッシュツールの一つとして「もりしお」のある生活を気軽に取り入れてみてはいかがでしょう。新年を迎える準備にもおすすめです

 
 
 
 

鶴…「鶴は千年」や夫婦仲が良く一生を連れ添うと言われ、長寿や仲良きことの象徴となっています。

 

亀…「亀は万年」や甲羅の模様が六角形であることから吉兆図形な長寿や金運の象徴となっています。

 


梟(フクロウ)…実際に漢字では「梟」と書きますが、福籠(福が籠る)、不苦労(苦労知らず)とも呼ばれ、また首が回ることから周囲がよく見えるなど学問向上や商売繁盛の象徴となっています。

 

兎…前に向かって飛び跳ね、イメージでもある「月」と「ツキ」をかけて幸運の象徴となっています。

 

鯉…滝を登った鯉が龍へと変化したと言われ、鯉のぼり同様、立身出世や成功の象徴となっています。

 

猫…古くから人々に愛され、特別な力を持っていると言われている猫。「 招き猫」に代表されるように、福を招く象徴となっています。

 

 

 

WDHとは

人がモノを購入する際に必要とするサイズの略語。
日本の伝統的な技術の中でも最高峰のモノづくりから生み出された、上質なライフスタイルを提案する”WDH”。
W(Wi de)・D(Dept h)・H(Hi gh) 常に幅広い製品を生み出し、人々のライフスタイルの奥行きを深め、ハイセンスであること。そんな想いが込められたブランドです。良質な素材からの経年変化を楽しみ、そして味わいながら10年後、20年後も愛着を持ってお使い頂けるオリジナルデザインを目指し、普段使いはもちろんのこと、性別や年齢に関係なく差し上げられる大切な人へのワンランク上のギフトとしても提案致します。
http://wdh-store.com/

 

 

 

 

(文:PR-C_PR制作部-4  /  更新日:2015.12.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ